窯の電源の切り忘れ

先日、うっかり窯の主電源を切り忘れちゃいました。




[PR]



2006年03月12日(Sun)
窯の電源の切り忘れ
電気窯の温度計とパイロメータ
おととい、窯の温度を通常1250度で切るところがうっかり1300度近く達するまで放って置く失敗をやらかしました。いつもだいたい1200度を超え始めたら窯の前で目標の温度に到達するまでかじりついているのですが、そのときに限って来客があったり、電話が鳴ったり他の作業に忙殺されていて、窯のことは頭から消えていました。
15キロの電気窯
もっとも切り忘れは初めてのことではありません。4年前にも1300度以上上げてしまい、伝熱線が溶けてしまいました。結果、窯の耐火煉瓦や電熱線を張り替えるので合計70万円以上かかってひんしゅくをかいました。

今回、気づいたときには頭が真っ青になって家に帰っても眠れず、翌朝、窯の蓋を開けるのが恐かったです。
鈞窯の筒花生
しかしながら、朝、工房について、窯を開けておそるおそる覗いてみると、釉薬が垂れ流れたり、熱線に付いたりと恐ろしい状態になっておらず、面白い釉調で焼き上がってました。取り越し苦労だったようです。

振り返ってみて今回ラッキーだったのは窯が筒花生けなどを多く軽めに詰めていたので、デジタルが示す表示温度程はカロリーが上がっておらず、助かりました。
上の写真が今回 1300度で焼いた作品の1つです。

ただ、今回、窯を切り忘れたことは恐ろしくて家のダレにも話していません ^-^;アハハ...

ほんまもんの清水焼を売る店









ブログランキング参加中。ワンクリックお願いいたします。
↓↓↓↓↓↓






   


Facebookはじめました。良かったらいいねボタン。押して下さい。

創業安政2年(1855年)
これからも時を重ねて育まれた京焼・清水焼ならではの雅な意匠と、職人の手技を次の世代に伝えて行きたいと思います。

松韻堂
京都市東山区清水3−319
TEL
075-561-8520


営業時間 9:00〜17:00

定休日 無休

松韻堂の商品買うなら、
松韻堂本店サイトへ。
こちらもよろしくおねがいします。

松韻堂 Yahoo!店

松韻堂 楽天市場店

●松韻堂の地図


新着トラックバック/コメント

清水焼のメルマガ

メルマガ登録はこちらから

登録だけでプレゼント

毎月自動エントリー♪♪


※関連サイト※

京焼清水焼用語集

松韻堂お客様の声

松韻堂店長日記

三年坂窯 作陶日誌

新着・再入荷情報

京都人による東山案内

カレンダ
2006年3月
     
12
 

アーカイブ
2005年 (162)
10月 (18)
11月 (64)
12月 (80)
2006年 (959)
1月 (77)
2月 (56)
3月 (61)
4月 (68)
5月 (94)
6月 (40)
7月 (90)
8月 (74)
9月 (91)
10月 (114)
11月 (97)
12月 (97)
2007年 (1115)
1月 (90)
2月 (46)
3月 (77)
4月 (68)
5月 (62)
6月 (96)
7月 (86)
8月 (126)
9月 (95)
10月 (102)
11月 (162)
12月 (105)
2008年 (389)
1月 (212)
2月 (155)
3月 (2)
4月 (3)
6月 (2)
7月 (1)
8月 (5)
9月 (7)
10月 (2)
2009年 (5)
5月 (3)
9月 (2)
2010年 (1)
5月 (1)
2012年 (78)
8月 (20)
9月 (35)
10月 (23)

アクセスカウンタ
今日:178
昨日:741
累計:8,567,724