清水寺観光案内

清水寺の観光案内を地元の松韻堂が三年坂よりご紹介




[PR]



2006年10月23日(Mon)▲ページの先頭へ
清水寺の七不思議
清水寺の桜2006観光客で賑わう京都東山の寺社仏閣ですが、それぞれに昔から伝わっている七不思議があります。

折を見てそれぞれを紹介しようと思っていますが、まずその第一弾は清水寺から始めさせて下さい。

清水寺の七不思議は他の寺よりも多く、七不思議どころか十以上は軽くあると思います。紹介する人によっても本によってもどれを七つとするか違いますが思いつくのは以下の物です。 清水寺首振り地蔵 一つ目。清水寺の首振り地蔵。

門前脇左手に目立ちませんが地蔵院善光寺堂があります。そこのお地蔵さんの首が360度一回転します。 地蔵院善光寺堂 首をぐるっと一回転させてからお願いすると願い事がかなうと言われています。また回らない人は体の調子が悪いんだとか。初代は堂の中に安置されています。 馬駐(うまとどめ) 二つ目。馬駐(うまとどめ)の金具。

清水寺赤門左手にある室町時代の重要文化財 馬駐ですが、そちらの金具が一カ所だけ逆に付いていると言われています。同時に五頭の馬をつなぐことが出来る馬駐ですが、応仁の乱後、再建されたもので、貴族や武士が馬をこの建物につないで徒歩で諸堂へ参拝するための場所です。 馬駐(うまとどめ)の金具 いくつか横向きに並んでいますが・・・ 馬駐(うまとどめ)の金具 ありました。ここだけ下向きに付いています。 赤門前阿阿の狛犬三つ目。阿・阿の狛犬です。 赤門前阿阿の狛犬通常神社にある狛犬ですが、清水寺の奥に地主神社があるため、門前に狛犬が一対置かれています。 また狛犬は口を開いた阿形(あぎょう)と、口を閉じた吽形(うんぎょう)の一対の姿ですが、 赤門前阿阿の狛犬両方とも口をあんぐりと開けています。

阿吽(あうん)とは 人間の生まれた瞬間と死ぬ瞬間の姿で、万物の初めと終わりを意味しています。 八方にらみの虎 四つ目。八方にらみの虎。

江戸後期の画家岩駒(がんく)が寄進した「虎の図」は八方にらみの虎と言ってどこから見ても睨みつけられたように目が合うとされています。 八方にらみの虎 確かに目が合い恐ろしい形相をしています。苔やカビで目立ちにくく、観光客には余り知られていないスポットです。 カンカン貫(ぬき) 五つ目。

七不思議の中で最も有名なカンカン貫(ぬき)です。仁王門、通称赤門の西側、東側の木口に爪でかいてできたくぼみがあり、一人が耳をあて、一人が爪で叩くとその音が電話のように聞こえると言われています。 カンカン貫(ぬき)清水っ子ならだれでも親から教わる話ですが、最近、修復し、赤く塗られたため、昔とイメージが変わってしまいました。 カンカン貫(ぬき) みんなが触っているのでこんなにすり減っています。 鐘楼の柱 六つ目。鐘楼の柱。

清水寺の梵鐘を支える切妻瓦葺きの鐘楼の丸柱が六本。 鐘楼の柱 天下一の梵鐘のある知恩院さんの鐘楼でも四本なのに、不思議だと言われています。 爪彫の観音 七つ目。景清爪彫りの観音です。

胎内めぐりで有名な随求堂手前にある石灯籠があります。

そこの火袋内に納めれた線彫りの小さな観音像は、景清が清水の観世音を信仰し、牢の谷の獄に入れられている間に爪で石の上に観音様を彫り、清水に奉納したと伝えれています。 景清爪彫の観音火袋内部です。暗くてよく見えません。

