陶楽作大文字夏茶碗

清水焼森里陶楽作大文字平茶碗を紹介します。




[PR]



2006年08月12日(Sat)
陶楽作大文字夏茶碗
清水焼森里陶楽作大文字平茶碗 清水焼の大文字絵の平茶碗(夏茶碗)を紹介します。花三島で有名な森里陶楽さんの茶碗で京焼らしい豪華な色絵が映えるように仁清土を使っています。
ここだけの話、意外とあるようで無いのがこの大文字の描かれた茶碗です。 清水焼森里陶楽作大文字平茶碗 内側の見込みの絵付けです。縁に緑と青で描いた3つの山々に金彩で大文字の大の字が描かれています。あえて寂しいくらいの絵付けにして外側の絵付けへ導線を引いています。 清水焼森里陶楽作大文字平茶碗 外側の絵付けが豪華です。最も手間がかかると言われる赤地金襴手の技法を使っています。赤絵の地で踊る本金の細い線やぼかしが綺麗です。
描かれた赤い橋は五条大橋でしょうか。鴨川にかかる橋です。

ちょうど、茶碗斜め上の角度から見ると橋の上から大文字を見るように見えます。あえて橋を大きく、大文字を小さく。構図が秀逸です。 清水焼森里陶楽作大文字平茶碗赤い橋の両脇に描かれた白青の波濤です。盛り上がった白と浅黄はいかにも京焼の抹茶碗らしいです。 清水焼森里陶楽作大文字平茶碗 お精霊(おしょらい)さんが帰らはる。 夏の夜空に燃え盛る五山の送り火は、京都の夏の風物詩としてあまりにも有名です。


陶歴 森里陶楽

初代陶楽から仁清茶陶の技術を継承した感性を元に、朝鮮三島を京都で生れ育って備わった物作りの想が、独自の三島手の表現のしかたで、京焼・清水焼の伝統工芸士の称号を受ける。また労働大臣より卓越技能者(現代の名工)の表彰を受け、翌年には勲六等瑞宝章叙勲を受ける。

京焼・清水焼専門店〜京の器や・夕庵〜









ブログランキング参加中。ワンクリックお願いいたします。
↓↓↓↓↓↓













   


Facebookはじめました。良かったらいいねボタン。押して下さい。

創業安政2年(1855年)
これからも時を重ねて育まれた京焼・清水焼ならではの雅な意匠と、職人の手技を次の世代に伝えて行きたいと思います。

松韻堂
京都市東山区清水3−319
TEL
075-561-8520


営業時間 9:00〜17:00

定休日 無休

松韻堂の商品買うなら、
松韻堂本店サイトへ。
こちらもよろしくおねがいします。

松韻堂 Yahoo!店

松韻堂 楽天市場店

●松韻堂の地図


新着トラックバック/コメント

清水焼のメルマガ

メルマガ登録はこちらから

登録だけでプレゼント

毎月自動エントリー♪♪


※関連サイト※

京焼清水焼用語集

松韻堂お客様の声

松韻堂店長日記

三年坂窯 作陶日誌

新着・再入荷情報

京都人による東山案内

カレンダ
2006年8月
   
12
   

アーカイブ
2005年 (162)
10月 (18)
11月 (64)
12月 (80)
2006年 (959)
1月 (77)
2月 (56)
3月 (61)
4月 (68)
5月 (94)
6月 (40)
7月 (90)
8月 (74)
9月 (91)
10月 (114)
11月 (97)
12月 (97)
2007年 (1115)
1月 (90)
2月 (46)
3月 (77)
4月 (68)
5月 (62)
6月 (96)
7月 (86)
8月 (126)
9月 (95)
10月 (102)
11月 (162)
12月 (105)
2008年 (389)
1月 (212)
2月 (155)
3月 (2)
4月 (3)
6月 (2)
7月 (1)
8月 (5)
9月 (7)
10月 (2)
2009年 (5)
5月 (3)
9月 (2)
2010年 (1)
5月 (1)
2012年 (78)
8月 (20)
9月 (35)
10月 (23)

アクセスカウンタ
今日:507
昨日:3,118
累計:8,730,734