京焼・清水焼

京都の伝統産業を三年坂窯元松韻堂がご紹介します。




[PR]



2007年12月29日(Sat)▲ページの先頭へ
真葛作 染付柳 盃
真葛作 染付柳
江戸時代から続く京焼の一つ、真葛焼 宮川香斎の染付柳 盃です。 真葛作 染付柳
真葛作 染付柳
真葛作 染付柳
真葛作 染付柳
真葛作 染付柳
真葛作 染付柳

◆商品番号 1126 真葛作 染付柳 盃
■食器洗浄機 電子レンジ OK
寸法 直径6.2cm×高さ3.5cm 重さ37g 木箱付
※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。
真葛作 染付柳 盃 24,000円  購入数
包装  
■3000円以上お買上で送料無料・代引手数料無料■
■午後2時までのご注文で翌日到着可能です。■
※北海道・沖縄・秋田・青森・離島など一部地域を除きます。
お支払い方法について
ラッピングについて
送料について

陶歴 宮川真葛

先代治平香斎
大正十一年三月九日東京に生まれる
旧姓 杉本三喜重(宮川治平香斎)
東京大空襲にて両親を亡くし、復員後母方の遠縁をたより、京都へ来る。
昭和二十一年十二月、四代永誉香斎の長女美津と結婚し宮川家に入籍する
昭和二十一年一月五日より父につれられて半床庵久田無適斎宗匠のもとへ
稽古に通う。 無適斎宗匠御逝去後、尋牛斎宗匠に御指導を仰ぎ、茶陶を制作する。
昭和四十七年(1972)香斎を襲名し、即中齋宗匠より真葛の印を頂戴し、作品に使用する。
平成十四年(2002)養子和男に代を譲り隠居し治平を名乗る。

当代
1944年 京都に生まれる
1970年 東京造形大学美術学部彫刻専攻卒業
1976年 京都の真葛窯に入り、以後五代目宮川香齋の補佐をする
2002年 一月 六代目宮川香齋を襲名する
同年  大徳寺僧堂龍翔寺嶺雲室高田明浦老師より真葛の印賜る 作品に使用する
商品のお問い合せはこちらへありがとうございます。



真葛作 赤絵 盃
真葛作 赤絵 盃
江戸時代から続く京焼の一つ、真葛焼 宮川香斎の赤絵盃です。 真葛作 赤絵 盃
真葛作 赤絵 盃
真葛作 赤絵 盃
真葛作 赤絵 盃
真葛作 赤絵 盃
真葛作 赤絵 盃

◆商品番号 1125 真葛作 赤絵 盃
■食器洗浄機 電子レンジ OK
寸法 直径5.2cm×高さ5cm 重さ35g 木箱付
※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。
真葛作 赤絵 盃 24,000円  購入数
包装  
■3000円以上お買上で送料無料・代引手数料無料■
■午後2時までのご注文で翌日到着可能です。■
※北海道・沖縄・秋田・青森・離島など一部地域を除きます。
お支払い方法について
ラッピングについて
送料について

陶歴 宮川真葛

先代治平香斎
大正十一年三月九日東京に生まれる
旧姓 杉本三喜重(宮川治平香斎)
東京大空襲にて両親を亡くし、復員後母方の遠縁をたより、京都へ来る。
昭和二十一年十二月、四代永誉香斎の長女美津と結婚し宮川家に入籍する
昭和二十一年一月五日より父につれられて半床庵久田無適斎宗匠のもとへ
稽古に通う。 無適斎宗匠御逝去後、尋牛斎宗匠に御指導を仰ぎ、茶陶を制作する。
昭和四十七年(1972)香斎を襲名し、即中齋宗匠より真葛の印を頂戴し、作品に使用する。
平成十四年(2002)養子和男に代を譲り隠居し治平を名乗る。

当代
1944年 京都に生まれる
1970年 東京造形大学美術学部彫刻専攻卒業
1976年 京都の真葛窯に入り、以後五代目宮川香齋の補佐をする
2002年 一月 六代目宮川香齋を襲名する
同年  大徳寺僧堂龍翔寺嶺雲室高田明浦老師より真葛の印賜る 作品に使用する
商品のお問い合せはこちらへありがとうございます。



真葛作 あ南福寿 盃
真葛作 あ南福寿 盃
江戸時代から続く京焼の一つ、真葛焼 宮川香斎のあ南福寿 盃です。 真葛作 あ南福寿 盃
箱書きにある「あ南」というのは安南(あんなん)を京都弁で音便変化させた古い言葉だと思われます。

安南とは今のベトナムあたりのことを指す中国の呼び名で、柔らかい生地に呉須でざっくり描き、その上からかける透明釉が青く流れやすく、泣いたようにみえる陶磁器を産出したため、こういった景色の器を日本では安南手とよばれるようになりました。 真葛作 あ南福寿 盃
側面に描かれた文字は明らかに漢字で、福、寿の両文字です。福禄寿に代表されるように、福も寿も三徳が揃ってこそ人は幸せという古代中国におきた道教の教えから採られています。福は子孫繁栄。 真葛作 あ南福寿 盃
健康長寿の寿。口のあたりのゴスのタレップリも絶妙です。日本の他産地ではこの景色のことを絞り手(雑巾を絞ったように見えるから)、または御深井(おふけ)と読んだります。京焼では元来染付にこのような表情が出るとゴスが泣くと要ってハネの対象でした。 真葛作 あ南福寿 盃
幅広い高台、高台脇の線描、高台の中に鉄を塗り込める点も、安南手の特徴です。 真葛作 あ南福寿 盃
茶色に覆われた高台内に真葛の名。 真葛作 あ南福寿 盃
手に持つとことのほか小さい。また大きさの割に重いのもこの盃の特徴です。見込みには菊の花のような文様が描かれています。 真葛作 あ南福寿 盃
日本の茶人が好んだ安南手を京風にアレンジした盃が真葛作のあ南福寿 盃です。

◆商品番号 1123 真葛作 あ南福寿 盃
■食器洗浄機 電子レンジ OK
寸法 直径6cm×高さ4cm 重さ40g 木箱付
※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。
真葛作 あ南福寿 盃 24,000円  購入数
包装  
■3000円以上お買上で送料無料・代引手数料無料■
■午後2時までのご注文で翌日到着可能です。■
※北海道・沖縄・秋田・青森・離島など一部地域を除きます。
お支払い方法について
ラッピングについて
送料について

陶歴 宮川真葛

先代治平香斎
大正十一年三月九日東京に生まれる
旧姓 杉本三喜重(宮川治平香斎)
東京大空襲にて両親を亡くし、復員後母方の遠縁をたより、京都へ来る。
昭和二十一年十二月、四代永誉香斎の長女美津と結婚し宮川家に入籍する
昭和二十一年一月五日より父につれられて半床庵久田無適斎宗匠のもとへ
稽古に通う。 無適斎宗匠御逝去後、尋牛斎宗匠に御指導を仰ぎ、茶陶を制作する。
昭和四十七年(1972)香斎を襲名し、即中齋宗匠より真葛の印を頂戴し、作品に使用する。
平成十四年(2002)養子和男に代を譲り隠居し治平を名乗る。

当代
1944年 京都に生まれる
1970年 東京造形大学美術学部彫刻専攻卒業
1976年 京都の真葛窯に入り、以後五代目宮川香齋の補佐をする
2002年 一月 六代目宮川香齋を襲名する
同年  大徳寺僧堂龍翔寺嶺雲室高田明浦老師より真葛の印賜る 作品に使用する
商品のお問い合せはこちらへありがとうございます。



真葛作 あ南 寿 盃
真葛作 あ南寿 盃
江戸時代から続く京焼の一つ、真葛焼 宮川香斎のあ南 寿 盃です。 真葛作 あ南寿 盃
箱書きにある「あ南」というのは安南(あんなん)を京都弁で音便変化させた古い言葉だと思われます。

安南とは今のベトナムあたりのことを指す中国の呼び名で、柔らかい生地に呉須でざっくり描き、その上からかける透明釉が青く流れやすく、泣いたようにみえる陶磁器を産出したため、こういった景色の器を日本では安南手とよばれるようになりました。 真葛作 あ南寿 盃
側面に描かれた模様は花唐草模様。