悪七兵衛景清
悪七兵衛景清 は「平家物語」で平家軍団の中でもとりわけ「剛の者」として描かれている人物で、平安時代の武士。本名は藤原総七郎兵衛尉景清。自分で両目をくりぬいたと言われ、父の藤原忠清が平清盛に仕えていたため平氏を称したと伝えられています。「悪七兵衛」の異名を持つほど勇猛であり、平安末期における源平の戦いにおいて活躍したが、壇ノ浦の合戦で敗れた後に捕られ、預けられた八田知家の邸で絶食し果てたといわれる。実在したとはいえ生涯に謎の多い人物であるため、各地に色々な伝説が残されている。 三重の塔の屋根瓦 八つ目は三重の塔の屋根瓦。

清水寺西門の東、重要文化財 三重塔にあります。
通常屋根瓦の角の鬼瓦は厄を払う鬼の意味や鬼が火の神を表すんだそうですが、よく見ると一ヶ所だけ水の神である、龍が使われています。 三重の塔の屋根瓦東角だけ龍になっています。 こういった火と水の神を同時に取り入れる建築方法は無いんだそうです。(人から聞いた伝え聞いた話ですので事実かどうか知りません)

四神相応、都の東ということで青龍を盛り込んだのでしょうか。 轟橋の門 九つ目。轟橋の門。

本堂の西にある八脚門でこれ自体珍しい構造ですが、この門に扉がないので不思議だと言われています。ただこれは清水の古い人に聞くと七不思議と違うといっていました。 轟橋 十個目。轟橋。

この橋は清水寺の口をかたどっており、中央の木板は舌を、両側の石板は歯を意味し、かたわらの手水水で口をゆすぐと歯痛、頭痛が治ると伝えられています。また水がないのに橋が架かっているのが不思議という人もいますが、古くは八坂の塔、三年坂を越えて轟川という川がここまで続いていました。 手水鉢の堂の二本柱 十一個目。手水鉢の堂を支える脚が二本しかないのが不思議と言われています。 梟の手水鉢 十二個目。梟の手水鉢。

この龍の口から水が湧き出ている清めの水ですが、正式には梟の手水鉢といいます。なぜ龍なのに、梟(ふくろう)かと言うと、 梟の手水鉢この手水鉢を支える石の四隅に梟の彫像がついた台座になっているからです。
フクロウと言えば知恵の神様なので、こんな下座に置くのは不思議だとのこと。 清水寺の本堂 一三個目からは本堂の中にあります。 弁慶の指あと 十三個目。弁慶の指跡。

本堂裏側の貫の木の目に沿って深さ2センチほどの溝が付いています。これは弁慶が人差し指で付けた物と言われています。 弁慶の指あと 調べましたがこの跡は裏側の地主神社の方へも続いています。 景清の足形石 十四個目。弁慶の足形石。

この足形石は弁慶と通常思われていますが、平景清だと言われております。元は地主神社の本殿前にあったものを朝倉堂へ移されました。もともと寝ていた石ですがいつの頃からか立てられたようです。景清も大男で、一尺七寸というから五〇センチです。ジャイアント馬場もビックリ。 弁慶の鉄の杖と下駄十五個目。弁慶の鉄の下駄と杖。

観光客が持ち上げている鉄製の巨大な下駄と杖ですが、弁慶が使用したとされています。また音羽の滝の行者が日参りし、満願、吉野峯入りを成就したのでお礼に奉納したとも言われています。 舞台を支える四八本の柱 十六個目。清水寺舞台の柱。

舞台を支える柱は長短四十八本、釘一つ使わず立てられていると言われ、この48という数字も意図的にしたんだとのこと。

京焼・清水焼専門店〜京の器や・夕庵〜









ブログランキング参加中。ワンクリックお願いいたします。
↓↓↓↓↓↓





2006年09月12日(Tue)▲ページの先頭へ
清水寺 音羽の滝
清水寺 音羽の滝日頃、観光客が絶えることのない清水寺音羽の滝ですが、古来「黄金水」「延命水」とよばれ、日本十大名水の筆頭にあげられる有名な水です。清水寺の名の由来はこの清らかな清泉が音羽の山中より1000年以上、涌き続けていることに由来しています。

この音羽の滝の水ですが、界隈に住む人は実際にお茶の水に使用しており、私の家もちょくちょく汲みに行っては家族で飲んでいます。 清水寺 音羽の滝 この三つの筋から流れる音羽の滝ですが、それぞれに御利益があり、三つすべて飲むとその効き目が無くなるとされていますがご存じですか?

