清水焼の高砂人形〜尉と姥〜

清水焼の高砂人形〜尉と姥(じょうとんば)〜を紹介します。




[PR]



2006年08月13日(Sun)
清水焼の高砂人形〜尉と姥〜
清水焼の高砂人形〜尉と姥〜 清水焼のじょうとんばことお目出度い高砂人形を紹介します。大黒天や布袋尊なども含めた縁起物の人形は時代の流れか以前ほど売れなくなりました。

その中でもまだ密かに売れ続けている人形が尉と姥です。余談ですが「尉と姥」はじょうとうばと読むところを関西人はじょうとんばと発音します。京都では尉(男)が右で尉(女)を左に置くのが普通です。 清水焼の高砂人形〜尉と姥〜 関西では結納品として使われる高砂人形はお互い年をって白髪になっても夫婦中睦まじく暮らそうとの意味が込められています。床の間や玄関に飾ることで夫婦の円満・健康長寿・無病息災の幸せをもたらします。 清水焼の高砂人形〜尉と姥〜 高砂人形のルーツは有名な能の演目にあります。一番能、高砂(たかさご) は世阿弥作の夢幻能です。兵庫県にある相生の松によせて夫婦愛と長寿を愛で、人世を祝う大変目出度い能の1つです 清水焼の高砂人形〜尉と姥〜 ある清水焼の作家さんに作って頂いてます。鋳込んで作った陶体の人形には渋いマット調の緑の釉薬とこれまた白マットの釉薬を掛け分けて色つけされています。 清水焼の高砂人形〜尉と姥〜新婚さんのプレゼントに、またご夫婦の結婚記念(銀婚式・金婚式)のお祝いの品としてもどうぞお使い下さい。
清水焼の高砂人形〜尉と姥〜 8,800円  購入数


京焼・清水焼専門店〜京の器や・夕庵〜









ブログランキング参加中。ワンクリックお願いいたします。
↓↓↓↓↓↓





   


Facebookはじめました。良かったらいいねボタン。押して下さい。

創業安政2年(1855年)
これからも時を重ねて育まれた京焼・清水焼ならではの雅な意匠と、職人の手技を次の世代に伝えて行きたいと思います。

松韻堂
京都市東山区清水3−319
TEL
075-561-8520


営業時間 9:00〜17:00

定休日 無休

松韻堂の商品買うなら、
松韻堂本店サイトへ。
こちらもよろしくおねがいします。

松韻堂 Yahoo!店

松韻堂 楽天市場店

●松韻堂の地図


新着トラックバック/コメント

清水焼のメルマガ

メルマガ登録はこちらから

登録だけでプレゼント

毎月自動エントリー♪♪


※関連サイト※

京焼清水焼用語集

松韻堂お客様の声

松韻堂店長日記

三年坂窯 作陶日誌

新着・再入荷情報

京都人による東山案内

カレンダ
2006年8月
   
13
   

アーカイブ
2005年 (162)
10月 (18)
11月 (64)
12月 (80)
2006年 (959)
1月 (77)
2月 (56)
3月 (61)
4月 (68)
5月 (94)
6月 (40)
7月 (90)
8月 (74)
9月 (91)
10月 (114)
11月 (97)
12月 (97)
2007年 (1115)
1月 (90)
2月 (46)
3月 (77)
4月 (68)
5月 (62)
6月 (96)
7月 (86)
8月 (126)
9月 (95)
10月 (102)
11月 (162)
12月 (105)
2008年 (389)
1月 (212)
2月 (155)
3月 (2)
4月 (3)
6月 (2)
7月 (1)
8月 (5)
9月 (7)
10月 (2)
2009年 (5)
5月 (3)
9月 (2)
2010年 (1)
5月 (1)
2012年 (78)
8月 (20)
9月 (35)
10月 (23)

アクセスカウンタ
今日:776
昨日:1,048
累計:8,638,900