一袋のひも

日本陶料の土灰釉です。




[PR]



2007年07月12日(Thu)
一袋のひも
日本陶料の土灰釉たまに陶芸の話。

京都の窯元の例に漏れず、私も釉薬の原料は基本的に京都イワサキで買って調合しています。
ただ、一番消費量の多い基本となる透明釉、土灰釉だけは別です。

滑り石街道を抜けて、清水焼団地の中にある日本陶料。 ここには石もんにかける1号釉、土もんの3号釉など基本釉が揃っています。中でも、この土灰釉が大変安定しており、いったん使うと自分で調合する気になれません。 日本陶料の土灰釉一袋で買って乾粉を水に溶いて使うのですが、以前はポットミルに掛けていました。今は80番の網安のアミを通すだけです。その方がざっくりとした土に合うのに気づくの5年の歳月を要しました。 日本陶料の土灰釉袋のひも、最初に使うときは端にある紐を美味くほどくとスルスルときれいに開がるのですが、使い始めて7年たった今も、どうしてほどくのか解らず、びりびり破っています。

誰かほどく方法をご存じの方、ご教授下さい。

京焼・清水焼専門店〜京の器や・夕庵〜



なにとぞ下のボタンを押して下され。続ける糧となります。
↓↓↓↓↓↓





writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存

Facebookはじめました。良かったらいいねボタン。押して下さい。

創業安政2年(1855年)
これからも時を重ねて育まれた京焼・清水焼ならではの雅な意匠と、職人の手技を次の世代に伝えて行きたいと思います。

松韻堂
京都市東山区清水3−319
TEL
075-561-8520


営業時間 9:00〜17:00

定休日 無休

松韻堂の商品買うなら、
松韻堂本店サイトへ。
こちらもよろしくおねがいします。

松韻堂 Yahoo!店

松韻堂 楽天市場店

●松韻堂の地図


新着トラックバック/コメント

清水焼のメルマガ

メルマガ登録はこちらから

登録だけでプレゼント

毎月自動エントリー♪♪


※関連サイト※

京焼清水焼用語集

松韻堂お客様の声

松韻堂店長日記

三年坂窯 作陶日誌

新着・再入荷情報

京都人による東山案内

カレンダ
2007年7月
12
       

アーカイブ
2005年 (162)
10月 (18)
11月 (64)
12月 (80)
2006年 (959)
1月 (77)
2月 (56)
3月 (61)
4月 (68)
5月 (94)
6月 (40)
7月 (90)
8月 (74)
9月 (91)
10月 (114)
11月 (97)
12月 (97)
2007年 (1115)
1月 (90)
2月 (46)
3月 (77)
4月 (68)
5月 (62)
6月 (96)
7月 (86)
8月 (126)
9月 (95)
10月 (102)
11月 (162)
12月 (105)
2008年 (389)
1月 (212)
2月 (155)
3月 (2)
4月 (3)
6月 (2)
7月 (1)
8月 (5)
9月 (7)
10月 (2)
2009年 (5)
5月 (3)
9月 (2)
2010年 (1)
5月 (1)
2012年 (78)
8月 (20)
9月 (35)
10月 (23)

アクセスカウンタ
今日:108
昨日:2,564
累計:8,611,778