尾形乾山鳴滝窯跡

仁和寺ほど近く、宇多野にある宝蔵寺門前に尾形乾山の鳴滝窯跡の石碑が建っています。




[PR]



2007年07月15日(Sun)
尾形乾山鳴滝窯跡
尾形乾山 陶窯跡仁和寺ほど近く、宇多野にある宝蔵寺門前に野々村仁清の弟子、尾形乾山の邸宅跡と鳴滝窯跡の石碑が建っています。

鳴滝窯の鳴滝の由来は地域を流れる御室川の渓流がこのあたりで滝のようになり、水音が遠くまで鳴り響いたので地名となり、乾山の名はこの地が都から見て『乾(北西)の方角』にあることからそう号したと言われています。 尾形乾山 鳴滝窯跡淋派を大成した尾形光琳の弟、乾山、本名は尾形深省、寛文三年(1663)に京都の呉服商雁金屋の三男として生を授けられました。

 京焼の祖といわれる野々村仁清に陶芸を学び、元禄12年(1699)、37歳の時にこの地に居を構え窯を開きます。50歳で、京市内の二条丁子屋町に移住、晩年は江戸に向い、寛永寺領入谷に窯を築いて81歳でその生涯を閉じました。

乾山は仁清と異なり、茶道具より食器中心、タタラに銹絵(さびえ)や白泥で描き、上絵で赤と緑などを散らしたスタイルは乾山ものとして現代陶工も度々試みています。また 乾山が成型し、光琳が絵付をする兄弟合作の作品が多数残されています。 尾形乾山 鳴滝窯跡
尾形乾山(1663〜1743)は,呉服商雁金屋の三男で光琳の弟。乾山の号は,京都の乾の方向にあたるこの地に住して窯を築いたことによる。野々村仁清の色絵陶技を学び絵付模様に特色を出して高雅な作品を残した。晩年は江戸に下り入谷に住した。この石標は乾山の邸宅と鳴滝窯の跡を示すものである。
フィールド・ミュージアム京都から引用


京焼・清水焼専門店〜京の器や・夕庵〜



なにとぞ下のボタンを押して下され。続ける糧となります。
↓↓↓↓↓↓





writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存

Facebookはじめました。良かったらいいねボタン。押して下さい。

創業安政2年(1855年)
これからも時を重ねて育まれた京焼・清水焼ならではの雅な意匠と、職人の手技を次の世代に伝えて行きたいと思います。

松韻堂
京都市東山区清水3−319
TEL
075-561-8520


営業時間 9:00〜17:00

定休日 無休

松韻堂の商品買うなら、
松韻堂本店サイトへ。
こちらもよろしくおねがいします。

松韻堂 Yahoo!店

松韻堂 楽天市場店

●松韻堂の地図


新着トラックバック/コメント

清水焼のメルマガ

メルマガ登録はこちらから

登録だけでプレゼント

毎月自動エントリー♪♪


※関連サイト※

京焼清水焼用語集

松韻堂お客様の声

松韻堂店長日記

三年坂窯 作陶日誌

新着・再入荷情報

京都人による東山案内

カレンダ
2007年7月
15
       

アーカイブ
2005年 (162)
10月 (18)
11月 (64)
12月 (80)
2006年 (959)
1月 (77)
2月 (56)
3月 (61)
4月 (68)
5月 (94)
6月 (40)
7月 (90)
8月 (74)
9月 (91)
10月 (114)
11月 (97)
12月 (97)
2007年 (1115)
1月 (90)
2月 (46)
3月 (77)
4月 (68)
5月 (62)
6月 (96)
7月 (86)
8月 (126)
9月 (95)
10月 (102)
11月 (162)
12月 (105)
2008年 (389)
1月 (212)
2月 (155)
3月 (2)
4月 (3)
6月 (2)
7月 (1)
8月 (5)
9月 (7)
10月 (2)
2009年 (5)
5月 (3)
9月 (2)
2010年 (1)
5月 (1)
2012年 (78)
8月 (20)
9月 (35)
10月 (23)

アクセスカウンタ
今日:1,329
昨日:1,074
累計:8,695,646