口のあたりのゴスのタレップリも絶妙です。日本の他産地ではこの景色のことを絞り手(雑巾を絞ったように見えるから)、または御深井(おふけ)と読んだります。京焼では元来染付にこのような表情が出るとゴスが泣くと要ってハネの対象でした。 真葛作 あ南寿 盃
見込みにに描かれた文字は明らかに漢字で、寿の文字です。福禄寿に代表されるように、福禄寿と三徳が揃ってこそ人は幸せという古代中国におきた道教の教えから採られています。 真葛作 あ南寿 盃
幅広い高台、高台脇の線描、高台の中に鉄を塗り込める点も、安南手の特徴です。 真葛作 あ南寿 盃
手に持つとほどよい大きさ。釉薬が青みがかるのもやはり青磁の一種で、草木などの植物の灰に含まれる鉄分の発色です。 真葛作 あ南寿 盃
安南写しの器は人間の汗や酒の渋が染みこむと古色が付き、本来の色がでると尊ばれています。どうぞ末永くご愛用下さい。

◆商品番号 1124 真葛作 あ南 寿盃
■食器洗浄機 電子レンジ OK
寸法 直径6.5cm×高さ4cm 重さ60g 木箱付
※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。
真葛作 あ南 寿 盃 24,000円  購入数
包装  
■3000円以上お買上で送料無料・代引手数料無料■
■午後2時までのご注文で翌日到着可能です。■
※北海道・沖縄・秋田・青森・離島など一部地域を除きます。
お支払い方法について
ラッピングについて
送料について

陶歴 宮川真葛

先代治平香斎
大正十一年三月九日東京に生まれる
旧姓 杉本三喜重(宮川治平香斎)
東京大空襲にて両親を亡くし、復員後母方の遠縁をたより、京都へ来る。
昭和二十一年十二月、四代永誉香斎の長女美津と結婚し宮川家に入籍する
昭和二十一年一月五日より父につれられて半床庵久田無適斎宗匠のもとへ
稽古に通う。 無適斎宗匠御逝去後、尋牛斎宗匠に御指導を仰ぎ、茶陶を制作する。
昭和四十七年(1972)香斎を襲名し、即中齋宗匠より真葛の印を頂戴し、作品に使用する。
平成十四年(2002)養子和男に代を譲り隠居し治平を名乗る。

当代
1944年 京都に生まれる
1970年 東京造形大学美術学部彫刻専攻卒業
1976年 京都の真葛窯に入り、以後五代目宮川香齋の補佐をする
2002年 一月 六代目宮川香齋を襲名する
同年  大徳寺僧堂龍翔寺嶺雲室高田明浦老師より真葛の印賜る 作品に使用する
商品のお問い合せはこちらへありがとうございます。



真葛作 花三島 盃
真葛作 花三島 盃
江戸時代から続く京焼の一つ、真葛焼 宮川香斎の花三島 盃です。 真葛作 花三島 盃
黒地に白の象嵌が鮮明な彫三島、檜垣文は外二段、内二段で象嵌されています。 真葛作 花三島 盃
見こみ円内に花丸文、よほど鉄分の多い土を使って強還元で焼き締めたせいか、赤い窯変などは一切ありません。 真葛作 花三島 盃
釉は全体に厚くかけられ、良く溶けているので光沢がでて爽やかな感じを受けます。 真葛作 花三島 盃
すこし砂混じりの土を使ったため、景色が更に豊になっており、味わい深いです。元は懐石の盃として作られました。 真葛作 花三島 盃
手に持ってみました。広がった形状の持ちやすさ、口当たりの良さは申し分なく、酒量もすすむことと思います。 真葛作 花三島 盃
江戸時代から京焼の歴史を今に伝えるその独自の作風をお楽しみください。

◆商品番号 1121 真葛作 花三島 盃
■食器洗浄機 電子レンジ OK
寸法 直径6.5cm×高さ3.8cm 重さ50g 木箱付
※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。
真葛作 花三島 盃 24,000円  購入数
包装  
■3000円以上お買上で送料無料・代引手数料無料■
■午後2時までのご注文で翌日到着可能です。■
※北海道・沖縄・秋田・青森・離島など一部地域を除きます。
お支払い方法について
ラッピングについて
送料について

陶歴 宮川真葛

先代治平香斎
大正十一年三月九日東京に生まれる
旧姓 杉本三喜重(宮川治平香斎)
東京大空襲にて両親を亡くし、復員後母方の遠縁をたより、京都へ来る。
昭和二十一年十二月、四代永誉香斎の長女美津と結婚し宮川家に入籍する
昭和二十一年一月五日より父につれられて半床庵久田無適斎宗匠のもとへ
稽古に通う。 無適斎宗匠御逝去後、尋牛斎宗匠に御指導を仰ぎ、茶陶を制作する。
昭和四十七年(1972)香斎を襲名し、即中齋宗匠より真葛の印を頂戴し、作品に使用する。
平成十四年(2002)養子和男に代を譲り隠居し治平を名乗る。

当代
1944年 京都に生まれる
1970年 東京造形大学美術学部彫刻専攻卒業
1976年 京都の真葛窯に入り、以後五代目宮川香齋の補佐をする
2002年 一月 六代目宮川香齋を襲名する
同年  大徳寺僧堂龍翔寺嶺雲室高田明浦老師より真葛の印賜る 作品に使用する
商品のお問い合せはこちらへありがとうございます。



真葛作 絵高麗 盃
真葛作 絵高麗 盃
江戸時代から続く京焼の一つ、真葛焼 宮川香斎の絵高麗 盃です。 真葛作 絵高麗 盃
絵高麗(えごうらい)というのは鉄絵を施し、本来は釉を掛けた朝鮮陶磁のことです。梅鉢手とも呼ばれます。桃山時代以後の茶人が命名したそうで、絵刷毛目、絵三島、絵粉引などもこの絵高麗に分類されます。

そのルーツは中国・磁州窯で焼かれていた白地鉄絵陶器にあると云われ、酸化鉄による鉄絵具など、身近にある原料を使った民窯らしい陶器ですが、白と黒の対比が味わい深く、ファンの多い盃です。 真葛作 絵高麗 盃
幾何学模様にみえる鉄絵も全ては植物の花や昆虫など自然の素材をモチーフにして描いています。 真葛作 絵高麗 盃
ササッと速筆放胆に描いたおおらかな精神、そこには14世紀の朝鮮民族の心根をうかがい知れます。 真葛作 絵高麗 盃
もちろん本作は京焼の窯元による写しです。 キメの細かい白土を使って本物以上に焼き上がりやスキッとしています。 真葛作 絵高麗 盃
高台を手でつまんでみました。錆鉄で描かし花は牡丹、その横の意匠は蜂か蝶をデフォルメしたものだと思われます。 真葛作 絵高麗 盃
おおらかなる絵高麗平盃を京焼らしく繊細にシンメトリーにアレンジした真葛作 絵高麗 盃、見て触って使ってよし。お楽しみください。

◆商品番号 1122 真葛作 絵高麗 盃
■食器洗浄機 電子レンジ OK
寸法 直径7cm×高さ3.5cm 重さ50g 木箱付
※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。
真葛作 絵高麗 盃 24,000円  購入数
包装  
■3000円以上お買上で送料無料・代引手数料無料■
■午後2時までのご注文で翌日到着可能です。■
※北海道・沖縄・秋田・青森・離島など一部地域を除きます。
お支払い方法について
ラッピングについて
送料について

陶歴 宮川真葛

先代治平香斎
大正十一年三月九日東京に生まれる
旧姓 杉本三喜重(宮川治平香斎)
東京大空襲にて両親を亡くし、復員後母方の遠縁をたより、京都へ来る。
昭和二十一年十二月、四代永誉香斎の長女美津と結婚し宮川家に入籍する
昭和二十一年一月五日より父につれられて半床庵久田無適斎宗匠のもとへ
稽古に通う。 無適斎宗匠御逝去後、尋牛斎宗匠に御指導を仰ぎ、茶陶を制作する。
昭和四十七年(1972)香斎を襲名し、即中齋宗匠より真葛の印を頂戴し、作品に使用する。
平成十四年(2002)養子和男に代を譲り隠居し治平を名乗る。

当代
1944年 京都に生まれる
1970年 東京造形大学美術学部彫刻専攻卒業
1976年 京都の真葛窯に入り、以後五代目宮川香齋の補佐をする
2002年 一月 六代目宮川香齋を襲名する
同年  大徳寺僧堂龍翔寺嶺雲室高田明浦老師より真葛の印賜る 作品に使用する
商品のお問い合せはこちらへありがとうございます。



