三年坂ではたらく丁稚の独り言

三年坂ではたら丁稚が日常ののよしなしごとをつぶやきます。




[PR]



2005年11月22日(Tue)▲ページの先頭へ
招福干支抹茶碗
ただ今、急ピッチで、招福干支抹茶碗の説明文を用意しております。
無い知恵を絞り出して!脳みそ、カニみそ状態になっています。

パソコンの前で、抹茶碗を手に取りながら、悪戦苦闘しています。



毎年、干支の抹茶碗は見ていますが、年々、シンプルになってきてる印象がします。
また干支の抹茶碗自体の層が薄くなっています。

そうこうしてると、すばらしい磁器の干支の香合が入荷して参りました。(これも早く紹介しなきゃ)

少しでも早く皆様にお伝えするように頑張っていますのでもう少し待っててください。



ブログランキング参加中。ただ今33位 応援お願いします。
↓↓↓↓↓↓



パストール研究所
先日 パストール研究所と言うところで、MRIの検査をうけました。初めてだったので少し緊張しましたが、工事現場のような騒音にびっくりしました。
目をつぶっていて下さい」と看護士がおっしゃられました。やがて機械が動き出すと、「ゴオゴオ、ダッダッダッダッ」の繰り返し、
「こらあ、ほっといても目つぶるちゅうねん」と観念して寝ていました。

後日、その写真を持って別の病院に行くのですが、渡された写真を妻と猫が見たがって困りました。(別に渡されてもネェ)

ニャーゴ、ニャーゴ。



ブログランキング参加中。ただ今33位 応援お願いします。
↓↓↓↓↓↓



2005年11月18日(Fri)▲ページの先頭へ
キビシー
毎日、私、倉庫番は作陶と接客を半々にして日々を送っております。その二つは使っている能力も全く違いますが、どちらの仕事も、いろんなお客様に出会えて刺激の得る機会も多く大変勉強になっており、日々やりがいと充実感があります。

疲れて家に帰ってみると、体は寝ると回復しますが、その空間にいるだけで心が癒されている気がします。

そんなある時
妻に「家に居るだけで昼間の気疲れが癒されてる気がする」って言ったら、
「あなた それで気使ってるの?」とバッサリ言われてしまいました。

「キビシー!!」


写真は夜明け前の京みずはさんです。明け方まで電気がついていました。
写真の建物の前は広大な田園風景が広がります、近くでは野菜の自動販売機があり、結構売れています



ブログランキング参加中。ただ今33位 応援お願いします。
↓↓↓↓↓↓






2005年11月08日(Tue)▲ページの先頭へ
夕庵で紹介する器たち
私が夕庵で紹介する清水焼の器を選んでいるのですが、撮影のペースに説明文が追いついておらず、商品ページに上がってくるまでにずいぶん時間がかかってしまっています。

楽しみに待っててくれるお客様に少しでも早く応えられるよう頑張っていますのでもう少しお待ち下さい。

現在、仕上げているのが来年の招福干支迎春用の器です。これも中旬には紹介できると思います。干支の抹茶碗や香合、箸置きなどずいぶんたくさんございます。



来年の勅題 【笑】
前田宝泉作 笑いスズ抹茶碗
来年の歌会始めの勅題は 【笑】だそうです。
ここ数年、抽象的な御題が多かったのですが、今年は作り手にとってやりやすかったそうす。

私も勅題にちなんだ抹茶碗を考えて作らなきゃと思いながらも、もう師走の声も聞こえています。

毎年 店頭には来年の干支と勅題の抹茶碗がたくさん並んでいます。下の写真は抹茶碗の棚の様子です。京都の抹茶碗ですと、仁清風の雅な上絵の入った洒落た絵付けの作品が多いです。
千円から2万円くらいまでの価格の抹茶碗を並べています。



2005年11月01日(Tue)▲ページの先頭へ
夕庵倉庫番の独り言 
夕庵でまもなく、丸皿・角皿特集をやります。主に磁器の高価な物が多いですが、皿にこそ清水焼の技術の神髄があると思っていますので、これからも皿をどんどん皆様に紹介したいと思います。


夕庵で取り扱っている皿たち


1 2 3 4 5 6    全156件


Facebookはじめました。良かったらいいねボタン。押して下さい。

創業安政2年(1855年)
これからも時を重ねて育まれた京焼・清水焼ならではの雅な意匠と、職人の手技を次の世代に伝えて行きたいと思います。

松韻堂
京都市東山区清水3−319
TEL
075-561-8520


営業時間 9:00〜17:00

定休日 無休

松韻堂の商品買うなら、
松韻堂本店サイトへ。
こちらもよろしくおねがいします。

松韻堂 Yahoo!店

松韻堂 楽天市場店

●松韻堂の地図


新着トラックバック/コメント

清水焼のメルマガ

メルマガ登録はこちらから

登録だけでプレゼント

毎月自動エントリー♪♪


※関連サイト※

京焼清水焼用語集

松韻堂お客様の声

松韻堂店長日記

三年坂窯 作陶日誌

新着・再入荷情報

京都人による東山案内

カレンダ
2017年10月
19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ
2005年 (162)
10月 (18)
11月 (64)
12月 (80)
2006年 (959)
1月 (77)
2月 (56)
3月 (61)
4月 (68)
5月 (94)
6月 (40)
7月 (90)
8月 (74)
9月 (91)
10月 (114)
11月 (97)
12月 (97)
2007年 (1115)
1月 (90)
2月 (46)
3月 (77)
4月 (68)
5月 (62)
6月 (96)
7月 (86)
8月 (126)
9月 (95)
10月 (102)
11月 (162)
12月 (105)
2008年 (389)
1月 (212)
2月 (155)
3月 (2)
4月 (3)
6月 (2)
7月 (1)
8月 (5)
9月 (7)
10月 (2)
2009年 (5)
5月 (3)
9月 (2)
2010年 (1)
5月 (1)
2012年 (78)
8月 (20)
9月 (35)
10月 (23)

アクセスカウンタ
今日:780
昨日:1,048
累計:8,638,904