茶筅120本立の穂先を数えたら90本しかありませんでした。どうしてですか?






[PR]



2007年10月27日(Sat)
茶筅120本立の穂先を数えたら90本しかありませんでした。どうしてですか?
Q:茶筅120本立の穂先を数えたら90本しかありませんでした。どうしてですか?

A:120本立というのは、常穂、数穂、80本立、100本立など茶筅の種類がある中で、一番、割り数の多い物を指す柄名(属名)のことで、穂先の数を120本に数えて作った物ではございません。

120本立で、通常、 内側、外側それぞれ、90から100本ずつに竹を調整して作られています。

茶筅は自然の物を相手に手仕事でやっておりますので、竹の幹の太さや芯の詰まり具合で一本ずつ本数が違うのは仕方がないことでございます。


   


Facebookはじめました。良かったらいいねボタン。押して下さい。

創業安政2年(1855年)
これからも時を重ねて育まれた京焼・清水焼ならではの雅な意匠と、職人の手技を次の世代に伝えて行きたいと思います。

松韻堂
京都市東山区清水3−319
TEL
075-561-8520


営業時間 9:00〜17:00

定休日 無休

松韻堂の商品買うなら、
松韻堂本店サイトへ。
こちらもよろしくおねがいします。

松韻堂 Yahoo!店

松韻堂 楽天市場店

●松韻堂の地図


新着トラックバック/コメント

清水焼のメルマガ

メルマガ登録はこちらから

登録だけでプレゼント

毎月自動エントリー♪♪


※関連サイト※

京焼清水焼用語集

松韻堂お客様の声

松韻堂店長日記

三年坂窯 作陶日誌

新着・再入荷情報

京都人による東山案内

カレンダ
2007年10月
 
27
     

アーカイブ
2005年 (162)
10月 (18)
11月 (64)
12月 (80)
2006年 (959)
1月 (77)
2月 (56)
3月 (61)
4月 (68)
5月 (94)
6月 (40)
7月 (90)
8月 (74)
9月 (91)
10月 (114)
11月 (97)
12月 (97)
2007年 (1115)
1月 (90)
2月 (46)
3月 (77)
4月 (68)
5月 (62)
6月 (96)
7月 (86)
8月 (126)
9月 (95)
10月 (102)
11月 (162)
12月 (105)
2008年 (389)
1月 (212)
2月 (155)
3月 (2)
4月 (3)
6月 (2)
7月 (1)
8月 (5)
9月 (7)
10月 (2)
2009年 (5)
5月 (3)
9月 (2)
2010年 (1)
5月 (1)
2012年 (78)
8月 (20)
9月 (35)
10月 (23)

アクセスカウンタ
今日:15
昨日:1,113
累計:8,469,114