三年坂界隈

三年坂(産寧坂)界隈を三年坂窯元松韻堂がご紹介します。




[PR]



2012年10月06日(Sat)▲ページの先頭へ
ウエディング&レストラン【KIYOMIZU】
2012-08-12 11.04.19.jpg

テンチョの店の近所に、結婚式場ができたんです。
その名もウエディング&レストラン【KIYOMIZU】。

和のウエディング、人気なのでしょうね。

ちょくちょく、
引き出物の納品に東山にあるあちこちの会場寄せて頂います。

もともと、その場所は電電公社の社宅が有った場所で、
電電公社に勤務されているかたのお子達。
テンチョの小学校時代、よく遊びに行ったなじみの場所です。

いまはその面影も無く、綺麗な和風の建物にかわりました。

少し寂しい気もしますが、時代の流れがすべて正しいのでしょう。

いまでは、この秋、レストランもオープンするそうで、

オリジナルジャパニーズフレンチ というものを
食べに行こうと計画しています。


大きな施設ができたことで、車が混むのは残念ですが、
ヒトがあふれ、ご近所や三年坂界隈が賑やかになり、嬉しい話です。

テンチョの親戚にも、まだ結婚していない独身男女が多いので、
ぜひウエディング  KIYOMIZU をおすすめします。
ブライダルフェアや試食会もやってます。一度、下見にお越し下さい。


でも、その前に、彼氏彼女を見つけて下さいね(T_T)