私が子供の頃から伝え聞いているのは右から健康、美容、出世です。健康・学業・縁結びと言われているのは観光用なんだそうです。 清水寺 音羽の滝 この名水の飲み方が独特です。足場から遠い所に落ちているため、ながーい柄杓を使って窮屈に折り返して口を付けます。幾人も口に付けることから丁寧にも青い光の紫外線滅菌消毒がしてあります。 清水寺 音羽の滝

「松風や 音羽の滝の清水を むすぶ心は すゞしかるらん」

古くは弁慶や義経も飲んだとされる清水の音羽の滝ですが、何百年経った今日でも、水量が衰える気配はありません。


京焼・清水焼専門店〜京の器や・夕庵〜









ブログランキング参加中。ワンクリックお願いいたします。
↓↓↓↓↓↓
















2006年08月15日(Tue)▲ページの先頭へ
清水寺千日詣りのライトアップ
清水寺、夏・千日詣 宵まいり 昨日14日より清水寺では千日参りと申して夜の特別拝観が始まりました。

期間中は観音さまの最大の功徳日で、一日の お参りで千日詣ったと同じご利益がさずかると言われています。特別に本尊ご宝前で献灯もでき、嬉しいことに千日詣りお守り札も配られます。 清水寺、夏・千日詣 宵まいり それに合わせて、清水寺門前から、三年坂、二年坂にかけては花灯路のライトアップがされています。 清水寺、夏・千日詣 宵まいり 三年坂(産寧坂)にある店の前も露地行灯を並べてライトアップです。

期間中は残念ながら開けている店と開けていない店があります。人出は春秋に比べると雲泥の差がありますが、継続することに意味がありますので頑張って開けています。 清水寺、夏・千日詣 宵まいり 二年坂界隈です。人通りも多く賑やかです。向こうの方に高台寺の明かりが見えています。 清水寺、夏・千日詣 宵まいり これが欲しかった期間限定のお札です。清水寺千日詣りお守り札と呼んでいます。家の柱に張り一年の家内安全、無病息災を祈ります。

京焼・清水焼専門店〜京の器や・夕庵〜









ブログランキング参加中。ワンクリックお願いいたします。
↓↓↓↓↓↓





森清範貫主直筆の“妙”の字大皿
森清範貫主直筆の“妙”の字大皿 清水寺森清範貫主、直筆の大皿です。妙法の妙の字が揮毫されています。器は松斎陶苑の尺皿(約30センチ)です。 森清範貫主直筆の“妙”の字大皿 見込み中央はこんな感じです。
畏れ多くて小生では何も申し上げられません。森清範管長は千年や愛など未来志向の漢字を多く好んで書かれます。

毎年年末の風物詩、今年の漢字、一文字は日本漢字能力検定協会が選んだ字を揮毫されますが、こちらはご自分の意志で選ばれた字ですので貴重です。

妙の文字にはいうにいわれぬほどすぐれていること。と意味がありますが、たぶん仏教用語でしょう? 森清範貫主直筆の“妙”の字大皿 このほかにも何枚も頂いております。機会がありましたら大西良慶貫主のもご紹介します。