2007年12月28日(Fri)▲ページの先頭へ
パイナップル 箸置き
パイナップル 箸置き
京都の割烹もん器を手がける窯元 松斎陶苑の珍しいパイナップル 箸置きです。 パイナップル 箸置き
オレンジ色に緑の吹きつけで南国のフルーツ、パイナップルを表現。 この窯元では季節野菜のお箸置きはすっかり有名ですが、最近は若向けするデザインのフルーツの箸置きも作られています。 パイナップル 箸置き
お箸を載せてみました。実とヘタの間にうまく箸がのせられます。 パイナップル 箸置き
後ろ側。土物の箸置きですので、クリームがかっています。 パイナップル 箸置き
目に鮮やか、そして形に特徴のあるパイナップルの箸置きで食卓に彩りを添えてみてください。

◆商品番号 812 パイナップル 箸置き
■食器洗浄機 電子レンジ OK
寸法 縦5.7cm×横2.5cm×高さ2.2cm 重さ40g 
※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。
パイナップルの箸置き 700円  購入数
包装  
■3000円以上お買上で送料無料・代引手数料無料■
■午後2時までのご注文で翌日到着可能です。■
※北海道・沖縄・秋田・青森・離島など一部地域を除きます。
お支払い方法について
ラッピングについて
送料について

緑居窯
松斎陶苑 陶歴
初代 福田松斎は、明治初年五条坂にて専ら陶彫
を行う。その作品は遠く海外にも渡る。二代松斎名は菊次郎、初代より陶彫の技を継ぎ、また中国古陶の釉薬の研究に没頭 中でも蘇波釉、海鼠釉、辰砂釉、青磁等に妙技を揮う。大正二年窯を五条より、現在の日吉町に移し 緑居窯と呼ぶ。三代松斎は松平、昭和四年二代の跡 を継ぐ時代の推移に鑑み、広く工芸的な割烹食器及び日常生活用器等の量産を始める。事業の進展に伴い、昭和二十四年工房を松斎陶苑と称し、株式組織に改め、常に新しい機構を採り入れ京焼としての製品の合理化と品質の向上を図る。また昭和二十四年より三十五年まで京都陶磁器協同組合連合会理事長として業界の振興発展に貢献する。四代茂郎は三代松平の義弟で昭和五十六年後継者として安田より福田に移籍、代表者となる。一方に於いては新匠工芸会会員として作家活動を続ける。五代一平は、四代茂郎の長男。父の薫陶を受け、平成三年より、代表者となり、現在に至る。    

商品のお問い合せはこちらへありがとうございます。



干支ねずみ 瓦箸置き
干支ねずみ 瓦箸置き
京焼清水焼の窯元 加藤芳山作の干支ねずみ 瓦箸置き です。 干支ねずみ 瓦箸置き
白い生地に上絵で宝尽くしの小槌、その脇に鎮座まします白ねずみの小ささに最初見たとき、度肝を抜かれました。 干支ねずみ 瓦箸置き
この四角い板状の台ですが、瓦を模している物と思われます。
大根とねずみ、
小槌とねずみ、
餅とねずみ、
同様に、
瓦とねずみもつきもののように取り合わせで描かれるデザインです。 干支ねずみ 瓦箸置き
小品なのに細かい線で書かれた小槌のふさや、金の骨書きの中の上絵などの技術の高さに驚きです。また小さなねずみにも目が入っています。 いずれも繊細な仕事、もちろん手書きで施してあります。 干支ねずみ 瓦箸置き
お箸を載せてみました。微妙に両端が反っているため、安定します。 干支ねずみ 瓦箸置き
京焼らしい豪華な上絵付けが特徴、縁起物の干支のねずみの描かれた箸置きです。

◆商品番号 614 干支ねずみ 瓦箸置き
■食器洗浄機 OK
寸法 縦3.7cm×横3.2cm×高さ1.5cm 重さ15g
※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。
干支ねずみ瓦箸置き 700円  購入数
包装  
■3000円以上お買上で送料無料・代引手数料無料■
■午後2時までのご注文で翌日到着可能です。■
※北海道・沖縄・秋田・青森・離島など一部地域を除きます。
お支払い方法について
ラッピングについて
送料について

陶歴 芳山窯  加藤 吉継

昭和二十八年 京都市東山区今熊野に生まれる。
昭和四十六年 京都市立伏見工業高校窯業科を卒業
京都府立陶工訓練校にて、ロクロ成形を習得、専攻科にて技術を磨く。

その後、家業の芳山窯を継承し、現在京都日吉製陶協同組合にて活躍中 

商品のお問い合せはこちらへありがとうございます。



重ね紅葉 箸置き
重ね紅葉 箸置き
清水焼京焼の窯元松斎陶苑の 重ね紅葉 箸置き です。 重ね紅葉 箸置き
季節を秋に限定せずに使えるように青紅葉と赤紅葉を重ねた意匠が特徴です。江戸時代の乾山の鉢にも使われてきたデザインは、なぜか違和感なく日本人の心に染み渡るようです。 重ね紅葉 箸置き
土物の手書きの箸置き。上絵の赤青の濃淡はどうしても手仕事ですと避けられず、微妙に色合いは異なります。また葉脈に使われた金の線は紅葉を表すときに必須のものです。 重ね紅葉 箸置き
後ろ側。一つ一つに窯元の判子が押してあります。 重ね紅葉 箸置き
お箸を載せてみました。 重ね紅葉 箸置き
至極日本的な重ね紅葉のお箸置きの形と色合い、それは古の日本人が愛し続けた意匠です。

◆商品番号 620 重ね紅葉 箸置き
■食器洗浄機 OK
寸法 縦5.5cm×横4.2cm×高さ1cm 重さ20g
※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。
重ね紅葉箸置き 700円  購入数
包装  
■3000円以上お買上で送料無料・代引手数料無料■
■午後2時までのご注文で翌日到着可能です。■
※北海道・沖縄・秋田・青森・離島など一部地域を除きます。
お支払い方法について
ラッピングについて
送料について

緑居窯
松斎陶苑 陶歴
初代 福田松斎は、明治初年五条坂にて専ら陶彫
を行う。その作品は遠く海外にも渡る。二代松斎名は菊次郎、初代より陶彫の技を継ぎ、また中国古陶の釉薬の研究に没頭 中でも蘇波釉、海鼠釉、辰砂釉、青磁等に妙技を揮う。大正二年窯を五条より、現在の日吉町に移し 緑居窯と呼ぶ。三代松斎は松平、昭和四年二代の跡 を継ぐ時代の推移に鑑み、広く工芸的な割烹食器及び日常生活用器等の量産を始める。事業の進展に伴い、昭和二十四年工房を松斎陶苑と称し、株式組織に改め、常に新しい機構を採り入れ京焼としての製品の合理化と品質の向上を図る。また昭和二十四年より三十五年まで京都陶磁器協同組合連合会理事長として業界の振興発展に貢献する。四代茂郎は三代松平の義弟で昭和五十六年後継者として安田より福田に移籍、代表者となる。一方に於いては新匠工芸会会員として作家活動を続ける。五代一平は、四代茂郎の長男。父の薫陶を受け、平成三年より、代表者となり、現在に至る。    

商品のお問い合せはこちらへありがとうございます。



2007年12月26日(Wed)▲ページの先頭へ
宮川真葛作 桜 酒盃
宮川真葛作 桜 酒盃
京都の真葛焼、宮川真葛作の桜 酒盃です。 宮川真葛作 桜 酒盃
京焼らしい桜の雅な仁清写しが特徴の酒盃(酒杯)です。淘体に描かれた茶道具らしい味わい深い色絵がその窯の歴史を感じさせます。 宮川真葛作 桜 酒盃
桜の花の絵は全て上絵付けで色づけされています。金と黒の二色の軽快な線描で描かれた桜の樹。赤とピンクの盛絵で表現された桜の花びら。仁清の時代から続く京焼独特の桜の典型的な描き方です。 宮川真葛作 桜 酒盃
杯の形状は湯呑みのように縦長で、細長く、口縁で若干外側に反らしてあります。 宮川真葛作 桜 酒盃
高台中までは施釉されず、とめがんなと真の印。 宮川真葛作 桜 酒盃
ちょうど湯呑みを小さくしたような姿形が手になじみます。色合いがクリームがかっているのは土物だからです。(もちろん貫入と言われる微妙なひび割れもあり) 宮川真葛作 桜 酒盃
桜の古木から枝垂れる桜のモチーフは円山の有名な枝垂れ桜でしょうか。 宮川真葛作 桜 酒盃
食器の窯ではなく、茶道具の窯作らしい雰囲気が感じられる桜の色絵盃です。