2012年09月20日(Thu)▲ページの先頭へ
彼岸の入り
tn_IMG_3156.JPG

店の前の庭ではヒグラシが鳴いています。

本日はお彼岸の墓参りに行って参りました。

お墓参りの仕方、宗派によってまちまちですが、

真言の妻は、

バシャバシャと柄杓に汲んだ水を墓に掛けるのが

馴れないようで、、、

それでも両親が朝晩、仏様に、チーンと鳴らして拝む習慣に
感心しておりました。

長男なんで弟夫婦より、叔父より
早く墓参りを済ませるのは気持ちが良いものです。

本日実店舗では、

大阪ガスの定期検診で地下のガス管から
ガス漏れが発生しているとのことで、

半日工事で仕事処ではありませんでした。

古い町家づくりなんで、ガス管が地中に潜っていると
地表にあるよりも腐敗しやすいとのこと。

なんで、テンチョの店だけ、地下にガス管が通っている設計なのか、
不思議でした。

これもまあ、ご先祖さまによるテンチョ修業の一つと思い、
怒るよりもむしろ、感謝しております。

工事が終わった夕方から営業再開。


秋らしい 栗とか柿の抹茶茶碗がよく出ました。

ススキの穂の開花が例年より10日遅れているように、

秋の味覚、マッタケや栗、柿、黒豆、紅葉の見頃、

おなじみの秋の風物詩達の到来、総じて遅いと思い、、

この抹茶に描かれた栗でも眺めて、気を紛らわすとのこと。


こんなゆとりがテンチョにも欲しいわ~




2012年09月19日(Wed)▲ページの先頭へ
平安神宮 神苑 秋の無料公開
tn_2012-09-19 15.23.31.jpg

平安神宮の神苑が本日、無料公開されているので、夕方行って参りました。

野筋(入り組んだ道筋)と遣水(小川の流れ込み)の庭には
当時の文学書(竹取物語、伊勢物語、古今和歌集、枕草子、源氏物語)に記され、

日本人が古来より愛し続けて来た200種余りの植物が植栽されていますと言うことですが、

萩の花が主に綺麗でした。

購入して、ほとんど使わず埃をかぶっていたデジイチを持って。

実は、店の大蔵省に、新しいデジカメが欲しいと、
提案したところ、

勝ったばかりのものがあるやろと、キツイお言葉。

二人の大蔵省から却下されましたので、

とにかく、使い込んでいる姿や成果を見せないと
いかんなあと言うことで、

古いデジイチ片手に写真を撮りまくりました。

標準ズームレンズと、単焦点レンズ。

二つを持っていきましたが、

素人のテンチョの結論では、屋外では、標準ズームレンズ。
屋内では単焦点レンズの方が、良いようです。

今後も二つを持って遠出のお供にしたいと思います。


仕事はやはり今日も常連さんが。

城陽で、お茶の製茶をされている太田さまがご来店。

抹茶用のお茶を代々作られており、

自分の抹茶を赤楽や天目に入れて、写真を撮ると言うことで、

万ころの抹茶碗をお二つお買い上げ頂きました。

お土産に自分の畑でとれた夏野菜。ピーマンやおナスまで頂き、
有り難うございました。

明日はお彼岸なんで墓参りに夫婦で行き、その後、家族一同で食事に行く予定。

干支の器がどっさり入荷していますので、
明日も、頑張ります。


2012年09月16日(Sun)▲ページの先頭へ
霊山観音 萩の鑑賞会
tn_2012-09-16 11.58.05.jpg

今年も霊山観音の萩の鑑賞会に行ってきました。

券を頂くので毎年行っております。

満開の萩の花を愛でて、お年寄りに混じって
助六寿司、おでん、福引きなどをして昼からビール片手に秋を満喫。

三連休の中休み、仕事疲れが吹っ飛びました。

連休とあってさすがに店番が忙しく、また清水寺の青龍会があったことから、
龍の画の大皿や長皿、小鉢などを沢山買い求める観光客が多く。

青龍様々の一日。

秋の観光シーズンがスタートしました。


帰宅した頃にはすっかり日が暮れていて、

日が短くなったと実感。

あとは暑さだけか、

家のポストには、関電からの電気ご使用量のお知らせ。
みたら、我が家の8月の使用量は前年比、−11%であった。

2012年の夏よ、我勝てり。我ながら、よう耐えた。

惜しくないから、
夏よ、早う去ってくれ。


keirou2.gif


2012年09月08日(Sat)▲ページの先頭へ
大出雲展
2012-09-08 14.24.53.jpg

今日はようやく昼から一息つけたので、見に行きたかった、京都国立博物館の大出雲展、見に行ってきました。

明日9日で会期終了なので、ギリギリでしたが、見に行けて良かったです。

先月末にはじめて出雲大社行き、巨大な注連縄や、うず柱を見知り。

かつて平安時代の出雲大社が、高さ50メートルにもなる、

まるで西洋建築のような高さに非常に興味を持ちました。


2012-09-08 14.52.50.jpg

写真が平安時代の出雲大社だそうで、清水寺もそうですが、
木造。金属の釘一本使わず、耐震性などの面でどうだったのか、
現存していないのが残念でなりません。

神話の国 出雲ってどんなところ?

古事記ってなに?

伝説の巨大神殿は?

土の中からみつかったのは?

大発見!大量の青銅器の謎は?

その答えがすべてありました。

500円の音声ガイドつきで見回って良かった!

本場まで行って、京都でもこの出雲展を見ることができ、
この夏の出雲詣で完結した気がしました。

keirou2.gif


2012年09月05日(Wed)▲ページの先頭へ
中国料理 食之源
こんばんは。
今日も夫婦の共闘はつづく。

悲しいことに
某有名飲料水会社のキャンペーンの景品のコンペに落ちてしまいました。

誰でも知っているお茶だよ~。

大手広告代理店のかたがテンチョの店の商品を推してくれてて、
さいごの量産のところで躓いた。

手仕事だし、仕方ないかなあと、、、

はなっから、うまい話は無いと期待していなかったけど、
身近な家族には話していて、残念。

こういった話があるだけ、来るだけ良いと思い、
テンチョの店を選んでくれた代理店の方に感謝しています。

後ろ振り向いている閑はない


今日はせっかく家族が揃ったので、近所の中華料理や行きました。

花益さんのとなりのお店。
中国人の山東省の煙台出身の夫婦が営んでいる店。

tn_2012-09-05 18.00.43.jpg
酢豚定食とか、青椒肉絲定食とか、日本人のなじみの中華料理がある。


でもいつもたべている中華と違う。

中国人が某中華料理チェーンの中華が中華料理じゃないというように、
中国人が認める中華の店。

味付けから、調味料から、ビールから店内の設えから中国なのである。
tn_2012-09-05 17.57.44.jpg

田舎で栄養があるからと最近作り始めたツルムラサキもあるのは笑ったが、もとは東南アジアの野菜。
粘っこい食感とニンニクがよく会う。



ここはリーズナブルでおすすめ。

店の奥さんにテンチョ、中国人と思われているようで、
中国語で矢継ぎ早に問いかけてくる。

調子の良いテンチョは、

店のお客さん紹介すると言ったら、
サービス券をくれましたが、

いつ紹介できるか、、
今度は とりあえず、弟夫婦を連れてきます。


2012年09月04日(Tue)▲ページの先頭へ
おかるのカレーうどん
CA3I0955.jpg


今日は両親が旅行に行っているので、家内がテンチョの仕事の手伝いに来てくれました。

本人はやる気があるのですが、テンチョの指導力の無さか、

なかなか上手く教えられず、

見ていて、焦れったく、自分でやった方が早い。

挙げ句の果てに、
教え方が論理的じゃないと、最初は順序立てて根気よく教えてと、

言われる始末。

反省。

ほんま、人に物を教えるって難しいですわ。

テンチョは永遠の丁稚です。


明日も来てくれるらしいので、

明日は服装をもうちょっとびしっとしろと言うと、

あんたのスネ毛ぼーぼーの短パン、つっかけの格好どうかと思うと

言われる始末。

(あほ、これは、テンチョの節電対策や、クールビズならぬ、テンチョビズだからいいの!!