緑居窯
松斎陶苑 陶歴
初代 福田松斎は、明治初年五条坂にて専ら陶彫
を行う。その作品は遠く海外にも渡る。二代松斎名は菊次郎、初代より陶彫の技を継ぎ、また中国古陶の釉薬の研究に没頭 中でも蘇波釉、海鼠釉、辰砂釉、青磁等に妙技を揮う。大正二年窯を五条より、現在の日吉町に移し 緑居窯と呼ぶ。三代松斎は松平、昭和四年二代の跡 を継ぐ時代の推移に鑑み、広く工芸的な割烹食器及び日常生活用器等の量産を始める。事業の進展に伴い、昭和二十四年工房を松斎陶苑と称し、株式組織に改め、常に新しい機構を採り入れ京焼としての製品の合理化と品質の向上を図る。また昭和二十四年より三十五年まで京都陶磁器協同組合連合会理事長として業界の振興発展に貢献する。四代茂郎は三代松平の義弟で昭和五十六年後継者として安田より福田に移籍、代表者となる。一方に於いては新匠工芸会会員として作家活動を続ける。五代一平は、四代茂郎の長男。父の薫陶を受け、平成三年より、代表者となり、現在に至る。     



京焼・清水焼専門店〜京の器や・夕庵〜









ブログランキング参加中。ワンクリックお願いいたします。
↓↓↓↓↓↓











御嶽山 播州清水寺
御嶽山 播州清水寺 時間があったので清水寺に行ってみました。清水寺と言ってもここは兵庫県加東郡にある清水寺です。
全国には100ヶ所以上の清水寺を名乗る寺院がありますが、そのほとんどは「せいすいじ」と読み、「きよみずでら」と読む寺院は数件なんだそうです。

その数件のひとつが御嶽山 播州清水寺、西国25番目霊場です。日本三大清水寺のひとつと呼ばれています。 御嶽山 播州清水寺 清水寺の名前の由来はこの寺のある地が水に乏しく、仙人、水神に祈ったところ霊泉が湧出したのを感謝して名付けられたとされています。 御嶽山 播州清水寺境内の地図です。この他にも坂上田村麻呂が奥州征伐のさいに、必勝祈願をし、三ふりの『騒速』という大刃を納めたというエピソードの絵が飾られています。
この清水寺は 法道仙人というインドの僧侶が開山されました。創建627年、あの京都の清水寺が778年ですからそれより100年以上も古いです。 御嶽山 播州清水寺この写真どこかでご覧になったことありませんか?京都清水寺本堂から音羽の滝に 下りる階段を連想しました。 御嶽山 播州清水寺根本中堂です。大正2年の火災でいったん焼失と書かれています。 御嶽山 播州清水寺大講堂です。725年創建された後、こちらも大正2年の火災で焼失と書かれています。

丹波立杭焼陶の郷にほど近い清水寺は山紫水明、風光明媚なところにあります。一度、ハイキングがてら訪れてみてはいかがですか?

最後にこちらの寺の御詠歌を紹介させてください。

あはれみや 普き門の品々に なにをかなみのここに清水



京焼・清水焼専門店〜京の器や・夕庵〜









ブログランキング参加中。ワンクリックお願いいたします。
↓↓↓↓↓↓





2006年07月12日(Wed)▲ページの先頭へ
清水寺夏の千日詣 宵まいり
森清範貫首直筆の団扇 今年も8月には清水寺で夏の千日詣 宵まいり が執り行われます。日程が決まっておりますので下記にご紹介差し上げます。

夏の千日詣 宵まいり 

毎年  8月14日 〜 16日

午後7時〜午後9時30分(受付終了)

拝観料/大人400円 小・中学生200円


期間中は観音様の功徳日で一日お参りすると千日参ったのと同じ御利益があるとされています。

写真は清水寺森清範管長直筆の団扇です。暑中見舞いにと有り難いことに頂きました。団扇には去年の世相を表す漢字「愛」の文字が揮毫されています。

→→清水寺ホームページはこちら


京焼・清水焼専門店〜京の器や・夕庵〜









ブログランキング参加中。ワンクリックお願いいたします。
↓↓↓↓↓↓











2006年04月15日(Sat)▲ページの先頭へ
春の特別夜間拝観は明日で終了
清水寺春の夜の特別拝観
長かった清水寺の春の夜の特別拝観(2006年)も明日4月16日(日)でいよいよ終了します。

