萩釉の焼成と焼き直し

本日の窯だしです。




[PR]



2006年07月01日(Sat)
萩釉の焼成と焼き直し
萩釉の窯だし 本日の窯だしです。マグカップや片口などを焼きました。すべて行き先は決まっております。同世代のお客様が記念品にお使いとのこと、あえて手作り感を活かして曲がったりゆがんだりして欲しいとお願いされました。
萩釉の窯だし酸化で焼いたなんのヘンテツもない粉引のマグカップです。お見せするのが見苦しいほど何の特徴もありませんが釉薬の掛けムラが面白い景色となっています。手をぐるんと曲げて掛ける釉掛けが下手なので不器用な私が掛けるとほっといてもむらむらになってしまいます。(実は均一な厚さにかかった物より人気があります)陶芸には器用な人には器用な陶芸の道が、不器用な人にはその方に合った道が用意されています。(たしかSMAPの名曲の歌詞にもあったと思う)
白萩釉の窯だし 滋賀県の農家の稲藁を私が燃やして作った稲わら灰です。3年前に大量に作ってポリバケツに貯めてあります。柄杓ですくって使うのですが、すくう場所によってこれだけのばらつきがでてしまい、再現性が低いのが難点です。余談ですが、稲藁の灰を手でかき混ぜると真っ黒になってしまい石けんで洗ってもなかなか落ちません。

こちらの作品はまた焼き直しします。焼き物はどの種類も本当に奥が深く、焼いても焼いても飽きることがありません。


京焼・清水焼専門店〜京の器や・夕庵〜









ブログランキング参加中。ワンクリックお願いいたします。
↓↓↓↓↓↓








   


Facebookはじめました。良かったらいいねボタン。押して下さい。

創業安政2年(1855年)
これからも時を重ねて育まれた京焼・清水焼ならではの雅な意匠と、職人の手技を次の世代に伝えて行きたいと思います。

松韻堂
京都市東山区清水3−319
TEL
075-561-8520


営業時間 9:00〜17:00

定休日 無休

松韻堂の商品買うなら、
松韻堂本店サイトへ。
こちらもよろしくおねがいします。

松韻堂 Yahoo!店

松韻堂 楽天市場店

●松韻堂の地図


新着トラックバック/コメント

清水焼のメルマガ

メルマガ登録はこちらから

登録だけでプレゼント

毎月自動エントリー♪♪


※関連サイト※

京焼清水焼用語集

松韻堂お客様の声

松韻堂店長日記

三年坂窯 作陶日誌

新着・再入荷情報

京都人による東山案内

カレンダ
2006年7月
            1
         

アーカイブ
2005年 (162)
10月 (18)
11月 (64)
12月 (80)
2006年 (959)
1月 (77)
2月 (56)
3月 (61)
4月 (68)
5月 (94)
6月 (40)
7月 (90)
8月 (74)
9月 (91)
10月 (114)
11月 (97)
12月 (97)
2007年 (1115)
1月 (90)
2月 (46)
3月 (77)
4月 (68)
5月 (62)
6月 (96)
7月 (86)
8月 (126)
9月 (95)
10月 (102)
11月 (162)
12月 (105)
2008年 (389)
1月 (212)
2月 (155)
3月 (2)
4月 (3)
6月 (2)
7月 (1)
8月 (5)
9月 (7)
10月 (2)
2009年 (5)
5月 (3)
9月 (2)
2010年 (1)
5月 (1)
2012年 (78)
8月 (20)
9月 (35)
10月 (23)

アクセスカウンタ
今日:532
昨日:977
累計:8,636,809