◆商品番号 1118 宮川真葛作 桜 酒盃
■食器洗浄機 OK
寸法 直径5cm×高さ4.5cm 重さ55g 木箱付
※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。
宮川真葛作 桜 酒盃 24,000円  購入数
包装  
■3000円以上お買上で送料無料・代引手数料無料■
■午後2時までのご注文で翌日到着可能です。■
※北海道・沖縄・秋田・青森・離島など一部地域を除きます。
お支払い方法について
ラッピングについて
送料について

陶歴 宮川真葛

先代治平香斎
大正十一年三月九日東京に生まれる
旧姓 杉本三喜重(宮川治平香斎)
東京大空襲にて両親を亡くし、復員後母方の遠縁をたより、京都へ来る。
昭和二十一年十二月、四代永誉香斎の長女美津と結婚し宮川家に入籍する
昭和二十一年一月五日より父につれられて半床庵久田無適斎宗匠のもとへ
稽古に通う。 無適斎宗匠御逝去後、尋牛斎宗匠に御指導を仰ぎ、茶陶を制作する。
昭和四十七年(1972)香斎を襲名し、即中齋宗匠より真葛の印を頂戴し、作品に使用する。
平成十四年(2002)養子和男に代を譲り隠居し治平を名乗る。

当代
1944年 京都に生まれる
1970年 東京造形大学美術学部彫刻専攻卒業
1976年 京都の真葛窯に入り、以後五代目宮川香齋の補佐をする
2002年 一月 六代目宮川香齋を襲名する
同年  大徳寺僧堂龍翔寺嶺雲室高田明浦老師より真葛の印賜る 作品に使用する
商品のお問い合せはこちらへありがとうございます。



2007年12月25日(Tue)▲ページの先頭へ
龍岳作 黄交趾 牡丹 香炉
龍岳作 黄交趾 牡丹 香炉
京焼の茶道具窯元 橋本龍岳作の黄交趾 牡丹 香炉です。 龍岳作 黄交趾 牡丹 香炉
もとはこの器、茶道具の建水として作られた物ですが、その袴腰香炉を思わせる形状などから、大ぶりの香炉として販売させて頂いております。

建水というのは茶道のお手前で茶碗を清めたり温めたりしたときに使った湯や水を捨てるために使う道具のことです。素材は陶磁器以外にも曲げ物や金属器がありますが、形状は湯を捨てやすいように口は大きく開いている物がほとんどです。 龍岳作 黄交趾 牡丹 香炉
絵柄は牡丹の花に鳥。牡丹と交趾、どちらも中国から伝わったものとして大変よく見る取り合わせ(デザイン)です。 龍岳作 黄交趾 牡丹 香炉
隙間なくびっしりと描かれた花鳥の絵柄。筆で描くのではなくイッチン技法と呼ばれる交趾独特の技法が使われています。 龍岳作 黄交趾 牡丹 香炉
この香炉、絵付けもロクロもすべて各専門職人による手仕事の業です。 龍岳作 黄交趾 牡丹 香炉
内側は白色。 龍岳作 黄交趾 牡丹 香炉
足は三つ足でなく、通常の食器の作りです。幅広い口径を支えるのにはこちらもまた適しています。 龍岳作 黄交趾 牡丹 香炉
横に広がった大きめの香炉は珍しいのです。
写真のようにお香を立ててお使い下さい。


◆商品番号 1114 龍岳作 黄交趾 牡丹 香炉
■食器洗浄機 電子レンジ OK
寸法 直径13.8cm×高さ7.8cm 重さ320g 化粧箱付

※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。
龍岳作 黄交趾 牡丹 香炉 25,000円  購入数
包装  
■3000円以上お買上で送料無料・代引手数料無料■
■午後2時までのご注文で翌日到着可能です。■
※北海道・沖縄・秋田・青森・離島など一部地域を除きます。
お支払い方法について
ラッピングについて
送料について

陶歴 橋本龍岳

初代龍岳(七太郎)福井県出身石川及び京都の試験所で学ぶ。大正八年河井寛次郎氏より成型士として招かれ作陶八年、昭和三年蛇ヶ谷で独立登窯を持つ。昭和二十五年M龍岳製陶設立、清(長男)二代目を継ぐ。一珍唐三彩古染付を主に制作、昭和五十二年京焼・清水焼伝統工芸士称号受く。京都市立美術工芸学校、国立陶磁器試験所卒。
商品のお問い合せはこちらへありがとうございます。



龍岳作 黄交趾 雲鶴 香炉
龍岳作 黄交趾 雲鶴 香炉
京焼の茶道具窯元 橋本龍岳作の黄交趾 雲鶴 香炉です。 龍岳作 黄交趾 雲鶴 香炉
もとはこの器、茶道具の建水として作られた物ですが、その袴腰香炉を思わせる形状などから、大ぶりの香炉として販売させて頂いております。

建水というのは茶道のお手前で茶碗を清めたり温めたりしたときに使った湯や水を捨てるために使う道具のことです。素材は陶磁器以外にも曲げ物や金属器がありますが、形状は湯を捨てやすいように口は大きく開いている物がほとんどです。 龍岳作 黄交趾 雲鶴 香炉
絵柄は吉祥模様の一つ、雲鶴文。日本だけでなく朝鮮半島でも人気なのは秘色高麗青磁の象嵌模様に使われるのでご存じかと思います。 龍岳作 黄交趾 雲鶴 香炉
イッチン技法で描かれる鶴と雲。雲も又、瑞雲であり、鶴は長寿を表す瑞鳥として、鶴と雲は縁起の良い文様の組み合わせとして古来より描かれてきました。 龍岳作 黄交趾 雲鶴 香炉
内側は交趾をぬらず、白いまま。当たり前ですが、中に入る物の色そのままを写します。 龍岳作 黄交趾 雲鶴 香炉
足は三つ足でなく、通常の食器の作りです。幅広い口径を支えるのにはこちらもまた適しています。高台の真ん中に龍岳との名。煎茶道具などの繊細な仕事をされるいまでは数少なくなった窯元さんのひとつです。 龍岳作 黄交趾 雲鶴 香炉
この香炉の使用例その1
お仏壇に手を合わせ、香炉から立ちのぼる一筋の香は、ひとときの安らぎを与えてくれます。


◆商品番号 1117 龍岳作 黄交趾 雲鶴 香炉
■食器洗浄機 電子レンジ Ok
寸法 直径13.8cm×高さ7.8cm 重さ320g 化粧箱付
※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。
龍岳作 黄交趾 雲鶴 香炉 22,000円  購入数
包装  
■3000円以上お買上で送料無料・代引手数料無料■
■午後2時までのご注文で翌日到着可能です。■
※北海道・沖縄・秋田・青森・離島など一部地域を除きます。
お支払い方法について
ラッピングについて
送料について

陶歴 橋本龍岳

初代龍岳(七太郎)福井県出身石川及び京都の試験所で学ぶ。大正八年河井寛次郎氏より成型士として招かれ作陶八年、昭和三年蛇ヶ谷で独立登窯を持つ。昭和二十五年M龍岳製陶設立、清(長男)二代目を継ぐ。一珍唐三彩古染付を主に制作、昭和五十二年京焼・清水焼伝統工芸士称号受く。京都市立美術工芸学校、国立陶磁器試験所卒。
商品のお問い合せはこちらへありがとうございます。



2007年12月24日(Mon)▲ページの先頭へ
龍岳作 黄交趾 龍 香炉
龍岳作 黄交趾 龍 香炉
京都の清水焼窯元 橋本龍岳作 黄交趾 龍 香炉です。 龍岳作 黄交趾 龍 香炉
元来は茶道具の建水としたものですが、袴腰、中国の青銅器を思わせる作りなどがいかにも香炉にふさわしく、香炉として買われるケースが非常に多いです。 龍岳作 黄交趾 龍 香炉
交趾の絵付けは一珍技法といいまして、絵の具を筆に付けて描くのではなく、ゆるめの泥を先金の細い口から器に盛り上げるように載せて描きますので、線がすこし盛り上がって見えます。これは装飾と同時に低火度で溶ける鉛の色同志が混ざり合うのを防ぐ役目を果たしています。 龍岳作 黄交趾 龍 香炉
蝶々や宝尽くし、牡丹などはよく見ますが、こちらの香炉の絵は人気の龍柄というのが素晴らしいです。古くから世界各地で考え出された架空の動物、龍。 中国から日本へ伝わった龍もまた最高の吉祥文です。
龍の表情や体を蛇のように長くくねらせた姿は独特の物が。紫や白い交趾など、挿された色も龍を表現するのにマッチしています。 龍岳作 黄交趾 龍 香炉
口の下にあたりに紫交趾で平稲妻が連続して描かれ、長く炎が伸びる火炎宝珠、雲や雷の菱文も龍の肢体の隙間にびっしり描かれています。 龍岳作 黄交趾 龍 香炉
龍の体のジグザグ、ヒゲや髪まで、イッチンの線描が多いので手間がかかっているのは容易に想像できます。 龍岳作 黄交趾 龍 香炉
龍岳の交趾の香炉、何種類も取り扱っていますが、なぜか龍の絵柄だけは内側も黄色く塗られているのです。 龍岳作 黄交趾 龍 香炉
高台の景色。本式の香炉のように三つ足ではありませんが、横に口径が広いので据えても目立たずお使い頂けます。 龍岳作 黄交趾 龍 香炉
手を添えて見ました。この窯の交趾の色は濃黄。結構濃く塗り重ねられています。 龍岳作 黄交趾 龍 香炉物は違いますが、写真のように灰を入れて香を焚いてみて下さい。香炉以外にも剣山を置いてコンポートなど花を生けるのもおすすめです。