このあと、8月の夏の千日詣りまで夜の拝観は行われません。この機会にどうぞお越し下さい。

拝観料/大人400円 小・中学生200円
午後6時30分〜午後9時30分(受付終了)

清水寺の桜

ほんまもんの清水焼を売る店









ブログランキング参加中。ワンクリックお願いいたします。
↓↓↓↓↓↓








2006年04月09日(Sun)▲ページの先頭へ
清水寺の桜
清水寺の桜2006
京都の清水寺の桜を撮影してきました。まだ五分咲きほどで満開とはなっておりませんでした。
清水寺の桜2006
開山堂付近の桜です。
清水寺の桜2006
子安の塔から清水寺の舞台を写しました。ちいちゃい。
清水寺の桜2006
奥の院からだと京都タワーや河原町など京都市中が見えます。
清水寺の桜2006
これだけの荘厳かつ偉大な建築美を作った当時の美意識は今より優れているかもしれません。

ほんまもんの清水焼を売る店









ブログランキング参加中。ワンクリックお願いいたします。
↓↓↓↓↓↓





2006年03月22日(Wed)▲ページの先頭へ
京都東山花灯路2006〜清水寺
京都東山花灯路2006〜清水寺
昨日終わりました京都東山花灯路の清水寺界隈を撮影に行ってきました。
京都東山花灯路2006〜清水寺
茶わん坂です。
京都東山花灯路2006〜清水寺
三年坂です。
京都東山花灯路2006〜清水寺
生け花プロムナードのいくつかが飾られていました。
京都東山花灯路2006〜清水寺
西門前の生け花です。
京都東山花灯路2006〜清水寺
仁王門はより一層赤が映えるようなライトをあてられています。
京都東山花灯路2006〜清水寺
青い光線は慈悲の光です。約15km先まで届く青色のサーチライトの光で、「慈悲の光」と呼ばれています。清水寺の三重塔の上から京都市内方面へ観音様の慈悲の光が降り注ぐようにあてられています。
京都東山花灯路2006〜清水寺
三重の塔です。
京都東山花灯路2006〜清水寺
本堂から見える子安の塔です。
京都東山花灯路2006〜清水寺
奥の院です。
京都東山花灯路2006〜清水寺
奥の院から見る清水寺本堂の景色が一番綺麗です。
京都東山花灯路2006〜清水寺
音羽の滝に続く階段です。

ほんまもんの清水焼を売る店









ブログランキング参加中。ワンクリックお願いいたします。
↓↓↓↓↓↓










2006年02月13日(Mon)▲ページの先頭へ
清水寺・春の夜の特別拝観
清水寺・第15回春の夜の特別拝観

清水寺の第15回春の夜の特別拝観の日程が以下の通りとなっておりますのでご紹介させて頂きます。

開催期間
平成18年3月28日(火)から4月16日(日)まで
午後6時半より午後9時半(受付終了)

上記日程以外にも花灯路の期間中(3月11日(土)から21日(祝))もライトアップしておりますのでこれも含めますと1ヶ月以上になります。期間中は青龍会の行道もあります。

余談ですが4月3日はしみずの日と申して法要や青龍会も執り行われています。

ほんまもんの清水焼を売る店


ブログランキング参加中。ワンクリックお願いいたします。
↓↓↓↓↓↓







2006年01月01日(Sun)▲ページの先頭へ
2006年元旦の清水寺
2006年元旦今年は早朝に清水寺へ撮影に行ってきした。
清水寺の門前
清水寺の門前参道口です。早朝から若いカップルがたくさんいました。
清水寺の仁王門
清水寺の仁王門です。リニューアルされた朱色が美しいです。
清水寺の西門と三重塔
清水寺の西門と三重塔です。遠くから見ると1つの建築物のように見えるから不思議です。
清水寺の仁王門
清水寺の仁王門の後ろ側みた写真です。
清水寺の除夜の鐘
清水寺の除夜の鐘です。
清水寺の経堂と三重塔
清水寺の経堂と三重塔です。
清水寺から見える景色
清水寺から見える東山の景色です。木々が伐採してあります。
清水寺から見える景色
清水寺から南の方角には京都タワーが見えます。
三年坂の上からの写真
三年坂を坂の上から撮りました。早朝ですのでまだ暗いです。


