清水焼はどこでどのように作られるのか?

清水焼はどこでどのように作られるのか?




[PR]



2007年03月19日(Mon)
清水焼はどこでどのように作られるのか?
Q:清水焼はどこでどのように作られるのか?

A:江戸時代の頃は三年坂や清水寺、五条坂界隈で窯があり、登り窯で焼かれていましたが、昭和に入り、登り窯のばい煙が問題となり、次第に、窯元も郊外へ広がって行くようになりました。

現在は東山区の今熊野や泉涌寺、山科の清水焼団地、宇治の炭山などに工房が集まって組合も出来ています。
日本の陶磁器は機械化により一貫設備による量産方式が中心ですが、清水焼はいまだに手づくりによる成形、絵付けによる多品種少量生産が特徴です。


なにとぞ下のボタンを押して下され。続ける糧となります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 美術ブログへ
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク この記事をクリップ!

サイト内検索はこちらから Google Custom Search
ご意見・ご感想はこちらへありがとうございます。




   


Facebookはじめました。良かったらいいねボタン。押して下さい。

創業安政2年(1855年)
これからも時を重ねて育まれた京焼・清水焼ならではの雅な意匠と、職人の手技を次の世代に伝えて行きたいと思います。

松韻堂
京都市東山区清水3−319
TEL
075-561-8520


営業時間 9:00〜17:00

定休日 無休

松韻堂の商品買うなら、
松韻堂本店サイトへ。
こちらもよろしくおねがいします。

松韻堂 Yahoo!店

松韻堂 楽天市場店

●松韻堂の地図


新着トラックバック/コメント

清水焼のメルマガ

メルマガ登録はこちらから

登録だけでプレゼント

毎月自動エントリー♪♪


※関連サイト※

京焼清水焼用語集

松韻堂お客様の声

松韻堂店長日記

三年坂窯 作陶日誌

新着・再入荷情報

京都人による東山案内

カレンダ
2007年3月
       
19

アーカイブ
2005年 (162)
10月 (18)
11月 (64)
12月 (80)
2006年 (959)
1月 (77)
2月 (56)
3月 (61)
4月 (68)
5月 (94)
6月 (40)
7月 (90)
8月 (74)
9月 (91)
10月 (114)
11月 (97)
12月 (97)
2007年 (1115)
1月 (90)
2月 (46)
3月 (77)
4月 (68)
5月 (62)
6月 (96)
7月 (86)
8月 (126)
9月 (95)
10月 (102)
11月 (162)
12月 (105)
2008年 (389)
1月 (212)
2月 (155)
3月 (2)
4月 (3)
6月 (2)
7月 (1)
8月 (5)
9月 (7)
10月 (2)
2009年 (5)
5月 (3)
9月 (2)
2010年 (1)
5月 (1)
2012年 (78)
8月 (20)
9月 (35)
10月 (23)

アクセスカウンタ
今日:276
昨日:1,394
累計:8,603,729