椿 寿司湯呑み

清水焼の窯元 与し三作の椿 寿司湯呑みです。




[PR]



2008年02月16日(Sat)
椿 寿司湯呑み
清水焼窯元浅見与し三作椿
五条坂の清水焼窯元 浅見与し三作 椿絵の寿司湯呑みです。 清水焼窯元浅見与し三作椿
古くから日本人に馴染み深い椿(つばき)の花は茶花としても代表格で、種類も多く花色と花形の多彩さや花期が長いことから愛されてきました。 清水焼窯元浅見与し三作椿
椿の漢字には木偏に春をあてられるように、 正月の床の間に結び柳に椿はつきものです。また特に京都では年初を表す花として一年の第一番目ということでも喜ばれているようです。この椿の絵ですが、珍しく下絵付けですべて描かれています。 清水焼窯元浅見与し三作椿
湯呑みの奥深い見込みです。口縁は錆び鉄が巻かれ、茶だまりあたりは白い化粧土を掛け残しているので、白さも茶陶らしい暖かみのある白色に焼き上がっています。 清水焼窯元浅見与し三作椿
湯呑みを寝かしてみました。裏正面には一切の絵付けはなく、幕掛けした白化粧と土肌には赤い御本手が綺麗にでています。

竹の節高台から腰回りに掛けてカンナで土をまくっているのが細かい横筋から解ります。 清水焼窯元浅見与し三作椿
高台回りの雰囲気です。扇面状の与し三と印がおされ、撥水のせいか、そこだけカイラギになっています。また土見せにせず、畳付きをのぞく、高台内は灰釉が薄くかかった還元焼成ですので緑色しています。 清水焼窯元浅見与し三作椿
手を添えてみましたのでおおよその大きさをお解り頂けるかと思います。手作りの風合いを活かした飲み口は乾山風を踏襲して黒く鉄が塗られています。湯飲みの胴部は待ちやすさを考えて真ん中で絞ってあるのが内側の凹凸から見えてきます。 清水焼窯元浅見与し三作椿
初春にふさわしい椿の絵柄の寿司湯呑み、是非お使い下さい。

◆商品番号 1513 椿 寿司湯呑み
■食器洗浄機 電子レンジ OK
寸法 直径10cm×高さ10cm 重さ290g 化粧箱付
※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。
■3000円以上お買上で送料無料・代引手数料無料■
■午後2時までのご注文で翌日到着可能です。■
※北海道・沖縄・秋田・青森・離島など一部地域を除きます。
お支払い方法について
ラッピングについて
送料について

陶歴
吉峯窯 四代目
     浅見 与し三

初代・与し三は大正元年父・与之助(二代五郎助の次男)より分家して五条坂にて開窯

昭和三十六年五条坂に生まれる
父(二代目)叔父(三代目)の許、作陶を修行し平成四年四代目 襲名
平成七年大徳寺塔頭瑞峯院前田 昌道老師より
吉峯窯の窯名を賜る
商品のお問い合せはこちらへありがとうございます。



   


Facebookはじめました。良かったらいいねボタン。押して下さい。

創業安政2年(1855年)
これからも時を重ねて育まれた京焼・清水焼ならではの雅な意匠と、職人の手技を次の世代に伝えて行きたいと思います。

松韻堂
京都市東山区清水3−319
TEL
075-561-8520


営業時間 9:00〜17:00

定休日 無休

松韻堂の商品買うなら、
松韻堂本店サイトへ。
こちらもよろしくおねがいします。

松韻堂 Yahoo!店

松韻堂 楽天市場店

●松韻堂の地図


新着トラックバック/コメント

清水焼のメルマガ

メルマガ登録はこちらから

登録だけでプレゼント

毎月自動エントリー♪♪


※関連サイト※

京焼清水焼用語集

松韻堂お客様の声

松韻堂店長日記

三年坂窯 作陶日誌

新着・再入荷情報

京都人による東山案内

カレンダ
2008年2月
         
16
 

アーカイブ
2005年 (162)
10月 (18)
11月 (64)
12月 (80)
2006年 (959)
1月 (77)
2月 (56)
3月 (61)
4月 (68)
5月 (94)
6月 (40)
7月 (90)
8月 (74)
9月 (91)
10月 (114)
11月 (97)
12月 (97)
2007年 (1115)
1月 (90)
2月 (46)
3月 (77)
4月 (68)
5月 (62)
6月 (96)
7月 (86)
8月 (126)
9月 (95)
10月 (102)
11月 (162)
12月 (105)
2008年 (389)
1月 (212)
2月 (155)
3月 (2)
4月 (3)
6月 (2)
7月 (1)
8月 (5)
9月 (7)
10月 (2)
2009年 (5)
5月 (3)
9月 (2)
2010年 (1)
5月 (1)
2012年 (78)
8月 (20)
9月 (35)
10月 (23)

アクセスカウンタ
今日:441
昨日:1,048
累計:8,638,565