ほんまもんの清水焼を売る店


ブログランキング参加中。ワンクリックお願いいたします。
↓↓↓↓↓↓






2005年12月21日(Wed)▲ページの先頭へ
来年の戌の色紙
清水寺森清範貫主より頂きました来年度の干支戌の色紙です。

今年も管長様より頂けたことに誠に有り難く感謝しており、毎年店のウインドウに飾らせて頂いております。

残念ながら私に学が無いため、何が書いてあるかさっぱり読めません。



2005年12月16日(Fri)▲ページの先頭へ
仁清・乾山の石碑
清水寺の音羽の滝の奥に清水焼の巨人仁清と乾山の石碑があります。
左が乾山で、右が仁清の石碑です。
清水寺の裏でひっそりたたずむ野々村仁清の石碑 乾山は尾形乾山《生没年1663〜1743 (寛文3年〜寛保3年)》といい、琳派様式を生んだ尾形光琳の弟です。呉服商の出身で、兄弟による合作の器も多いです。尾形乾山はもともと野々村仁清の弟子でした 清水寺の裏でひっそりとたたずむ尾形乾山の石碑 野々村仁清は清水焼江戸時代前期の陶工で京焼の大成者です。非常に薄く成形された作品に斬新なデザインの色絵が特徴で、たくさんの贋作が作られています。香合から茶壺まで茶陶全般に幅広く焼かれています 清水寺の裏でひっそりたたずむ野々村仁清の石碑 清水の地で江戸時代盛んに焼き物が作られた理由の1つは実はこの石碑の裏に流れる音羽の滝から良質の土がとれることと、三年坂の傾斜地が登り窯にむいていたことこの二つが大きな理由だったと私は考えております。

ほんまもんの清水焼を売る店


ブログランキング参加中。ただ今33位 応援お願いします。
↓↓↓↓↓↓





清水寺・田村堂の修復工事
今日、清水寺に久しぶりにいってみますと、田村堂の修復工事が終わっていました。
清水寺・田村堂
田村堂は坂上田村麻呂を祀ったお堂で、徳川家光の援助で再建された檜皮ぶきの建物です。
清水寺・田村堂
屋根の葺き替えの終わった田村堂は朱色を基調にした5色の彩色で厳かな輝きを放っていました。
清水寺・田村堂

清水寺・田村堂

ほんまもんの清水焼を売る店


ブログランキング参加中。ただ今33位 応援お願いします。
↓↓↓↓↓↓



清水寺の『愛』の字
見てきましたョ!今年の漢字『愛』!!
清水寺森清範貫主揮毫『愛』
テレビなどで盛んに報道されていましたが、実際に見に行って撮影してきました。実物は舞台の本堂の中央にこじんまりと納められていました。

毎年日本漢字能力検定協会が公募で決定するのですが、一番多かったのが『愛』で、その次が『改』『郵』と続くのだそうです。

『愛』なんて意外な感じ(漢字)で、私個人的には福知山の電車脱線事故の『電』を推しますが・・・(大衆の思いは私が変わってるのか予測できません)



◆今年の漢字
日本漢字能力検定協会が全国公募して毎年決定するその年の世相に合う漢字一文字のことで1995年から発表されており、毎年12月12日の「漢字の日」前後に京都の清水寺貫主により*揮毫され、本尊である千手観世音菩薩に奉納されるらしいです。