と心では思いつつも口に出して言われず(T_T))

明日は
テンチョの近所のお店のひとみたく、
ポロシャツに、ズボンで

出直すと約束するのでした。


本人は頑張ったようなので、ご褒美にテンチョの知り合いのお店へ
連れていく。

祇園のうどんや、おかるさん。

ここは何を隠そう、テンチョの同級生のやっている店。

最近、良くテレビで登場する度に、Hくん、頑張っているんやあ、

と嬉しく拝見しているお店です。

カレーうどんが名物なんで、
テンチョは天カレーうどん 食べました。

京都ではほうぼう、あんかけうどんありますが、
ここのはあんかけ自体が美味しい。

葛餡にだしのうまみが凝縮されて最後の1滴まで飲みたくなるやさしい味。

天ぷらも一緒に食べるのがもったいないくらい上品な衣と海老のサイズ。

近所には権兵衛や常磐とか、うどんの激戦区ですが、
頑張って欲しいと、チラット厨房を覗いて帰るのでした。








2012年09月03日(Mon)▲ページの先頭へ
近藤 濶先生 遺作展
2012-09-02 14.43.50.jpg茶碗坂にある、近藤悠三記念館では、故近藤悠三の次男 近藤 濶先生 の遺作展が入場無料で開催されています。

5月に76歳でお亡くなりになられたそうで、直接、面識がございません。
清水小学校の校章を作ったひとの印象が強く、作風は悠三さんに似た染付の器のイメージ。

初めて、入らせて頂いた近藤悠三記念館。

店のお客様によく場所をお知らせはするのですが、灯台もと暗しといいましょうか今まで機会が無く。

世界最大の染付大皿。
4尺、120センチの大皿を見ることができて良かったです。

大きさは魅力。

白地に椿やザクロの大らかな絵付け。李朝の白磁の壺を思わせるなで肩のかたち。
民芸の青い染付が、のんびりとして時間の経つのを忘れさせてくれます。

細かく描き詰めた物をみているテンチョには新鮮でございました。

最後に俵屋吉富の悠さんのざくろの落雁や
五条大橋の時計塔のポストカード(鴨川と川沿いで揺れる柳の木で時の流れをイメージして、清水焼のタイルで表現した)を頂き、

芳名録に記帳すると、

親戚の谷口正典先生の名前がありましたので、
ああ、来られたんだなあと一礼して、帰って来ました。





2012年08月19日(Sun)▲ページの先頭へ
2012年の地蔵盆
今日は京都は地蔵盆。小学校の二学期制のせいか、いつもはこんな時期ではなかったと思いますが、店の町内では、本日はお地蔵盆です。

地蔵盆の朝は、近所の子供がみんな集まって大きな数珠を回して、
その後、お供えのお菓子を頂いたり、西瓜割りや金魚すくいをしたり、セミ取りや缶蹴り。

そのあと、みんなで旅行に行く。

当時(今から30年ほど前とは??ビックリ(>_<))は待ち遠しくて仕方有りませんでした。

今日のテンチョは、またも気もそぞろ、仕事どころでなし。

外孫も遊びに来ると言っていますので、朝から金魚すくいの網を作ったり、料理を作ったりしています。


2008年02月12日(Tue)▲ページの先頭へ
雪の三年坂界隈
雪の三年坂界隈
ご存じの通り、今年の2月9日は雪の日でした。三年坂界隈の様子を撮りましたのでご覧下さい。 雪の三年坂界隈
最高気温3度。吐く息のせいで、レンズが曇り、往生しました。 雪の三年坂界隈
とにかくこの日はスリップするクルマ、転ぶ人をよく見ました。 雪の三年坂界隈
店の前です。 雪の三年坂界隈
青龍苑の茶室です。 雪の三年坂界隈
店の前の興正寺別院参道。 雪の三年坂界隈
阪口の四つ角より三年坂をのぞむ。 雪の三年坂界隈
明くる朝が心配なので、融雪剤を巻きました。 雪の三年坂界隈
雪の三年坂界隈
雪の三年坂界隈
阪口の四つ角から二寧坂方面へ 雪の三年坂界隈
雪の三年坂界隈
再び興正寺別院の参道です。 雪の三年坂界隈
雪の三年坂界隈
このあと、左脇から霊山町へも歩いてみました。



2007年11月24日(Sat)▲ページの先頭へ
霊山界隈の秋
霊山界隈の秋
天気が良かったので東山の秋、特に霊山町界隈の秋をデジカメ片手に撮影してみました。 霊山界隈の秋
青龍苑、南側茅葺き門近くの紅葉。 霊山界隈の秋
興正寺別院を通って。 霊山界隈の秋
正法寺のてっぺんまで登ってみると、見慣れた景色もそこは。 霊山界隈の秋
霊山護国神社前。
龍馬の墓のあたりはここから見てても、いと素晴らしい紅葉が拝めると思うのですが、なにせ入場料がいるので入らず。(子供の頃はタダでした) 霊山界隈の秋
八坂さんの八つの坂の一つ、霊山坂をおりてきて。 霊山界隈の秋最後は、三年坂店前の真っ赤なドータンツツジ。

なにとぞ下のボタンを押して下さい。続ける糧となります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 美術ブログへ
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク この記事をクリップ!

