ゆで落花生やら、今年七位の抹茶






[PR]



2012年09月22日(Sat)
ゆで落花生やら、今年七位の抹茶
tn_2012-09-22 11.46.17.jpg

今日はお客様から、お礼にと、珍しい地元の野菜やら、お茶やら沢山頂く日でした。

午前中に千葉のお客さんから、クール宅急便で、
落花生やら秋スイカ、カボチャなど、地の特産品が到着。

ありがたい話です。

買って頂いた上に、お礼の手紙頂いたり、お土産やプレゼント頂く。

こういった気持ちが腹黒テンチョには無いため、
ありがたいと同時に、どのようにお礼を申しあげたらいいか、
言葉が見つかりません。

天皇家の御用邸の長をされている方からの贈り物は、
やはり素晴らしかった。

ゆで落花生というのは、
こちらでは珍しく、一時間ほど湯がいて食べましたら、
めっぽう甘くて、柔らかく、落花生のイメージとはまったく違いました。

ゆで落花生は、千葉の地元ならではらしく、
日持ちがせず、流通の関係で、一般的な落花生は炒ってあるそうです。

昼からは、城陽のお茶やさんが、自分の作った抹茶を
メール便送ってきて下さった。

先日、抹茶碗をご購入頂いたときに、
高い抹茶はどんな味するんでしょうか?

と尋ねたばかり、こんな作っておりますと、サプライズプレゼント。

信じられないほどの高級なお茶。
今年全国7位に入った抹茶ですと、20gの袋入り、一万円ほどの。

一保堂の抹茶でも、3000円以上の買ったこと無いのに。


どんな味がするか、皆が楽しみで、早速呑みたかったが、
生菓子が無いため、断念。

明日、高島屋で上生菓子を買ってきて、
テンチョの作った茶碗で、堪能します。

どんな味がするのだろうか。
20gがなんと一万円の抹茶。

最初で最後だろうな。

tn_2012-09-22 13.22.38.jpg

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存

Facebookはじめました。良かったらいいねボタン。押して下さい。

創業安政2年(1855年)
これからも時を重ねて育まれた京焼・清水焼ならではの雅な意匠と、職人の手技を次の世代に伝えて行きたいと思います。

松韻堂
京都市東山区清水3−319
TEL
075-561-8520


営業時間 9:00〜17:00

定休日 無休

松韻堂の商品買うなら、
松韻堂本店サイトへ。
こちらもよろしくおねがいします。

松韻堂 Yahoo!店

松韻堂 楽天市場店

●松韻堂の地図


新着トラックバック/コメント

清水焼のメルマガ

メルマガ登録はこちらから

登録だけでプレゼント

毎月自動エントリー♪♪


※関連サイト※

京焼清水焼用語集

松韻堂お客様の声

松韻堂店長日記

三年坂窯 作陶日誌

新着・再入荷情報

京都人による東山案内

カレンダ
2012年9月
           
22
           

アーカイブ
2005年 (162)
10月 (18)
11月 (64)
12月 (80)
2006年 (959)
1月 (77)
2月 (56)
3月 (61)
4月 (68)
5月 (94)
6月 (40)
7月 (90)
8月 (74)
9月 (91)
10月 (114)
11月 (97)
12月 (97)
2007年 (1115)
1月 (90)
2月 (46)
3月 (77)
4月 (68)
5月 (62)
6月 (96)
7月 (86)
8月 (126)
9月 (95)
10月 (102)
11月 (162)
12月 (105)
2008年 (389)
1月 (212)
2月 (155)
3月 (2)
4月 (3)
6月 (2)
7月 (1)
8月 (5)
9月 (7)
10月 (2)
2009年 (5)
5月 (3)
9月 (2)
2010年 (1)
5月 (1)
2012年 (78)
8月 (20)
9月 (35)
10月 (23)

アクセスカウンタ
今日:182
昨日:741
累計:8,567,728