ほんまもんの清水焼を売る店


ブログランキング参加中。ただ今33位 応援お願いします。
↓↓↓↓↓↓


2005年12月13日(Tue)▲ページの先頭へ
八福神
八福神の絵 清水寺の七不思議の一つ、八福神を紹介します。

写真は数枚しか市中で確認されていない内の貴重な一枚、当店所蔵の八福神の絵です。 清水寺八福神こちらの八福神の絵は清水寺の大日堂から古くにいただいた版画です。紙が大きい為、何枚かに分けて紹介します。

通常は七福神ですが、この八福神の絵には七福神プラスお福さんがいます。
真ん中で布袋尊にお酌をしているのが分かります。
清水寺八福神
八福神の絵は清水寺に古くから伝わる七不思議の1つで、寺固有の物です。
清水寺八福神
明治時代に参拝者に配られたそうですが、当時のまま現存しているのは少ないんだそうです。

ほんまもんの清水焼を売る店


ブログランキング参加中。ただ今33位 応援お願いします。
↓↓↓↓↓↓




2005年11月29日(Tue)▲ページの先頭へ
森清範管長の干支酉の色紙
清水寺の森清範管長から頂きました今年度の色紙です。

まもなく戌に替わりますので、かたづけて、箱に仕舞います。

今年最後に紹介させて頂きました。

森青範管長作干支酉色紙



ブログランキング参加中。ただ今33位 応援お願いします。
↓↓↓↓↓↓


2005年11月03日(Thu)▲ページの先頭へ
清水寺 夜の特別拝観
今年も11月11日(金)から清水寺 夜の特別拝観が約一月の期間行われます。
日時は下記の通りです。

平成17年11月11日(金)〜12月11日(日)
午後6時30分〜午後9時30分(受付終了)

拝観料/大人400円・小人200円

また期間中
「月の庭・成就院庭園」も特別公開しております。
平成17年11月18日(金)〜12月11日(日)
午後6時30分〜午後9時(受付終了)

拝観料/大人600円・小人300円


清水寺公式ホームページ



ブログランキング参加中。ただ今33位 応援お願いします。
↓↓↓↓↓↓


1 2    全48件


Facebookはじめました。良かったらいいねボタン。押して下さい。

創業安政2年(1855年)
これからも時を重ねて育まれた京焼・清水焼ならではの雅な意匠と、職人の手技を次の世代に伝えて行きたいと思います。

松韻堂
京都市東山区清水3−319
TEL
075-561-8520


営業時間 9:00〜17:00

定休日 無休

松韻堂の商品買うなら、
松韻堂本店サイトへ。
こちらもよろしくおねがいします。

松韻堂 Yahoo!店

松韻堂 楽天市場店

●松韻堂の地図


新着トラックバック/コメント

清水焼のメルマガ

メルマガ登録はこちらから

登録だけでプレゼント

毎月自動エントリー♪♪


※関連サイト※

京焼清水焼用語集

松韻堂お客様の声

松韻堂店長日記

三年坂窯 作陶日誌

新着・再入荷情報

京都人による東山案内

カレンダ
2017年10月
24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ
2005年 (162)
10月 (18)
11月 (64)
12月 (80)
2006年 (959)
1月 (77)
2月 (56)
3月 (61)
4月 (68)
5月 (94)
6月 (40)
7月 (90)
8月 (74)
9月 (91)
10月 (114)
11月 (97)
12月 (97)
2007年 (1115)
1月 (90)
2月 (46)
3月 (77)
4月 (68)
5月 (62)
6月 (96)
7月 (86)
8月 (126)
9月 (95)
10月 (102)
11月 (162)
12月 (105)
2008年 (389)
1月 (212)
2月 (155)
3月 (2)
4月 (3)
6月 (2)
7月 (1)
8月 (5)
9月 (7)
10月 (2)
2009年 (5)
5月 (3)
9月 (2)
2010年 (1)
5月 (1)
2012年 (78)
8月 (20)
9月 (35)
10月 (23)

アクセスカウンタ
今日:151
昨日:959
累計:8,646,624