サイト内検索はこちらから Google Custom Search


勤労感謝の日の産寧坂
勤労感謝の日の産寧坂
人・ひと・ヒト・・・・。
昨日勤労感謝の日は今年一番の人出でした。 勤労感謝の日の産寧坂
清水界隈に限らず、嵐山や東福寺もさぞすごい人出だろうと推し量られます。 勤労感謝の日の産寧坂
昼から好天に恵まれたせいか、ずっとこの調子。
(明石の事故のようにならないか危惧します) 勤労感謝の日の産寧坂
夜8時過ぎまで数珠繋ぎは続いていました。
しかしこうなると肝心の商売の方はあきませんね。

本日土曜日も引き続き、他府県からのヒトとクルマであふれかえることと思います。

なにとぞ下のボタンを押して下さい。続ける糧となります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 美術ブログへ
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク この記事をクリップ!

サイト内検索はこちらから Google Custom Search


2007年11月23日(Fri)▲ページの先頭へ
東山の秋 2007
東山の秋 2007
勤労感謝の日の早朝、雨に濡れた東山界隈の紅葉を散歩してみました。 東山の秋 2007
東山の秋 2007
東山の秋 2007
東山の秋 2007
興正寺別院。 東山の秋 2007
東山の秋 2007
建仁寺。 東山の秋 2007
東山の秋 2007
円山公園界隈。 東山の秋 2007
東山の秋 2007
東山の秋 2007東山の紅葉、今盛りなり。 東山の秋 2007
祇園閣。 東山の秋 2007
東山の秋 2007
さてと仕事しよう。今日からはじまる三連休、東大路沿いはいつも以上に交通規制がされるようです。

なにとぞ下のボタンを押して下さい。続ける糧となります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 美術ブログへ
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク この記事をクリップ!

サイト内検索はこちらから Google Custom Search


2007年11月13日(Tue)▲ページの先頭へ
山村 美紗追想展 【山村 巍油彩画展】


山村 巍先生の今秋の地元京都での個展のご案内です。

場所は 三年坂の忘我亭さんで、一週間ほどの会期です。

サスペンス赤い霊柩車シリーズ
作者の在りし日の姿を夫が描く生活肖像画
山村 美紗追想展
  【山村巍油彩画展】
2007年12月1日(土)〜8日(土)
am 11:00〜pm6:00(最終日pm5:00迄)


妻、山村美紗は、執筆に疲れるとしばしば忘我亭の喫茶室を訪れ、憩いのひとときを過ごしておりました。この度その思い出の場所に、夫の私が描いた妻の絵姿を展示させて頂けるはこびとなりました。
拙い作品ですが、是非ご高覧頂きたくご案内申し上げます。

山村 巍


2007年10月16日(Tue)▲ページの先頭へ
東山の秋、深まる。
東山の秋、広がる。昨日は快晴でしたので店の前の興正寺を散歩しがてら東山の小さな秋を探してみました。 東山の秋、広がる。興正寺別院の参道のいま。楽しませてもらったあの桜並木も葉をすっかり落としています。 東山の秋、広がる。最後の一葉。 東山の秋、広がる。紅葉の色づきもここ東山ではまだ兆しがありません。 東山の秋、広がる。快晴なり。 東山の秋、広がる。目に青葉、秋ほととぎす。 東山の秋、広がる。酔芙蓉の盛り終息す。 東山の秋、広がる。 彼岸花のお彼岸。 東山の秋、広がる。 霊山町の方へ行くと山村先生の家ではたくさんの胡蝶蘭が飾ってありました。 東山の秋、広がる。イギリス風B&Bゲストハウス、三塔庵前にて。 東山の秋、広がる。石段に椿の絵が目印です。 東山の秋、広がる。東山の隠れた紅葉の名所、霊山正法寺へ昇ってみました。 東山の秋、広がる。急な階段を駆け上がると境内は自然の宝庫です。 東山の秋、広がる。見落としそうなほどのミズヒキ。

細長い茎に小さな花をまばらにつけ、花を上から見ると赤く、下から見ると白く見えるので、紅白の水引にたとえてこの名がついたそうです。 東山の秋、広がる。こちら椿科の花。 東山の秋、広がる。東山の萩、終焉近し。 東山の秋、広がる。秋の波紋、市中へ広がっていくのがここからだとよく解りました。 東山の秋、広がる。東山のイヌタデ。 東山の秋、広がる。孤高のススキ、屹立して立つ。 東山の秋、広がる。南天の実色づき始める。 東山の秋、広がる。 東山の秋、広がる。こちら山藤さん。(阪神の2007年は終わりました、あとは京都サンガです) 東山の秋、広がる。ドングリの実です。 東山の秋、広がる。実は高所では紅葉の葉も少しずつ色づき始めていました。 東山の秋、広がる。秋の花々も終わりになってきて、いろんな花風景がありましたヨ。 東山の秋、広がる。 おまけ
大石橋の上に広がる巨大鱗雲を見ました。

明日は京都の秋から田舎の秋へ
妻の実家で、稲刈りや黒豆の収穫を手伝う予定です。

なにとぞ下のボタンを押して下さい。続ける糧となります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 美術ブログへ
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク この記事をクリップ!