◆商品番号 1112 龍岳作 黄交趾 龍 香炉
■食器洗浄機 電子レンジ OK
寸法 直径13.8cm×高さ7.8cm 重さ320g 化粧箱付
※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。
龍岳作 黄交趾 龍 香炉 22,000円  購入数
包装  
■3000円以上お買上で送料無料・代引手数料無料■
■午後2時までのご注文で翌日到着可能です。■
※北海道・沖縄・秋田・青森・離島など一部地域を除きます。
お支払い方法について
ラッピングについて
送料について

陶歴 橋本龍岳

初代龍岳(七太郎)福井県出身石川及び京都の試験所で学ぶ。大正八年河井寛次郎氏より成型士として招かれ作陶八年、昭和三年蛇ヶ谷で独立登窯を持つ。昭和二十五年M龍岳製陶設立、清(長男)二代目を継ぐ。一珍唐三彩古染付を主に制作、昭和五十二年京焼・清水焼伝統工芸士称号受く。京都市立美術工芸学校、国立陶磁器試験所卒。
商品のお問い合せはこちらへありがとうございます。



青交趾雲鶴 杓立
青交趾雲鶴 杓立
京焼の茶道具の窯元 橋本龍岳作の青交趾雲鶴 杓立です。 青交趾雲鶴 杓立
青交趾雲鶴 杓立
青交趾雲鶴 杓立
青交趾雲鶴 杓立
青交趾雲鶴 杓立
青交趾雲鶴 杓立

◆商品番号 1109 青交趾雲鶴 杓立
■食器洗浄機 電子レンジ OK
寸法 胴径8.5cm×高さ17.5cm 重さ420g化粧箱
※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。
龍岳作 青交趾 雲鶴 杓立 22,000円  購入数
包装  
■3000円以上お買上で送料無料・代引手数料無料■
■午後2時までのご注文で翌日到着可能です。■
※北海道・沖縄・秋田・青森・離島など一部地域を除きます。
お支払い方法について
ラッピングについて
送料について

陶歴 橋本龍岳

初代龍岳(七太郎)福井県出身石川及び京都の試験所で学ぶ。大正八年河井寛次郎氏より成型士として招かれ作陶八年、昭和三年蛇ヶ谷で独立登窯を持つ。昭和二十五年M龍岳製陶設立、清(長男)二代目を継ぐ。一珍唐三彩古染付を主に制作、昭和五十二年京焼・清水焼伝統工芸士称号受く。京都市立美術工芸学校、国立陶磁器試験所卒。
商品のお問い合せはこちらへありがとうございます。



龍岳作 蓋置 羽根
龍岳作 蓋置 羽根
京焼の茶道具窯元 橋本龍岳作 蓋置 羽根です。 龍岳作 蓋置 羽根
蓋置とは釜の湯をくむとき、釜のふたを置いたり、柄杓をのせる道具です。 龍岳作 蓋置 羽根
上絵で羽根突の羽根を五彩で描いています。上を向く物、下を向く物、動きに軽やかさがあります。 龍岳作 蓋置 羽根
逆さ向けてみました。内側には龍岳と名が書かれています。 龍岳作 蓋置 羽根
龍岳作 蓋置 羽根
五彩でかわいく描かれた大きな羽根が茶席で引き立ち、初釜にふさわしい逸品です。


◆商品番号 龍岳作 蓋置 羽根 1119
寸法 直径5.4×高さ5.7cm  化粧箱付
※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。
龍岳作 蓋置 羽根 3,800円  購入数
包装  
■3000円以上お買上で送料無料・代引手数料無料■
■午後2時までのご注文で翌日到着可能です。■
※北海道・沖縄・秋田・青森・離島など一部地域を除きます。
お支払い方法について
ラッピングについて
送料について

陶歴 橋本龍岳

初代龍岳(七太郎)福井県出身石川及び京都の試験所で学ぶ。大正八年河井寛次郎氏より成型士として招かれ作陶八年、昭和三年蛇ヶ谷で独立登窯を持つ。昭和二十五年M龍岳製陶設立、清(長男)二代目を継ぐ。一珍唐三彩古染付を主に制作、昭和五十二年京焼・清水焼伝統工芸士称号受く。京都市立美術工芸学校、国立陶磁器試験所卒。
商品のお問い合せはこちらへありがとうございます。



2007年12月22日(Sat)▲ページの先頭へ
色絵羽子板箸置き 昭阿弥作
色絵羽子板箸置き 昭阿弥作
昭阿弥作の 色絵羽子板箸置き です。 色絵羽子板箸置き 昭阿弥作
羽子板に羽根が付いた箸置き、非常に大ぶりの目立つ物で、正月にふさわしい豪華な絵付けが特徴です。 色絵羽子板箸置き 昭阿弥作
鶴亀のように青と赤一対でのみ販売させて頂いています。 色絵羽子板箸置き 昭阿弥作
近づいてみました。 側面の七宝紋の赤青の違い、羽根の色も微妙に変えてあるのがお分かり頂けるかと思います。羽子板の部分は吉祥柄の松竹梅の絵。持ち手の菱文の祥瑞も縁起模様です。どちらも箸置きとはいえ、繊細な仕事がしてあります。 色絵羽子板箸置き 昭阿弥作
後ろ側も微妙に削り方を変えてあります。帯留めにも転用出来そうです。 色絵羽子板箸置き 昭阿弥作
通常は写真のようにお箸をのせてお使いください。もちろん細工(型抜きも絵付け)も手仕事です。 色絵羽子板箸置き 昭阿弥作
正月にふさわしい京焼らしい雅な箸置きです。

◆商品番号 1103 色絵羽子板箸置き 昭阿弥作
■食器洗浄機 OK
寸法 一つ 縦8.5cm×横4cm×高さ3cm
重さ50g 一双のみ販売可能 木箱付
※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。
羽子板 箸置き(昭阿弥作) 8,800円  購入数
包装  
■3000円以上お買上で送料無料・代引手数料無料■
■午後2時までのご注文で翌日到着可能です。■
※北海道・沖縄・秋田・青森・離島など一部地域を除きます。
お支払い方法について
ラッピングについて
送料について

陶歴 高野昭阿弥
昭和5年創業の初代昭阿弥の許で仕事を覚える
平成5年2代目昭阿弥となる
主に磁器による抹茶、煎茶道具の染付、祥瑞、色絵、交趾などを作る
昭和55年初代と共に50周年記念展を催す
黄檗陶匠
工房は京都市東山
京都市生まれ

商品のお問い合せはこちらへありがとうございます。



ねずみチラシ寿司湯呑み
ねずみチラシ寿司湯呑み
京焼清水焼窯元林山作のねずみチラシ寿司湯呑みです。 ねずみチラシ寿司湯呑み
林山さんに別注で焼いて頂いたもので、冬場、冷めにくいように厚手で力強い指筋が入っているのが特徴です。 ねずみチラシ寿司湯呑み
1ヶ所、えくぼが付けてありますので、指をあてると大きさの割りに持ちやすいです。 ねずみチラシ寿司湯呑み
内側はこんな景色。基本ねずみ色した下地口元に散らした、鉄釉か織部の点描が混ざり合い美しいです。 ねずみチラシ寿司湯呑み
高台は土の柔らかい白い地肌が覗いています。 ねずみチラシ寿司湯呑み
お茶だけでなく、焼酎、ジュース、いろいろにお使い頂ければ幸いです。

