高台寺の塔頭

高台寺の塔頭を訪ねてみました。




[PR]



2006年10月15日(Sun)
高台寺の塔頭
台所坂 前から気になっていたので、現在ある高台寺の塔頭をすべて訪ねてみました。

塔頭(たっちゅう)とは大寺院の敷地内にある小寺院や別坊。脇寺(わきでら)のことです。江戸時代初期には高台寺には円徳院・永興院・岡林院・月真院・玉雲院・春光院・永昌院・昌純院と8つもの塔頭があったらしいのですが、現存しているのは下記の4院です。 上の写真はねねの道から上がる高台寺への台所坂です。 月真院 まず最初に紹介するのは月真院です。臨済禅宗建仁寺派に属しています。

元和2年(1616)、北政所の従弟久林玄昌が亀井豊前守の外護により建立されました。本尊は千体地蔵菩薩。

月真院の名を最も有名にしているのは、新選組から袂を分かった御陵衛士、伊東甲子太郎以下15名が屯所を構え寝泊まりしていたことです。また彼らのことを地名から高台寺党とも呼びました。

月真院は椿の名所としても知られ、境内に「有楽椿」と呼ばれる銘木があります。 余談ですが、芦屋小雁さんがよく個展を開いておられます。 岡林院 岡林院です。読めない人も多いですが、こうりんいんと発音します。高台寺の塔頭の中では最も歴史が古く、本尊は延命地蔵菩薩です。通常は非公開ですが、有名な茶室「忘知席」があり、境内の苔の緑が素晴らしいです。 春光院 春光院です。通常は非公開ですが、門から綺麗な庭が見えます。北政所の兄 木下家定の長男勝俊の娘の菩提を弔うために、寛永四年にその号をとって建立した寺院です。 圓徳院最後は有名な圓徳院です。分かりやすく円徳院と表記されることも多いです。

北政所ねねの甥、木下利房の邸宅を寺に改めて慶長10年(1605年)に創建されました。北政所が晩年移り住み、77歳で没するまで過ごしたと言われています。

北書院北庭の枯山水は、伏見城にあった北政所の化粧御殿前庭を移したものです。豪快な石組みや築山の滝石組が桃山期の庭園様式を伝えています。また客殿の長谷川等伯筆の襖絵は重要文化財として有名です。



京焼・清水焼専門店〜京の器や・夕庵〜









ブログランキング参加中。ワンクリックお願いいたします。
↓↓↓↓↓↓












   


Facebookはじめました。良かったらいいねボタン。押して下さい。

創業安政2年(1855年)
これからも時を重ねて育まれた京焼・清水焼ならではの雅な意匠と、職人の手技を次の世代に伝えて行きたいと思います。

松韻堂
京都市東山区清水3−319
TEL
075-561-8520


営業時間 9:00〜17:00

定休日 無休

松韻堂の商品買うなら、
松韻堂本店サイトへ。
こちらもよろしくおねがいします。

松韻堂 Yahoo!店

松韻堂 楽天市場店

●松韻堂の地図


新着トラックバック/コメント

清水焼のメルマガ

メルマガ登録はこちらから

登録だけでプレゼント

毎月自動エントリー♪♪


※関連サイト※

京焼清水焼用語集

松韻堂お客様の声

松韻堂店長日記

三年坂窯 作陶日誌

新着・再入荷情報

京都人による東山案内

カレンダ
2006年10月
15
       

アーカイブ
2005年 (162)
10月 (18)
11月 (64)
12月 (80)
2006年 (959)
1月 (77)
2月 (56)
3月 (61)
4月 (68)
5月 (94)
6月 (40)
7月 (90)
8月 (74)
9月 (91)
10月 (114)
11月 (97)
12月 (97)
2007年 (1115)
1月 (90)
2月 (46)
3月 (77)
4月 (68)
5月 (62)
6月 (96)
7月 (86)
8月 (126)
9月 (95)
10月 (102)
11月 (162)
12月 (105)
2008年 (389)
1月 (212)
2月 (155)
3月 (2)
4月 (3)
6月 (2)
7月 (1)
8月 (5)
9月 (7)
10月 (2)
2009年 (5)
5月 (3)
9月 (2)
2010年 (1)
5月 (1)
2012年 (78)
8月 (20)
9月 (35)
10月 (23)

アクセスカウンタ
今日:639
昨日:3,118
累計:8,730,866