サイト内検索はこちらから Google Custom Search


2007年09月13日(Thu)▲ページの先頭へ
米朝一門落語会
安井金比羅宮落語好きの方に吉報です。

東山の安井にある安井金比羅さんで偶数月に密かに米朝一門落語会が開かれています。 来月10月は3日だそうで午後6時から出演者は7〜8人、約2時間半の予定です。

料金は一般1500円、会員1200円です。
毎回100人を超える盛況らしいです。

なにとぞ下のボタンを押して下さい。続ける糧となります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 美術ブログへ
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク この記事をクリップ!

サイト内検索はこちらから Google Custom Search


東山花灯路2008
東山花灯路2008

少し早いですが、2008年度の花灯路の日程が決まっておりますので、紹介させて頂きます。

京都・東山花灯路2008
期間 平成20年度3月14日(金)〜23日(日)
点灯時間 午後6時から午後9時半


法観寺、八坂の塔の前が写っています。

ぜひ、東山、ほのかに照らす夢見月をご覧にいらしてください。

ご意見、ご感想はこちらへありがとうございます。

サイト内検索はこちらから Google Custom Search


2007年09月04日(Tue)▲ページの先頭へ
1976年9月4日
昭和の三年坂昭和50年の文化財保護法の改正によって伝統的建造物群の制度が発足し、城下町、宿場町、門前町など全国各地に残る歴史的な集落、町並みの保存が図られるようになりました。

そして今から31年前の昭和51年9月4日、西暦1976年9月4日、日本の文化財保護法第144条に基づき、第一期 重要伝統的建造物群保存地区に産寧坂地区が指定を受けました。
現在は日本に81地区の伝建地区があります。 平成の三年坂この国の伝建地区も更に4年前の昭和47年、京都市が「京都市市街地景観条例」によって定めた『特別保全修景地区』が元となっています。

産寧坂地区
清水寺,高台寺,八坂神社などの社寺を巡る道沿いに築かれた町並みで、店舗や住宅が混在して建ちならび、石段や石畳などが京都らしさを伝える。平成8年に近代の住宅地が加えられ、静かな路地空間を残している。


産寧坂以外の第一期選定地区は以下の通りです。

角館 秋田県・妻籠宿 長野県 ・荻町 岐阜県 ・祇園甲部 京都府 ・堀内地区 山口県 ・平安古地区 山口県

なにとぞ下のボタンを押して下さい。続ける糧となります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 美術ブログへ
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク この記事をクリップ!

サイト内検索はこちらから Google Custom Search


2007年08月28日(Tue)▲ページの先頭へ
『おもいッきりテレビ』の撮影
『おもいッきりテレビ』の撮影昨日は三年坂と弊店で日本テレビの『おもいッきりテレビ』という番組の撮影がありました。 『おもいッきりテレビ』の撮影「きょうは何の日?」と言うコーナーの中で取り上げられるらしく、三年坂がメインで、弊店はその中のチョイ役です。
放送時間は10分ほども開店から閉店まで密着、長時間撮影されていました。 『おもいッきりテレビ』の撮影担当のディレクターとサブの方の後ろ姿です。 『おもいッきりテレビ』の撮影店の中だけでなく、家の中庭やすみずみまで。
ご飯を食べているところも撮らせて欲しいと云われましたが、それは堪忍して頂きました。 『おもいッきりテレビ』の撮影放送が決まりましたら詳しい時刻をお伝えします。
ちなみに『おもいッきりテレビ』の小さな「っ」はカタカナの「ッ」だそうです。

ご意見、ご感想はこちらへありがとうございます。



なにとぞ下のボタンを押して下さい。続ける糧となります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 美術ブログへ
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク この記事をクリップ!

サイト内検索はこちらから Google Custom Search


2007年08月18日(Sat)▲ページの先頭へ
沙羅双樹の花の色?
興正寺別院の沙羅双樹2007年夏、産寧坂の興正寺別院の参道に平家物語で有名な夏ツバキ、沙羅双樹の木が3本植えられました。 興正寺別院の沙羅双樹こちらがその沙羅双樹です。将来、花がポトポト落ちる事を考てか廻りを空けてあります。いつか妙心寺の東林院のように産寧坂の新たな名物になることでしょう。 興正寺別院のさるすべり盛者必衰の理をあらわす沙羅双樹の花、やはり向かい側に咲く百日紅と同じく白色をつけるのでしょうか?はやくも花が咲く刻に思いをはせております。

なにとぞ下のボタンを押して下され。続ける糧となります。
↓↓↓↓↓↓
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク この記事をクリップ!