◆商品番号 1107 ねずみチラシ寿司湯呑み
■食器洗浄機 電子レンジ OK
寸法 直径8cm×高さ9cm 重さ200g 化粧箱付
※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。
ねずみチラシ寿司湯呑み 1,800円  購入数
包装  
■3000円以上お買上で送料無料・代引手数料無料■
■午後2時までのご注文で翌日到着可能です。■
※北海道・沖縄・秋田・青森・離島など一部地域を除きます。
お支払い方法について
ラッピングについて
送料について

京焼・清水焼   
炭山清谷窯   林山陶苑                
江戸時代 初代八兵衛は九谷で名をはせたが 明治二十二年 祖父 定次郎が、京都にきて、陶技を磨き、林山と号し以来、五条坂にて作陶。 父 辰治朗の継承を経た後 昭和四十六年炭山に窯を移す、今迄の釉薬に新しい技法を研究し窯変もの釉薬を特技としています。                       
    林山陶苑    林 八郎
商品のお問い合せはこちらへありがとうございます。



天目釉ピッチャー
天目釉ピッチャー
天目釉ピッチャーです。 天目釉ピッチャー
ご覧のようにピッチャーといってもミルクピッチャーのように非常にちいさなサイズ。ミルクの色が映えるように黒い天目釉で私が作りました。 天目釉ピッチャー
天目一種では景色が面白くないので、数カ所引っ掻いて飴釉を垂れ流しています。 天目釉ピッチャー
土は信楽の並赤。天目など鉄釉の類は下地の土はあまり釉薬の発色に関係しません。 天目釉ピッチャー
ロクロ挽きしたあと、ピッチャーの口は指で下げます。 天目釉ピッチャー
ミルクだけでなく、ショウガ汁やレモン汁など少量のものを入れるのにオススメです。

◆商品番号 1102 天目釉ピッチャー
■食器洗浄機 電子レンジ OK
寸法 大体です→直径4.5cm×高さ4cm 重さ50g 化粧箱付
※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。
天目釉 ピッチャー 900円  購入数
包装  
■3000円以上お買上で送料無料・代引手数料無料■
■午後2時までのご注文で翌日到着可能です。■
※北海道・沖縄・秋田・青森・離島など一部地域を除きます。
お支払い方法について
ラッピングについて
送料について

商品のお問い合せはこちらへありがとうございます。



天目釉平茶碗
天目釉平茶碗
清水焼の窯元林山の天目釉平茶碗です。 天目釉平茶碗
天目というのは形で云う場合と釉薬で指す場合、二種類あり、こちらは釉薬で天目と呼んでいる夏茶碗の形状です。 天目釉平茶碗
天目一種類では景色が面白みにかけるため、内側に数カ所、外側に数カ所、飴色の部分があります。これは釉薬をかけたのち、指で引っ掻いて、そこへ別の釉薬をかけ流したことで生まれる景色です。べっこう釉なども同じ技法を用いています。 天目釉平茶碗
外側の景色です。
Too Shining.この窯元の持つ天目薬にはまばゆいばかりの光沢があります。 天目釉平茶碗
形状は本来は抹茶碗の夏茶碗ですが、色合いが良いので、白いお豆腐を盛ったり、枝豆を載せたりと食器として使われます。またこの形状は重なりがいいのでまとめ買いされる料理屋さんも多いです。 天目釉平茶碗
高台の景色。茶道の高台にかんなをあてています。きめが細かい信楽土を使っているので、割れにくいのもこの器の良い点です。 天目釉平茶碗
窯変もので勝負する窯元林山にはこのほかにも様々な平茶碗がありますので、それらと取り合わせてお使い頂くのもまた一興です。

◆商品番号 1101 天目釉平茶碗
■食器洗浄機 電子レンジ OK
寸法 直径15cm 高さ6cm 重さ240g 化粧箱付
※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。
天目釉 平茶碗 1,200円  購入数
包装  
■3000円以上お買上で送料無料・代引手数料無料■
■午後2時までのご注文で翌日到着可能です。■
※北海道・沖縄・秋田・青森・離島など一部地域を除きます。
お支払い方法について
ラッピングについて
送料について

京焼・清水焼   
炭山清谷窯   林山陶苑                
江戸時代 初代八兵衛は九谷で名をはせたが 明治二十二年 祖父 定次郎が、京都にきて、陶技を磨き、林山と号し以来、五条坂にて作陶。 父 辰治朗の継承を経た後 昭和四十六年炭山に窯を移す、今迄の釉薬に新しい技法を研究し窯変もの釉薬を特技としています。                       
    林山陶苑    林 八郎
商品のお問い合せはこちらへありがとうございます。



2007年12月21日(Fri)▲ページの先頭へ
龍岳作 黄交趾 龍 建水
龍岳作 黄交趾 龍建水
京都の清水焼窯元 橋本龍岳作 黄交趾 龍 建水です。 龍岳作 黄交趾 龍 建水
古くから世界各地で考え出された架空の動物、龍。 中国から日本へ伝わった龍もまた最高の吉祥文です。 龍岳作 黄交趾 龍 建水
交趾の絵付けは一珍技法といいまして、絵の具を筆に付けて描くのではなく、ゆるめの泥を先金の細い口から器に盛り上げるように載せて描きますので、線がすこし盛り上がって見えます。これは装飾と同時に低火度で溶ける鉛の色同志が混ざり合うのを防ぐ役目を果たしています。 龍岳作 黄交趾 龍 建水
蝶々や宝尽くし、牡丹などはよく見ますが、こちらの香炉の絵は人気の龍柄というのが素晴らしいです。
龍の表情や体を蛇のように長くくねらせた姿は独特の物が。紫や白い交趾など、挿された色も龍を表現するのにマッチしています。 龍岳作 黄交趾 龍 建水
口の下にあたりに紫交趾で平稲妻が連続して描かれ、長く炎が伸びる火炎宝珠、雲や雷の菱文も龍の肢体の隙間にびっしり描かれています。 龍岳作 黄交趾 龍 建水
龍の体のジグザグ、ヒゲや髪まで、イッチンの線描が多いので手間がかかっているのは容易に想像できます。 龍岳作 黄交趾 龍 建水
龍岳の交趾の香炉、何種類も取り扱っていますが、なぜか龍の絵柄だけは内側も黄色く塗られているのです。 龍岳作 黄交趾 龍 建水
高台の景色。浅く横に口径が広いので据えても目立たずお使い頂けます。 龍岳作 黄交趾 龍 建水
手を添えて見ました。この窯の交趾の色は濃黄。結構濃く塗り重ねられています。 龍岳作 黄交趾 龍建水
京都の清水焼窯元 橋本龍岳作 黄交趾 龍 建水です。

◆商品番号 1111 龍岳作 黄交趾 龍 建水
■食器洗浄機 電子レンジ OK
寸法 直径13.8cm×高さ7.8cm 重さ320g 化粧箱付
※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。
龍岳作 黄交趾 龍 建水 22,000円  購入数
包装  
■3000円以上お買上で送料無料・代引手数料無料■
■午後2時までのご注文で翌日到着可能です。■
※北海道・沖縄・秋田・青森・離島など一部地域を除きます。
お支払い方法について
ラッピングについて
送料について

陶歴 橋本龍岳

初代龍岳(七太郎)福井県出身石川及び京都の試験所で学ぶ。大正八年河井寛次郎氏より成型士として招かれ作陶八年、昭和三年蛇ヶ谷で独立登窯を持つ。昭和二十五年M龍岳製陶設立、清(長男)二代目を継ぐ。一珍唐三彩古染付を主に制作、昭和五十二年京焼・清水焼伝統工芸士称号受く。京都市立美術工芸学校、国立陶磁器試験所卒。
商品のお問い合せはこちらへありがとうございます。



2007年12月19日(Wed)▲ページの先頭へ
ガラス織部マグカップ
ガラス織部マグカップ
宇治の炭山に工房を構える林山作のガラス織部マグカップです。 ガラス織部マグカップ
窯変ものを主に手がける窯元さんの作品で、金属の銅の発色とその艶やかな釉調からガラス織部と呼ばれています。 ガラス織部マグカップ
青磁のようなみ水も滴る緑が清楚、大変美しいマグカップです。 ガラス織部マグカップ
この独特の色合いは2色の釉薬が解け合うことで生まれています。 ガラス織部マグカップ
少し開き加減の飲み口、ツルッとして大きめの持ち手、どなた様にも使いやすいようにきちんと作者の神経が行き届いています。また、信楽のキメの細かい白土を使っていますので、密度が濃く焼き締まっており丈夫でもあります。 ガラス織部マグカップ
高台は削ってしまってありその分、軽量化が図られています。白い土が覗いています。 ガラス織部マグカップ
みずみずしいガラス織部マグカップをぜひお使いください。清水焼は手づくりですので、大きさや形は微妙に違います。

