東山の秋、深まる。

昨日は快晴でしたので店の前の興正寺を散歩しがてら東山の小さな秋を探してみました。




[PR]



2007年10月16日(Tue)
東山の秋、深まる。
東山の秋、広がる。昨日は快晴でしたので店の前の興正寺を散歩しがてら東山の小さな秋を探してみました。 東山の秋、広がる。興正寺別院の参道のいま。楽しませてもらったあの桜並木も葉をすっかり落としています。 東山の秋、広がる。最後の一葉。 東山の秋、広がる。紅葉の色づきもここ東山ではまだ兆しがありません。 東山の秋、広がる。快晴なり。 東山の秋、広がる。目に青葉、秋ほととぎす。 東山の秋、広がる。酔芙蓉の盛り終息す。 東山の秋、広がる。 彼岸花のお彼岸。 東山の秋、広がる。 霊山町の方へ行くと山村先生の家ではたくさんの胡蝶蘭が飾ってありました。 東山の秋、広がる。イギリス風B&Bゲストハウス、三塔庵前にて。 東山の秋、広がる。石段に椿の絵が目印です。 東山の秋、広がる。東山の隠れた紅葉の名所、霊山正法寺へ昇ってみました。 東山の秋、広がる。急な階段を駆け上がると境内は自然の宝庫です。 東山の秋、広がる。見落としそうなほどのミズヒキ。

細長い茎に小さな花をまばらにつけ、花を上から見ると赤く、下から見ると白く見えるので、紅白の水引にたとえてこの名がついたそうです。 東山の秋、広がる。こちら椿科の花。 東山の秋、広がる。東山の萩、終焉近し。 東山の秋、広がる。秋の波紋、市中へ広がっていくのがここからだとよく解りました。 東山の秋、広がる。東山のイヌタデ。 東山の秋、広がる。孤高のススキ、屹立して立つ。 東山の秋、広がる。南天の実色づき始める。 東山の秋、広がる。 東山の秋、広がる。こちら山藤さん。(阪神の2007年は終わりました、あとは京都サンガです) 東山の秋、広がる。ドングリの実です。 東山の秋、広がる。実は高所では紅葉の葉も少しずつ色づき始めていました。 東山の秋、広がる。秋の花々も終わりになってきて、いろんな花風景がありましたヨ。 東山の秋、広がる。 おまけ
大石橋の上に広がる巨大鱗雲を見ました。

明日は京都の秋から田舎の秋へ
妻の実家で、稲刈りや黒豆の収穫を手伝う予定です。

なにとぞ下のボタンを押して下さい。続ける糧となります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 美術ブログへ
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク この記事をクリップ!

サイト内検索はこちらから Google Custom Search


   


Facebookはじめました。良かったらいいねボタン。押して下さい。

創業安政2年(1855年)
これからも時を重ねて育まれた京焼・清水焼ならではの雅な意匠と、職人の手技を次の世代に伝えて行きたいと思います。

松韻堂
京都市東山区清水3−319
TEL
075-561-8520


営業時間 9:00〜17:00

定休日 無休

松韻堂の商品買うなら、
松韻堂本店サイトへ。
こちらもよろしくおねがいします。

松韻堂 Yahoo!店

松韻堂 楽天市場店

●松韻堂の地図


新着トラックバック/コメント

清水焼のメルマガ

メルマガ登録はこちらから

登録だけでプレゼント

毎月自動エントリー♪♪


※関連サイト※

京焼清水焼用語集

松韻堂お客様の声

松韻堂店長日記

三年坂窯 作陶日誌

新着・再入荷情報

京都人による東山案内

カレンダ
2007年10月
 
16
     

アーカイブ
2005年 (162)
10月 (18)
11月 (64)
12月 (80)
2006年 (959)
1月 (77)
2月 (56)
3月 (61)
4月 (68)
5月 (94)
6月 (40)
7月 (90)
8月 (74)
9月 (91)
10月 (114)
11月 (97)
12月 (97)
2007年 (1115)
1月 (90)
2月 (46)
3月 (77)
4月 (68)
5月 (62)
6月 (96)
7月 (86)
8月 (126)
9月 (95)
10月 (102)
11月 (162)
12月 (105)
2008年 (389)
1月 (212)
2月 (155)
3月 (2)
4月 (3)
6月 (2)
7月 (1)
8月 (5)
9月 (7)
10月 (2)
2009年 (5)
5月 (3)
9月 (2)
2010年 (1)
5月 (1)
2012年 (78)
8月 (20)
9月 (35)
10月 (23)

アクセスカウンタ
今日:122
昨日:1,074
累計:8,694,439