サイト内検索はこちらから Google Custom Search
ご意見・ご感想はこちらへありがとうございます。




2007年07月19日(Thu)▲ページの先頭へ
スマイルバーガー
スマイルバーガー京都で密かに話題のスマイルバーガーようやく食べれました。

山科が本店だそうですが、場所は7月1日OPENしたばかりの清水寺店にてゲット、テレビ放送の影響か、祇園祭かで今日まで完売御礼の札がかかっていました。 スマイルバーガーひとつ950円とはちと高すぎると聞いてましたが、ジュースとポテチが付いて箱入りですのでそんなに高くはないような。

モスバーガー以上に長く待つこと15分、それは某社のメガマックの2倍の大きさ。食べ終えるのにはフォークとナイフが必要でした。 スマイルバーガーモデルは社長がサンタモニカで出合って感動した古き良きアメリカを思わせるハンバーガーとのことです。バンズにはsmaileの焼き印、高級レストランで使用している牛肉100%のハンバーグ190グラムのパティが違いがわかる人には解るとか。

ちなみここのハンバーガー20歳未満の方には販売して頂けません。 同伴の大人の方がいれば購入できるそうですが、あくまでも 「大人のバーガー」として販売されるそうです。

おやじに産まれて良かった。


京焼・清水焼専門店〜京の器や・夕庵〜



なにとぞ下のボタンを押して下され。続ける糧となります。
↓↓↓↓↓↓






2007年07月07日(Sat)▲ページの先頭へ
生息確認
東山に生息するコクワガタ七夕の日のちょっと嬉しい話。

今朝、店の前でうっかりすると見落としそうな程小さいクワガタムシを発見。あごの形から記憶を辿るとコクワガタでしょうか。

つい小学校の頃、家の前の興正寺さんから清水寺のお墓あたりを毎朝、ゲンジ捕りに出かけていたのを思い出しました。

(ゲンジはクワガタの地方名、ちなみにミヤマクワガタをバケ、ノコギリクワガタをキソウとこの地域の人は呼んでいた、中でもベタと呼んだヒラタクワガタが一番好きです) コクワガタいまではニックなどのホームセンターで海外のクワガタを買う時代になりましたが、20年前、小学生の私は東山でクワガタをたんまり捕っては飼い、それでも飽きたらず、祇園祭や六道さんの露店でも親にねだってはクワガタを買ってもらっていました。(クワガタを売る露店もいつの頃からか消えてなくなりましたが)

田舎ではいくらでもいますが、生まれ育った京都東山のクワガタは別格なんです。
撮影後、山のほうへ速やかに逃がしてやりました。


京焼・清水焼専門店〜京の器や・夕庵〜



なにとぞ下のボタンを押して下され。続ける糧となります。
↓↓↓↓↓↓






2007年06月03日(Sun)▲ページの先頭へ
幻の京薩摩展 −清水三年坂美術館−
幻の京薩摩展 −清水三年坂美術館−ご近所の清水三年坂美術館で始まった幻の京薩摩展をさきほど見てきました。

ポスターに100年ぶりに里帰りした名品を公開とありますように初めて見るものが多く、いままで見た中で錦光山宗兵衛究極の展示会である気がします。 幻の京薩摩展 −清水三年坂美術館−驚いたのは京薩摩と呼ぶものは何も京都で作られた薩摩風の焼き物に限っていないんだそうで、横浜や大阪で作られたものも薩摩焼と区別する意味で京薩摩と呼ぶそうです。(ということは大阪の藪明山も京薩摩にあたるのでは?) 幻の京薩摩展 −清水三年坂美術館−京焼陶芸における細密技術ここに極まれり。

