春晃作染付槍梅ぐいのみ

五条坂の清水焼窯元伊藤春晃作の染付槍梅ぐいのみを紹介します。




[PR]



2006年07月24日(Mon)
春晃作染付槍梅ぐいのみ
清水焼窯元伊藤春晃作の染付槍梅ぐいのみ 五条坂の清水焼窯元伊藤春晃作の染付ぐい呑みを紹介します。描かれた梅の花と槍のように伸びる枝を組み合わせた槍梅の意匠は、陶磁器に限らず、襖絵や着物などあらゆる伝産品に描かれています。 清水焼窯元伊藤春晃作の染付槍梅ぐいのみ もともとこの絵柄は汲出碗に描かれていましたが、ご無理を言って酒器揃えにも描いて頂きました。

簡単そうに見えますが非常に手間と根気の要る仕事です。写真のような骨描きとの狭い隙間をダミで埋める作業は考えただけでゾッとします。 清水焼窯元伊藤春晃作の染付槍梅ぐいのみ 高台のない掌に収まりやすいぐいのみの形状は微妙にまん丸ではありません。三方から叩いてへこみを付けることで造形に面白みを与えています。 清水焼窯元伊藤春晃作の染付槍梅ぐいのみ ぐいのみの縁に描かれた同じ槍梅の絵柄です。こだわって濃いダミ呉須を使った絵付けは窯では濃み梅(だみうめ)ともよんでいます。 清水焼窯元伊藤春晃作の染付槍梅ぐいのみ 碁笥底高台の景色です。京焼磁器の場合、他産地と見分ける一つとして高台の加工があります。いくつもの段筋を入れたり、飛びカンナをあてたりする作業は京都独特の物があります。

裏側には平安春晃と書かれています。ちなみに平安とは器の産地、京都を表しています。
春晃作染付槍梅ぐいのみ 9,800円  購入数

陶歴 伊藤春晃

伊藤庄市
明治36年5月29日生
出身地 愛知県瀬戸市
大正7年 父幸太郎(晃山)とともに上京
昭和2年 初代 春晃

伊藤勲
昭和9年2月17日京都東山五条に生まれる
昭和27年京都市第2工業学校窯業科卒業
昭和27年父 春晃に師事
昭和55年2代春晃襲名
初代春晃の歴引を継ぎ、研究を重ね現在に至る

特に中国元・明時代の古染付、祥瑞、古赤絵筆の写しを秘技とする様制作に専念している。


京焼・清水焼専門店〜京の器や・夕庵〜









ブログランキング参加中。ワンクリックお願いいたします。
↓↓↓↓↓↓





   


Facebookはじめました。良かったらいいねボタン。押して下さい。

創業安政2年(1855年)
これからも時を重ねて育まれた京焼・清水焼ならではの雅な意匠と、職人の手技を次の世代に伝えて行きたいと思います。

松韻堂
京都市東山区清水3−319
TEL
075-561-8520


営業時間 9:00〜17:00

定休日 無休

松韻堂の商品買うなら、
松韻堂本店サイトへ。
こちらもよろしくおねがいします。

松韻堂 Yahoo!店

松韻堂 楽天市場店

●松韻堂の地図


新着トラックバック/コメント

清水焼のメルマガ

メルマガ登録はこちらから

登録だけでプレゼント

毎月自動エントリー♪♪


※関連サイト※

京焼清水焼用語集

松韻堂お客様の声

松韻堂店長日記

三年坂窯 作陶日誌

新着・再入荷情報

京都人による東山案内

カレンダ
2006年7月
           
24
         

アーカイブ
2005年 (162)
10月 (18)
11月 (64)
12月 (80)
2006年 (959)
1月 (77)
2月 (56)
3月 (61)
4月 (68)
5月 (94)
6月 (40)
7月 (90)
8月 (74)
9月 (91)
10月 (114)
11月 (97)
12月 (97)
2007年 (1115)
1月 (90)
2月 (46)
3月 (77)
4月 (68)
5月 (62)
6月 (96)
7月 (86)
8月 (126)
9月 (95)
10月 (102)
11月 (162)
12月 (105)
2008年 (389)
1月 (212)
2月 (155)
3月 (2)
4月 (3)
6月 (2)
7月 (1)
8月 (5)
9月 (7)
10月 (2)
2009年 (5)
5月 (3)
9月 (2)
2010年 (1)
5月 (1)
2012年 (78)
8月 (20)
9月 (35)
10月 (23)

アクセスカウンタ
今日:276
昨日:596
累計:8,774,384