可盃−遊びのぐいのみ−

清水焼の可盃のような遊びのぐいのみを紹介します。




[PR]



2007年03月12日(Mon)
可盃−遊びのぐいのみ−
遊びのぐいのみ清水焼の遊びのぐいのみを紹介します。 有名な可盃(べくはい)こと遊びのぐいのみは、江戸時代に登場。
盃の底にある穴を指で押さえて飲み、飲み干すまで盃は置けないというものです。 遊びのぐいのみ よくお客さまでも仕掛けのついた珍しい盃を探されている方にお会いします。例えば、笛が着いて音が鳴るとか、酒を入れると春画が透けて見える等。

しかし清水焼の遊びのぐいのみは 空穴(そらきゅう)か可盃(べくはい)のどちらかです。(京都は一貫して手仕事でやっています故)

ちなみに空穴(そらきゅう)は高台がとんがって転がる盃のことでそらっとだされたら一気にきゅっと飲み干すところからそう名付けられています。
遊びのぐいのみ 可盃はこうやって横穴を指で塞いで飲まないと穴から酒がこぼれ出します。

手が汚くて申し訳ありません。プリンタのインクが取れないのです。そのうち画像差し替えさせて頂きます。 遊びのぐいのみ この遊びのぐいのみの絵付けはこんな珍しい雰囲気。古くささを感じます。多分、ペンペン草を抽象化させてるのでしょう。 遊びのぐいのみ斜めにぴゅーんと伸びた草花模様の絵付けが爽快です。
もちろん京都は一つ一つがロクロびき、手描きでやっております。 遊びのぐいのみこの可盃(べくはい)も空穴(そらきゅう)も共にとおくは酒豪大国 九州、四国方面から京都へ入ってきたんだそうです。

寸法 直径5cm 高さ5.3cm 重さ65g

京焼・清水焼専門店〜京の器や・夕庵〜



なにとぞ下のボタンを押して下され。続ける糧となります。
私の順位は?見ちゃダメ。
↓↓↓↓↓↓







   


Facebookはじめました。良かったらいいねボタン。押して下さい。

創業安政2年(1855年)
これからも時を重ねて育まれた京焼・清水焼ならではの雅な意匠と、職人の手技を次の世代に伝えて行きたいと思います。

松韻堂
京都市東山区清水3−319
TEL
075-561-8520


営業時間 9:00〜17:00

定休日 無休

松韻堂の商品買うなら、
松韻堂本店サイトへ。
こちらもよろしくおねがいします。

松韻堂 Yahoo!店

松韻堂 楽天市場店

●松韻堂の地図


新着トラックバック/コメント

清水焼のメルマガ

メルマガ登録はこちらから

登録だけでプレゼント

毎月自動エントリー♪♪


※関連サイト※

京焼清水焼用語集

松韻堂お客様の声

松韻堂店長日記

三年坂窯 作陶日誌

新着・再入荷情報

京都人による東山案内

カレンダ
2007年3月
       
12

アーカイブ
2005年 (162)
10月 (18)
11月 (64)
12月 (80)
2006年 (959)
1月 (77)
2月 (56)
3月 (61)
4月 (68)
5月 (94)
6月 (40)
7月 (90)
8月 (74)
9月 (91)
10月 (114)
11月 (97)
12月 (97)
2007年 (1115)
1月 (90)
2月 (46)
3月 (77)
4月 (68)
5月 (62)
6月 (96)
7月 (86)
8月 (126)
9月 (95)
10月 (102)
11月 (162)
12月 (105)
2008年 (389)
1月 (212)
2月 (155)
3月 (2)
4月 (3)
6月 (2)
7月 (1)
8月 (5)
9月 (7)
10月 (2)
2009年 (5)
5月 (3)
9月 (2)
2010年 (1)
5月 (1)
2012年 (78)
8月 (20)
9月 (35)
10月 (23)

アクセスカウンタ
今日:59
昨日:1,048
累計:8,638,183