ルーペが一つ一つの作品に置いてあり、そこから見える景色は溜息の連続です。

京の七口の一つ粟田口で焼かれた粟田焼、今でこそ絶滅していますが、明治期の万国博覧会のときには錦光山窯ひとつでお抱えの職人200人いたそうです。

優れた芸術には、良い物を作るには 金と時間と人手がかかるのを再認識した展示会でした。
グローバル化の波が押し寄せ、人権にうるさい昨今ではもう許されない話ですが。


京焼・清水焼専門店〜京の器や・夕庵〜



なにとぞ下のボタンを押して下され。続ける糧となります。
↓↓↓↓↓↓







2007年05月31日(Thu)▲ページの先頭へ
夏の刻、三年坂界隈の自然
夏の刻、三年坂界隈の自然今日は店のまわり、三年坂界隈の自然です。 夏の刻、三年坂界隈の自然早朝、また近所を散策して目についた自然の実りを撮影しました。 シロツメグサの花松の切り株を植木鉢代わりにして咲くクローバー。 シロツメグサの花シロツメグサの花。 夏の刻、三年坂界隈の自然シロツメグサの花その2。種類によって、黄色とピンクがあるようです。 夏の刻、三年坂界隈の自然春蘭。 夏の刻、三年坂界隈の自然芝桜に似てさにあらず。 夏の刻、三年坂界隈の自然野生の薔薇。 夏の刻、三年坂界隈の自然懐かしいヘビイチゴ。 夏の刻、三年坂界隈の自然だれも気にも留めない桜の実。 夏の刻、三年坂界隈の自然しかも豊作。 夏の刻、三年坂界隈の自然店の前にある梅の木。 夏の刻、三年坂界隈の自然梅干しは樹の上で染まらず。 夏の刻、三年坂界隈の自然楊梅こぼれた。 三年坂のしだれ桜最後は三年坂のしだれ桜。現在はユッサユッサと葉を垂らしています。 夏の刻、三年坂界隈の自然早朝から大量のマイナスイオンを頂きました。

別に田舎へ行かずとも三年坂界隈でも豊かな自然を十分楽しますが、田舎には田舎の良さがあるのを知っています。

京焼・清水焼専門店〜京の器や・夕庵〜



なにとぞ下のボタンを押して下され。続ける糧となります。
↓↓↓↓↓↓







2007年05月22日(Tue)▲ページの先頭へ
五月晴れの東山
五月晴れの東山本日は今年一番の快晴なり。
雲一つ無き五月晴れの早朝、その青さついに天を突き抜けたかのよう。早朝、東山界隈を散歩に出かけました。 五月晴れの東山こちら霊山坂。坂の上の雲はなし。 五月晴れの東山三塔庵近く、この石垣を見る度に杜甫の世界を思う。 五月晴れの東山青龍苑。その先に続く草庵茶室へ続く茅葺きの門。 五月晴れの東山霊山にある高級マンション、グランフォルム清水別邸。青空に白壁が冴える。 五月晴れの東山西村京太郎さんと山村美紗さんの家。主留守ども、皐月晴れの陽光は降り注ぐ。 五月晴れの東山 七味家さんの工場あたり。東山三十六峰の霊山の青空。 五月晴れの東山 いつもの霊山正法寺を登ってみたり。 五月晴れの東山杉の木の大木から2007年皐月晴れの京を眺める。 五月晴れの東山西の空へ遠くへ行くほど青みがます。どこまでも続く蒼、碧、葵。 五月晴れの東山 続いて維新の道を上って。かつてここまで青かったことがあろうか。 五月晴れの東山八坂さん、そのむこうに本願寺の御影堂がくっきり浮かぶ。 五月晴れの東山 霊山観音。いつもにまして微笑んでる気がした。 五月晴れの東山これぞまさに森林浴 五月晴れの東山昭和の杜。目に青葉、時皐月にして草木深し。 五月晴れの東山そして霊山護国神社。
戦没者の尊い犠牲と引き替えに今日の青空があることを私は知っています。

京焼・清水焼専門店〜京の器や・夕庵〜



なにとぞ下のボタンを押して下され。続ける糧となります。
↓↓↓↓↓↓






2007年05月13日(Sun)▲ページの先頭へ
竹久夢二寓居跡
竹久夢二寓居跡二寧坂にある竹久夢二寓居跡の石碑です。

 明治末から昭和初期にかけて活躍した画家であり詩人である竹久夢二が夢二が愛憎のもつれから京都に逃れ着き、生涯の中で最も愛した女性といわれている笠井彦乃が追いかけて来るまでの数ヶ月間をすごした下宿がここにありました。
竹久夢二寓居跡その現在は夢二の専門店港屋に変わっています。大正6年に、竹久夢二が恋人 彦乃と共に暮らした思い出の 場所に建つ夢二の店です。 竹久夢二寓居跡竹久夢二寓居跡 以下は駒札より引用

明治、大正、昭和の三代にわたり、波乱の人生を送った不世出の詩人、画家・竹久夢二は、大正3年秋頃、笠井彦乃と出会い、運命的な恋におちた。彦乃は、東京日本橋の紙問屋の一人娘であり、彼女を愛する父親は、後継者であった娘の恋に反対であった。  大正4年に結ばれた2人は互いに「山」「川」と呼び合いつつ、人目を忍ぶ逢瀬を重ね、ついには大正5年、京都に逃れた夢二を彦乃が追うようにして訪れ、短くも至福の日々をこの地で送った。夢二には、彦乃が訪れるまでの数ヶ月をこの家で過ごしている。

京焼・清水焼専門店〜京の器や・夕庵〜



なにとぞ下のボタンを押して下され。続ける糧となります。
↓↓↓↓↓↓






2007年03月25日(Sun)▲ページの先頭へ
三年坂の桜開花す。
三年坂の桜 昨日から降り続いた雨も上がり、傘立てを店の奥に仕舞おうと三年坂に目を向けるとしだれ桜が咲き出していました。 三年坂の桜明保野亭の前のイトザクラ、さすがに立ち止まって撮影している人はいませんでしたが、 三年坂の桜 見上げるともうこんなに咲いています。 産寧坂の桜 すっかり暖かくなり、京の桜いよいよ始動のよう。