◆商品番号 1153 ガラス織部マグカップ
■食器洗浄機 電子レンジ OK
寸法 直径11.5cm 高さ8cm 重さ220g 化粧箱付
※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。
ガラス織部マグカップ 1,980円  購入数
包装  
■3000円以上お買上で送料無料・代引手数料無料■
■午後2時までのご注文で翌日到着可能です。■
※北海道・沖縄・秋田・青森・離島など一部地域を除きます。
お支払い方法について
ラッピングについて
送料について

京焼・清水焼   
炭山清谷窯   林山陶苑                
江戸時代 初代八兵衛は九谷で名をはせたが 明治二十二年 祖父 定次郎が、京都にきて、陶技を磨き、林山と号し以来、五条坂にて作陶。 父 辰治朗の継承を経た後 昭和四十六年炭山に窯を移す、今迄の釉薬に新しい技法を研究し窯変もの釉薬を特技としています。                       
    林山陶苑    林 八郎
商品のお問い合せはこちらへありがとうございます。



2007年12月16日(Sun)▲ページの先頭へ
香炉 紫チラシ
香炉 紫チラシ
香炉 紫チラシです。 香炉 紫チラシ
元は茶道具の建水用に作られましたが、口辺の鋭い張り出し、腰から足へのカーブが袴腰香炉を思わせ、大ぶりの香炉としても人気があります。 香炉 紫チラシ
中に灰を入れてお使いください。
口径は通常の倍はゆうにあるので、沢山の香を立てられます。 香炉 紫チラシ
残念ながら高台は三つ足になっていませんが、横に広いので安定の意味ではこれはこれでいいかも。 香炉 紫チラシ
胴回りにかけ流した2種類の釉との交わる景色がこの香炉の見所です。 香炉 紫チラシ
絵付けより、釉のもつ窯変性で勝負した香炉ですが、ロクロの卓越した成形技術がベースとなっています。

◆商品番号 1097 香炉 紫チラシ
■食器洗浄機 電子レンジ OK
寸法 直径12.5cm×高さ7.5cm 重さ300g 化粧箱付
※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。
香炉 紫チラシ 1,800円  購入数
包装  
■3000円以上お買上で送料無料・代引手数料無料■
■午後2時までのご注文で翌日到着可能です。■
※北海道・沖縄・秋田・青森・離島など一部地域を除きます。
お支払い方法について
ラッピングについて
送料について

京焼・清水焼   
炭山清谷窯   林山陶苑                
江戸時代 初代八兵衛は九谷で名をはせたが 明治二十二年 祖父 定次郎が、京都にきて、陶技を磨き、林山と号し以来、五条坂にて作陶。 父 辰治朗の継承を経た後 昭和四十六年炭山に窯を移す、今迄の釉薬に新しい技法を研究し窯変もの釉薬を特技としています。                       
    林山陶苑    林 八郎
商品のお問い合せはこちらへありがとうございます。



香炉 ねずみチラシ
香炉 ねずみチラシ
香炉 ねずみチラシ です。 香炉 ねずみチラシ
元は茶道具の建水用に作られましたが、口辺の鋭い張り出し、腰から足へのカーブが袴腰香炉を思わせ、大ぶりの香炉としても人気があります。 香炉 ねずみチラシ
残念ながら高台は三つ足になっていませんが、横に広いので安定の意味ではこれはこれでいいかもしれません。 香炉 ねずみチラシ
香炉 ねずみチラシ

◆商品番号 1098 香炉 ねずみチラシ
■食器洗浄機 電子レンジ OK
寸法 直径12.5cm×高さ7.5cm 重さ300g 化粧箱付
※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。
香炉 ねずみチラシ 1,800円  購入数
包装  
■3000円以上お買上で送料無料・代引手数料無料■
■午後2時までのご注文で翌日到着可能です。■
※北海道・沖縄・秋田・青森・離島など一部地域を除きます。
お支払い方法について
ラッピングについて
送料について

京焼・清水焼   
炭山清谷窯   林山陶苑                
江戸時代 初代八兵衛は九谷で名をはせたが 明治二十二年 祖父 定次郎が、京都にきて、陶技を磨き、林山と号し以来、五条坂にて作陶。 父 辰治朗の継承を経た後 昭和四十六年炭山に窯を移す、今迄の釉薬に新しい技法を研究し窯変もの釉薬を特技としています。                       
    林山陶苑    林 八郎
商品のお問い合せはこちらへありがとうございます。



香炉 白茶チラシ
香炉 白茶チラシ
香炉 白茶チラシ です。 香炉 白茶チラシ
元は茶道具の建水用に作られましたが、口辺の鋭い張り出し、腰から足へのカーブから大ぶりの袴腰香炉を思わせ、大変人気があります。 香炉 白茶チラシ
色合いはうのふ釉のように白地に茶の乳濁が見られ、正面には黒い釉薬をちらしてありますので景色が豊かです。 香炉 白茶チラシ
内側。角がとれ、全体的に丸みを帯びた姿に惹かれます。 香炉 白茶チラシ
残念ながら高台は三つ足になっていませんが、横に広いので安定の意味ではこれはこれでいいかも。 香炉 白茶チラシ
季節感が無く、色合いや形が愛らしい香炉 白茶ちらし です。

◆商品番号 1099 香炉 白茶チラシ
■食器洗浄機 電子レンジ OK
寸法 直径12.5cm×高さ7.5cm 重さ300g 化粧箱付
※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。
香炉 白茶チラシ 1,800円  購入数
包装  
■3000円以上お買上で送料無料・代引手数料無料■
■午後2時までのご注文で翌日到着可能です。■
※北海道・沖縄・秋田・青森・離島など一部地域を除きます。
お支払い方法について
ラッピングについて
送料について

京焼・清水焼   
炭山清谷窯   林山陶苑                
江戸時代 初代八兵衛は九谷で名をはせたが 明治二十二年 祖父 定次郎が、京都にきて、陶技を磨き、林山と号し以来、五条坂にて作陶。 父 辰治朗の継承を経た後 昭和四十六年炭山に窯を移す、今迄の釉薬に新しい技法を研究し窯変もの釉薬を特技としています。                       
    林山陶苑    林 八郎
商品のお問い合せはこちらへありがとうございます。



香炉 茶抹陶
香炉 茶抹陶
香炉 茶抹陶 です。 香炉 茶抹陶
元は茶道具の建水用に作られましたが、口辺の鋭い張り出し、腰から足へのカーブが袴腰香炉を思わせ、大ぶりの香炉としても人気があります。 香炉 茶抹陶
抹陶とはマットの漢字表現。つや消しのことを指します。
口縁からタレニタレタ、釉薬の玉ダレがこの香炉の見所です。 香炉 茶抹陶
残念ながら高台は三つ足になっていませんが、横に広いので安定の意味ではこちらのほうが良いかも知れません。 香炉 茶抹陶
中に灰を入れてお使いください。

◆商品番号 1096 香炉 茶抹陶
■食器洗浄機 電子レンジ OK
寸法 直径12.5cm×高さ7.5cm 重さ300g 化粧箱付
※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。
香炉 茶抹陶 1,800円  購入数
包装  
■3000円以上お買上で送料無料・代引手数料無料■
■午後2時までのご注文で翌日到着可能です。■
※北海道・沖縄・秋田・青森・離島など一部地域を除きます。
お支払い方法について
ラッピングについて
送料について

京焼・清水焼   
炭山清谷窯   林山陶苑                
江戸時代 初代八兵衛は九谷で名をはせたが 明治二十二年 祖父 定次郎が、京都にきて、陶技を磨き、林山と号し以来、五条坂にて作陶。 父 辰治朗の継承を経た後 昭和四十六年炭山に窯を移す、今迄の釉薬に新しい技法を研究し窯変もの釉薬を特技としています。                       
    林山陶苑    林 八郎
商品のお問い合せはこちらへありがとうございます。



水盤 白茶チラシ
水盤 白茶チラシ
水盤 白茶チラシ です。 水盤 白茶チラシ
水盤 白茶チラシ
水盤 白茶チラシ
水盤 白茶チラシ
水盤 白茶チラシ

◆商品番号 1093 水盤 白茶チラシ
■食器洗浄機 電子レンジ OK
寸法 直径12.5cm×高さ7.5cm 重さ300g 化粧箱付
※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。
水盤 白茶チラシ 1,800円  購入数
包装  
■3000円以上お買上で送料無料・代引手数料無料■
■午後2時までのご注文で翌日到着可能です。■
※北海道・沖縄・秋田・青森・離島など一部地域を除きます。
お支払い方法について
ラッピングについて
送料について

