西野山古墓 本当の将軍塚再び

坂上田村麻呂が眠る西野山古墓が滑石街道にあります。




[PR]



2007年06月11日(Mon)
西野山古墓 本当の将軍塚再び
西野山古墳 本当の将軍塚再び先日の京都新聞に清水寺を創建した征夷大将軍 坂上田村麻呂の墓が山科の西野山古墓である可能性が高いと記事が載っていました。

以前、このサイトでも本当の将軍塚坂上田村麻呂の墓は勧修寺小学校横の坂ノ上田村麻呂公園にあるとお伝えしましたが、事実は異なるようです。 西野山古墓 本当の将軍塚再びその西野山古墓は今熊野から山科へ抜ける滑石街道沿いにあり、太閤垣CCを少し下がった突き当たりにそれを示す石碑があります。 西野山古墓 本当の将軍塚再び方角的には清水寺から南東約2キロの山科盆地西部、石碑は残念ながらフェンスと竹やぶに覆われています。 西野山古墳古墓の近くを通る滑石街道は、当時、東国から都に入る主要ルートということから、ここに墓を決めた理由は都の玄関口でにらみをきかす意味もあったのではないかと京都新聞には書かれていました。

このあと、京都大総合博物館で開かれている「京大の至宝」展を見に行ったのは云うまでもありませんがその話はまた。

下記は2007年6月5日 読売新聞より引用
平安時代初期に奥州の蝦夷(えみし)を平定した征夷大将軍坂上田村麻呂(758〜811)の墓が、被葬者不明だった西野山古墓(京都市山科区)である可能性の高いことが、京都大大学院文学研究科の吉川真司准教授の研究でわかった。西野山古墓からは金の装飾が施された大刀など豪華な副葬品が出土しており、これらは6日から京大総合博物館(同市左京区)で開かれる「京大の至宝」展で初公開される。  吉川准教授は田村麻呂が創建したとされる清水寺(同市東山区)に残る文献「清水寺縁起」を調査。田村麻呂の墓地として記述されている地点を「条里図」(当時の地図)と照合したところ、8世紀後半から9世紀前半の築造とみられる西野山古墓の場所と一致することが確認されたという。  吉川准教授は「副葬品からも当時の一級の武人にふさわしい墓。墓の近くに、平安京から奥州に向かうルートがあり、都を守る願いが込められていたのだろう」としている。  上田正昭・京都大名誉教授(日本古代史)は「副葬品から可能性は高く、注目すべき説」としている。
 
京焼・清水焼専門店〜京の器や・夕庵〜



なにとぞ下のボタンを押して下され。続ける糧となります。
↓↓↓↓↓↓







   


Facebookはじめました。良かったらいいねボタン。押して下さい。

創業安政2年(1855年)
これからも時を重ねて育まれた京焼・清水焼ならではの雅な意匠と、職人の手技を次の世代に伝えて行きたいと思います。

松韻堂
京都市東山区清水3−319
TEL
075-561-8520


営業時間 9:00〜17:00

定休日 無休

松韻堂の商品買うなら、
松韻堂本店サイトへ。
こちらもよろしくおねがいします。

松韻堂 Yahoo!店

松韻堂 楽天市場店

●松韻堂の地図


新着トラックバック/コメント

清水焼のメルマガ

メルマガ登録はこちらから

登録だけでプレゼント

毎月自動エントリー♪♪


※関連サイト※

京焼清水焼用語集

松韻堂お客様の声

松韻堂店長日記

三年坂窯 作陶日誌

新着・再入荷情報

京都人による東山案内

カレンダ
2007年6月
         
11

アーカイブ
2005年 (162)
10月 (18)
11月 (64)
12月 (80)
2006年 (959)
1月 (77)
2月 (56)
3月 (61)
4月 (68)
5月 (94)
6月 (40)
7月 (90)
8月 (74)
9月 (91)
10月 (114)
11月 (97)
12月 (97)
2007年 (1115)
1月 (90)
2月 (46)
3月 (77)
4月 (68)
5月 (62)
6月 (96)
7月 (86)
8月 (126)
9月 (95)
10月 (102)
11月 (162)
12月 (105)
2008年 (389)
1月 (212)
2月 (155)
3月 (2)
4月 (3)
6月 (2)
7月 (1)
8月 (5)
9月 (7)
10月 (2)
2009年 (5)
5月 (3)
9月 (2)
2010年 (1)
5月 (1)
2012年 (78)
8月 (20)
9月 (35)
10月 (23)

アクセスカウンタ
今日:395
昨日:1,149
累計:8,473,292