京焼・清水焼専門店〜京の器や・夕庵〜



なにとぞ下のボタンを押して下され。続ける糧となります。
私の順位は?見ちゃダメ。
↓↓↓↓↓↓







2007年03月23日(Fri)▲ページの先頭へ
128万人
東山花灯路 今年の東山花灯路の来場者が前年より23%多い
128万3000人。
過去最高を更新したのを先ほど耳にしました。

主催者発表によれば、

来場者総数は4年連続で100万人を超え、前年に比べて約2割増だった。内訳では、10−15日の1日平均7万6500人に対して、16−21日が同13万7300人と、後半に人出が伸びた。17日と21日には20万人を超えるなど、後半にかけて晴れの日が多くなり、寒さや雨天の続いた前半の低調さをカバーした。

と云われています。

寒くて例年に比べ人出の少なかった感がありましたが、主催者発表の128万人、意外な結果です。

京焼・清水焼専門店〜京の器や・夕庵〜



なにとぞ下のボタンを押して下され。続ける糧となります。
私の順位は?見ちゃダメ。
↓↓↓↓↓↓







2007年03月21日(Wed)▲ページの先頭へ
京都・東山花灯路2007 本日21日で終了
京都・東山花灯路2007三年坂の前 花冷えに申し合わせたかのようだった今年の花灯路も、春分の日、本日21日でいよいよ終了です。

はんなりした灯りに照らされる寺と東山界隈の白壁や土塀、石畳、それに華を添える協賛事業の数々。

花灯路は昼間の京都東山では知り得ない世界が広がるこの期間独特の京情緒あふれる夜の行事です。

来年この時期まで東山花灯路はありませんので、是非この機会にお越し下さい。

京焼・清水焼専門店〜京の器や・夕庵〜



なにとぞ下のボタンを押して下され。続ける糧となります。
私の順位は?見ちゃダメ。
↓↓↓↓↓↓






2007年03月19日(Mon)▲ページの先頭へ
文化財建造物保存技術研修センターの案内板
文化財建造物保存技術研修センター 清水寺の参道へ向かう途中、市営駐車場入り口までの三叉路に新しく文化財建造物保存技術研修センターの案内板が建てられているのに気が付きました。 文化財建造物保存技術研修センターセンターは清水道をのぼってくるとこの案内板左に折れたタイムスすぐ横にあります。 文化財建造物保存技術研修センターこの案内板、よくみると屋根も檜皮葺(ひわだぶき)にするこだわり様でした。

京焼・清水焼専門店〜京の器や・夕庵〜



なにとぞ下のボタンを押して下され。続ける糧となります。
私の順位は?見ちゃダメ。
↓↓↓↓↓↓






1 2 3    全67件


Facebookはじめました。良かったらいいねボタン。押して下さい。

創業安政2年(1855年)
これからも時を重ねて育まれた京焼・清水焼ならではの雅な意匠と、職人の手技を次の世代に伝えて行きたいと思います。

松韻堂
京都市東山区清水3−319
TEL
075-561-8520


営業時間 9:00〜17:00

定休日 無休

松韻堂の商品買うなら、
松韻堂本店サイトへ。
こちらもよろしくおねがいします。

松韻堂 Yahoo!店

松韻堂 楽天市場店

●松韻堂の地図


新着トラックバック/コメント

清水焼のメルマガ

メルマガ登録はこちらから

登録だけでプレゼント

毎月自動エントリー♪♪


※関連サイト※

京焼清水焼用語集

松韻堂お客様の声

松韻堂店長日記

三年坂窯 作陶日誌

新着・再入荷情報

京都人による東山案内

カレンダ
2017年12月
         
15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アーカイブ
2005年 (162)
10月 (18)
11月 (64)
12月 (80)
2006年 (959)
1月 (77)
2月 (56)
3月 (61)
4月 (68)
5月 (94)
6月 (40)
7月 (90)
8月 (74)
9月 (91)
10月 (114)
11月 (97)
12月 (97)
2007年 (1115)
1月 (90)
2月 (46)
3月 (77)
4月 (68)
5月 (62)
6月 (96)
7月 (86)
8月 (126)
9月 (95)
10月 (102)
11月 (162)
12月 (105)
2008年 (389)
1月 (212)
2月 (155)
3月 (2)
4月 (3)
6月 (2)
7月 (1)
8月 (5)
9月 (7)
10月 (2)
2009年 (5)
5月 (3)
9月 (2)
2010年 (1)
5月 (1)
2012年 (78)
8月 (20)
9月 (35)
10月 (23)

アクセスカウンタ
今日:641
昨日:3,118
累計:8,730,868