京焼・清水焼   
炭山清谷窯   林山陶苑                
江戸時代 初代八兵衛は九谷で名をはせたが 明治二十二年 祖父 定次郎が、京都にきて、陶技を磨き、林山と号し以来、五条坂にて作陶。 父 辰治朗の継承を経た後 昭和四十六年炭山に窯を移す、今迄の釉薬に新しい技法を研究し窯変もの釉薬を特技としています。                       
    林山陶苑    林 八郎
商品のお問い合せはこちらへありがとうございます。



香炉 蕎麦
香炉 蕎麦
香炉 蕎麦です。 香炉 蕎麦
元は茶道具の建水用に作られましたが、口辺の鋭い張り出し、腰から足へのカーブが袴腰香炉を思わせ、大ぶりの香炉としても人気があります。 香炉 蕎麦
名前の蕎麦というのはこの金のつぶつぶの結晶にその名前の由来があります。あたかも、そば殻を撒き散らしたように見えることからそう名付けられました。 香炉 蕎麦
残念ながら高台は三つ足になっていませんが、非常に大ぶりで横に広いので安定の意味ではこちらのほうが良いかも知れません。 香炉 蕎麦
袴腰の形状は香炉の中でもシンプルですが最も人気があり、絵付けもないので、場所、季節を選びません。


◆商品番号 1095 香炉 蕎麦
■食器洗浄機 電子レンジ OK
寸法 直径12.5cm×高さ7.5cm 重さ300g 化粧箱付
※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。
香炉 蕎麦 1,800円  購入数
包装  
■3000円以上お買上で送料無料・代引手数料無料■
■午後2時までのご注文で翌日到着可能です。■
※北海道・沖縄・秋田・青森・離島など一部地域を除きます。
お支払い方法について
ラッピングについて
送料について

京焼・清水焼   
炭山清谷窯   林山陶苑                
江戸時代 初代八兵衛は九谷で名をはせたが 明治二十二年 祖父 定次郎が、京都にきて、陶技を磨き、林山と号し以来、五条坂にて作陶。 父 辰治朗の継承を経た後 昭和四十六年炭山に窯を移す、今迄の釉薬に新しい技法を研究し窯変もの釉薬を特技としています。                       
    林山陶苑    林 八郎
商品のお問い合せはこちらへありがとうございます。



香炉 天目
香炉 天目
香炉 天目 です。 香炉 天目
元は茶道具の建水用に作られましたが、口辺の鋭い張り出し、腰から足へのカーブが袴腰香炉を思わせ、大ぶりの香炉としても人気があります。 香炉 天目
とろとろに溶けた天目、正面が解るようにかけ流した飴釉が美しいです。 香炉 天目
残念ながら高台は三つ足になっていませんが、横に広いので安定の意味ではこれはこれでいいかも。 香炉 天目
口が大きいので、たくさんの香を立てることが出来ます。


◆商品番号 1094 香炉 天目
■食器洗浄機 電子レンジ OK
寸法 直径12.5cm×高さ7.5cm 重さ300g 化粧箱付
※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。
香炉 天目 1,800円  購入数
包装  
■3000円以上お買上で送料無料・代引手数料無料■
■午後2時までのご注文で翌日到着可能です。■
※北海道・沖縄・秋田・青森・離島など一部地域を除きます。
お支払い方法について
ラッピングについて
送料について

京焼・清水焼   
炭山清谷窯   林山陶苑                
江戸時代 初代八兵衛は九谷で名をはせたが 明治二十二年 祖父 定次郎が、京都にきて、陶技を磨き、林山と号し以来、五条坂にて作陶。 父 辰治朗の継承を経た後 昭和四十六年炭山に窯を移す、今迄の釉薬に新しい技法を研究し窯変もの釉薬を特技としています。                       
    林山陶苑    林 八郎
商品のお問い合せはこちらへありがとうございます。



水盤 紫チラシ
水盤 紫チラシ
水盤 紫チラシ です。 水盤 紫チラシ
水盤 紫チラシ
水盤 紫チラシ
水盤 紫チラシ
水盤 紫チラシ

◆商品番号 1091 水盤 紫チラシ
■食器洗浄機 電子レンジ OK
寸法 直径12.5cm×高さ7.5cm 重さ300g 化粧箱付
※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。
水盤 紫チラシ 1,800円  購入数
包装  
■3000円以上お買上で送料無料・代引手数料無料■
■午後2時までのご注文で翌日到着可能です。■
※北海道・沖縄・秋田・青森・離島など一部地域を除きます。
お支払い方法について
ラッピングについて
送料について

京焼・清水焼   
炭山清谷窯   林山陶苑                
江戸時代 初代八兵衛は九谷で名をはせたが 明治二十二年 祖父 定次郎が、京都にきて、陶技を磨き、林山と号し以来、五条坂にて作陶。 父 辰治朗の継承を経た後 昭和四十六年炭山に窯を移す、今迄の釉薬に新しい技法を研究し窯変もの釉薬を特技としています。                       
    林山陶苑    林 八郎
商品のお問い合せはこちらへありがとうございます。



水盤 ねずみチラシ
水盤 ねずみチラシ
水盤 ねずみチラシ です。 水盤 ねずみチラシ
水盤 ねずみチラシ
水盤 ねずみチラシ
水盤 ねずみチラシ

◆商品番号 1092 水盤 ねずみチラシ
■食器洗浄機 電子レンジ OK
寸法 直径12.5cm×高さ7.5cm 重さ300g 化粧箱付
※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。
水盤 ねずみチラシ 1,800円  購入数
包装  
■3000円以上お買上で送料無料・代引手数料無料■
■午後2時までのご注文で翌日到着可能です。■
※北海道・沖縄・秋田・青森・離島など一部地域を除きます。
お支払い方法について
ラッピングについて
送料について

京焼・清水焼   
炭山清谷窯   林山陶苑                
江戸時代 初代八兵衛は九谷で名をはせたが 明治二十二年 祖父 定次郎が、京都にきて、陶技を磨き、林山と号し以来、五条坂にて作陶。 父 辰治朗の継承を経た後 昭和四十六年炭山に窯を移す、今迄の釉薬に新しい技法を研究し窯変もの釉薬を特技としています。                       
    林山陶苑    林 八郎
商品のお問い合せはこちらへありがとうございます。



1 2 3 4 5 6 7 8 9 10    全300件


Facebookはじめました。良かったらいいねボタン。押して下さい。

創業安政2年(1855年)
これからも時を重ねて育まれた京焼・清水焼ならではの雅な意匠と、職人の手技を次の世代に伝えて行きたいと思います。

松韻堂
京都市東山区清水3−319
TEL
075-561-8520


営業時間 9:00〜17:00

定休日 無休

松韻堂の商品買うなら、
松韻堂本店サイトへ。
こちらもよろしくおねがいします。

松韻堂 Yahoo!店

松韻堂 楽天市場店

●松韻堂の地図


新着トラックバック/コメント

清水焼のメルマガ

メルマガ登録はこちらから

登録だけでプレゼント

毎月自動エントリー♪♪


※関連サイト※

京焼清水焼用語集

松韻堂お客様の声

松韻堂店長日記

三年坂窯 作陶日誌

新着・再入荷情報

京都人による東山案内

カレンダ
2017年10月
19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ
2005年 (162)
10月 (18)
11月 (64)
12月 (80)
2006年 (959)
1月 (77)
2月 (56)
3月 (61)
4月 (68)
5月 (94)
6月 (40)
7月 (90)
8月 (74)
9月 (91)
10月 (114)
11月 (97)
12月 (97)
2007年 (1115)
1月 (90)
2月 (46)
3月 (77)
4月 (68)
5月 (62)
6月 (96)
7月 (86)
8月 (126)
9月 (95)
10月 (102)
11月 (162)
12月 (105)
2008年 (389)
1月 (212)
2月 (155)
3月 (2)
4月 (3)
6月 (2)
7月 (1)
8月 (5)
9月 (7)
10月 (2)
2009年 (5)
5月 (3)
9月 (2)
2010年 (1)
5月 (1)
2012年 (78)
8月 (20)
9月 (35)
10月 (23)

アクセスカウンタ
今日:452
昨日:1,048
累計:8,638,576