母校遙かなり

今週末、妻が仕事でお世話になるらしいので、道案内を兼ねて10数年ぶりに北区の神山にある我が学舎へ行ってみました。




[PR]



2007年11月07日(Wed)
母校遙かなり
母校遙かなり今週末、妻が仕事でお世話になるらしいので、道案内を兼ねて10数年ぶりに北区の神山にある我が学舎へ行ってみました。 母校遙かなり母校は北大路バスターミナルから北3で加茂街道を北上すること20分。

交通の便の悪いこともあり、卒業してから10年以上経ても不思議と一度も行く機会がありませんでした。 母校遙かなり校門前の駐輪場。
向こう側も昔は駐輪場だったけれど、いまは体育館に変わっていました。 母校遙かなり講義ノート販売。
まだ昔と変わらずやっているみたいです。私もお世話になったので偉そうなことは云えず。 母校遙かなりバスプールからはなんとリッチにもエスカレーターができていました。
キャンパスは山の斜面に点在するので通学するものにとっては足腰が否が応でも鍛えられてかえって良かった感もありますが・・・
一昔前はこのあたり雪が良く積もるのですべって転んだ記憶があります。 母校遙かなりキャンパスからの景色。曇ってはいますが、京都ゴルフ場など昔と今もかわらんなあという印象です。
私の記憶が確かならこの下にレストラン ふるさとがあり、金持ちな学生はそこを利用していたはず。 母校遙かなり近年はRのつく大学を筆頭に市中どの大学もキャンパスを増設して綺麗になっていますが、母校も多分にもれず、校舎が11、12、13号館まで増えてました。 母校遙かなりとりあえず、我が学部のあった3号館を目指します。このあたりクラブサークルの看板などが立ち並び賑やかなはずなのですが、学祭のあとだったせいかすべて取り外してありました。 母校遙かなりこちらが三号館のある場所ですが、来てみてびっくり。入り口にまるで凱旋門のようなこんな大きな建物が建っていて昔の面影はありません。どうも理学部と外国語学部はひっついてしまったようです。 母校遙かなりカンキョー変化は世の常。少し残念な気もするが、大学も私も10年も経てば違って当たり前とおもい、歩みを進めます。 母校遙かなり しばらくするとピロティーと池、見慣れた景色が見えてきました。 母校遙かなりこのあたり、全然変わってないぞ。懐かしい。喜んでください。外国語学部OB・OG。 母校遙かなり しかしやがて細部に目をやると慣れ親しんだパオや丸善はもうなく、パソコンルームに変わってしまっているのに気づきます。 母校遙かなり 三食。第三食堂へも入ってみた。今でもそう呼ぶのだろうか?昔と作りも匂いも一緒。残念ながらあんなに好きで食べたポンカラはメニューから消えていました。 母校遙かなりいよいよ三号館、外国語学部校舎内へ 母校遙かなり 今も昔と変わらず休校や補講の案内はこの掲示板を使っているよう。 母校遙かなりうわー。中へ入ってみると、まったく昔のまんま。
母校遙かなり教室前の連絡事項やパンフレットなど置く位置も10年前と変わらないようです。
一つ残念なのは私のゼミの恩師が今年の春、退官してしまったので思い出の研究室がなくなっていることでした。 母校遙かなりこちらが妻の仕事場になる5号館。 母校遙かなり途中、デジカメを撮る私を奇異に思う学生によく指を指されました。(諸君らもいずれ同じ時が来るはずとこの場を借りて申しておこう) 母校遙かなり大教室棟前の5号館、すっかり近代化されていました。
母校遙かなりせっかく10数年ぶりに母校へきたのだからと他の思い出の地も見て回ります。
ここは一食。第一食堂です。ファミリーマートや百均が出来て、10年前の面影はまったくありません。 母校遙かなりおしゃれなイタリアンやカリーハウス。 母校遙かなりうどんや丼の小さな店の集合体に変わっていました。当時大学に3つある食堂の中でも一食は一番小綺麗だったのに建て直したのだろうか。
そして向こうに見える古いフェアレディZ、似つかわしくないがあれはいったいなんだったのだろう。 母校遙かなり菖蒲池や図書館界隈。ここは昔と変わらず。 母校遙かなり 昔以上にキャンパスには自然がいっぱい。 母校遙かなり 野良猫も沢山見かけました。学生達に可愛がってもらっているよう。 母校遙かなり春は新緑、夏は涼しく茂る木陰、秋は紅葉、冬は裸木から暖かい日ざしが射し込む。 その日は紅葉が市中より綺麗でした。 母校遙かなり13年ぶりに駆け足で回った母校、 不易流行、ここにも変わる物と変わらない物がありました。

一つ心残りなのは2食(第2食堂)を見に行く時間がなかったこと。それは次回の楽しみにということで帰路につきました。

母校の後輩諸君へ
人生に回り道はあっても無駄な道はひとつとありません。
青春を大いに謳歌して下され。


なにとぞ下のボタンを押して下さい。続ける糧となります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 美術ブログへ
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク この記事をクリップ!

サイト内検索はこちらから Google Custom Search

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存

Facebookはじめました。良かったらいいねボタン。押して下さい。

創業安政2年(1855年)
これからも時を重ねて育まれた京焼・清水焼ならではの雅な意匠と、職人の手技を次の世代に伝えて行きたいと思います。

松韻堂
京都市東山区清水3−319
TEL
075-561-8520


営業時間 9:00〜17:00

定休日 無休

松韻堂の商品買うなら、
松韻堂本店サイトへ。
こちらもよろしくおねがいします。

松韻堂 Yahoo!店

松韻堂 楽天市場店

●松韻堂の地図


新着トラックバック/コメント

清水焼のメルマガ

メルマガ登録はこちらから

登録だけでプレゼント

毎月自動エントリー♪♪


※関連サイト※

京焼清水焼用語集

松韻堂お客様の声

松韻堂店長日記

三年坂窯 作陶日誌

新着・再入荷情報

京都人による東山案内

カレンダ
2007年11月
       
7
 

アーカイブ
2005年 (162)
10月 (18)
11月 (64)
12月 (80)
2006年 (959)
1月 (77)
2月 (56)
3月 (61)
4月 (68)
5月 (94)
6月 (40)
7月 (90)
8月 (74)
9月 (91)
10月 (114)
11月 (97)
12月 (97)
2007年 (1115)
1月 (90)
2月 (46)
3月 (77)
4月 (68)
5月 (62)
6月 (96)
7月 (86)
8月 (126)
9月 (95)
10月 (102)
11月 (162)
12月 (105)
2008年 (389)
1月 (212)
2月 (155)
3月 (2)
4月 (3)
6月 (2)
7月 (1)
8月 (5)
9月 (7)
10月 (2)
2009年 (5)
5月 (3)
9月 (2)
2010年 (1)
5月 (1)
2012年 (78)
8月 (20)
9月 (35)
10月 (23)

アクセスカウンタ
今日:840
昨日:837
累計:8,530,097