窯中の天

本日、本焼きの窯だしでした。




[PR]



2007年06月25日(Mon)
窯中の天
素焼きの窯だし昨晩はよく降りましたね。

今日は窯場での風景です。
出勤後、まずは前日焼いたフリーカップの窯だし。
この商品は秋の到来に供えてとりあえず備蓄しておくのです。 素焼きの窯詰め内側の景色。あえて薄掛けにしましたので縁は焦げ気味です。
釉薬を掛ける際、ボーメ比重計といって釉薬の濃度を測ってから釉掛けする人、しない人いますが、私は後者です。 シリコン処理桟板に載せた器は、はま擦り機がないので、サンドペーパーでひとつずつ底を擦っていきます。
最後に汚れ防止のため、シリコン処理をこの器はしています。(漏り止めのCP−M6は土岐の下石陶磁器組合から購入) 清水焼素焼きの窯詰め続いて素焼きの窯詰めがまっています。天日干しで『きっちり乾かしてから窯詰めせえよ』と習いましたが、現実は違います。忙しいとこほど500度で窯の口切ったりと無茶しています。 作陶信条の一つに、丈夫な器作りがあるのですが、私の作る良い器と丈夫さ、この2点は反比例しており大きな課題です。

それからこの仕事を始めてこの方、仕事に追われ、ゆっくり楽しんで作ったことは一度たりともありません。

ですから素人がプロに勝つ、あり得る話と私は思っています。だって良い土使ってたっぷり時間をかけて作れば存在感のあるものできますから。

団塊世代の大量退職に伴う団塊陶芸家の出現、驚異に感じてる団塊jr陶芸家なんです。(半分冗談ですが)


京焼・清水焼専門店〜京の器や・夕庵〜



なにとぞ下のボタンを押して下され。続ける糧となります。
↓↓↓↓↓↓





writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存

Facebookはじめました。良かったらいいねボタン。押して下さい。

創業安政2年(1855年)
これからも時を重ねて育まれた京焼・清水焼ならではの雅な意匠と、職人の手技を次の世代に伝えて行きたいと思います。

松韻堂
京都市東山区清水3−319
TEL
075-561-8520


営業時間 9:00〜17:00

定休日 無休

松韻堂の商品買うなら、
松韻堂本店サイトへ。
こちらもよろしくおねがいします。

松韻堂 Yahoo!店

松韻堂 楽天市場店

●松韻堂の地図


新着トラックバック/コメント

清水焼のメルマガ

メルマガ登録はこちらから

登録だけでプレゼント

毎月自動エントリー♪♪


※関連サイト※

京焼清水焼用語集

松韻堂お客様の声

松韻堂店長日記

三年坂窯 作陶日誌

新着・再入荷情報

京都人による東山案内

カレンダ
2007年6月
         
25

アーカイブ
2005年 (162)
10月 (18)
11月 (64)
12月 (80)
2006年 (959)
1月 (77)
2月 (56)
3月 (61)
4月 (68)
5月 (94)
6月 (40)
7月 (90)
8月 (74)
9月 (91)
10月 (114)
11月 (97)
12月 (97)
2007年 (1115)
1月 (90)
2月 (46)
3月 (77)
4月 (68)
5月 (62)
6月 (96)
7月 (86)
8月 (126)
9月 (95)
10月 (102)
11月 (162)
12月 (105)
2008年 (389)
1月 (212)
2月 (155)
3月 (2)
4月 (3)
6月 (2)
7月 (1)
8月 (5)
9月 (7)
10月 (2)
2009年 (5)
5月 (3)
9月 (2)
2010年 (1)
5月 (1)
2012年 (78)
8月 (20)
9月 (35)
10月 (23)

アクセスカウンタ
今日:507
昨日:3,118
累計:8,730,734