京焼・清水焼専門店 松韻堂 京都三年坂よりほんまもんの清水焼の今昔をお届け致します! - 2008/01/07

京都の三年坂から京焼・清水焼の今昔を発信致します。




[PR]



2008年01月07日(Mon)▲ページの先頭へ
なまず 大皿
なまず 大皿
林奈緒子作のなまず 大皿です。直径約33p、ロクロで成形してあります。 なまず 大皿
皿の輪郭を活かした鯰と池の絵付けが特徴で、料理皿として盛り映えがするように見こみは余白を空けてあります。 なまず 大皿
なまずの縁起については諸説あります。

室町時代の国宝、如拙作 瓢鮎図にもあるように、もとは鮎(あゆ)という漢字を使っていたのですが、ナマズがグロテスクすぎてあれは魚か?と念を押したところ、いつの頃からか鯰となったとか。

それ以来、日本人とナマズの関係はナマズ祭りに代表されるように生活に結びついており、天地を揺るがすパワフルな生き物として武将の兜などにも用いられています。

もっともこの大皿のなまずはなまずの坊やのような愛嬌のある雰囲気でいかつさはありません。 なまず 大皿
全体的に薄呉須を使って、沼や漁礁の風景を表現。藍一色の奥行きのある風景は水墨画の流れを意識した器でもあります。輪郭を濃い目の呉須をぬって皿全体で一幅の額のように見せています。 なまず 大皿
皿は池、というより手水鉢を上からのぞき込んだ景色でしょうか?あっさり縁だけに描いたデザインが秀逸です。染付は下絵です。失敗の効かない染付の下絵のほうが上絵より難しいと効いています。 なまず 大皿
高台の景色。赤い荒土が垣間見えます。高台外が白いのは白化粧を刷毛で使って塗っているからです。一尺を超えた皿、カーブや見こみの幅を揃えて作っていくのはそれ相応の技術がいることを付け添えておきます。 なまず 大皿
高台脇に小さく「奈」の一文字。作者林奈緒子の陶印です。 なまず 大皿
水墨画を思わせるなまず縁起皿。 大きさも1尺を越えていますので、使って良し、使い終わったら飾っても良し、両方楽しめる楽しい器です。(写真の皿立ては付いておりません)

◆商品番号 1157 なまず 大皿
■食器洗浄機 電子レンジ OK
寸法 直径32.5cm×高さ4cm 重さ約1200g 化粧箱付
※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。
なまず 大皿枚 29,800円  購入数
包装  
■3000円以上お買上で送料無料・代引手数料無料■
■午後2時までのご注文で翌日到着可能です。■
※北海道・沖縄・秋田・青森・離島など一部地域を除きます。
お支払い方法について
ラッピングについて
送料について


林奈緒子
1971年 伊丹市生まれ
1993年 京都精華大学陶芸科卒業
1994年 同大学研究科卒業
1995年 伊丹市在住 馬川晴美先生に師事
1997年 京都府陶工学校図案科卒業

視覚で楽しみ、感覚で温かさを感じるような器つくりを目指しています。

商品のお問い合せはこちらへありがとうございます。



なまず のべ皿
なまず のべ皿
林奈緒子作のなまず のべ皿です。 なまず のべ皿
まずこの長皿、横の長さが40センチを超えており、その大きさに驚きます。 のべ皿というのは土を板状に切ったときにのべ棒という細長い棒を転がして土を締めて伸ばしていくのですが、その作業から付いた名前のことです。 なまず のべ皿
細長いのべ皿に描かれた魚は縁起物の鯰(なまず)です。もともとは鮎をナマズと読んでいました。願いが叶う魚と古事記にも登場し、弊店ではお煎茶の先生がネンというなまずの発音を好んで購入されます。
ちなみに現在の中国語で鮎と書いたらやはり、ナマズのこと、逆にアユは香魚と書き記します。 なまず のべ皿
全体的に薄呉須で塗って、沼や漁礁の風景を表現。藍一色の奥行きのある風景は水墨画の流れを意識した器でもあります。輪郭を濃い目の呉須をぬって皿全体で一幅の額のように見せています。 なまず のべ皿
右サイドのなまず。右下は角切りがしてあり、左右対称の機械的なつくりではありません。形のおもしろさがあります。こういった皿は歪んだり、切れやすいので、指の腹でよく締めた跡が全体に付いています。

なまずは大地を揺るがし、雷雲を呼び起こす力強い生き物として戦国武将の甲冑に使われます。もっともこの絵からはそんな力強さというよりも可愛いらしさしか感じ取れませんが。 なまず のべ皿
後ろ側。信楽の白荒土を使っています。うっすらと緋色がでています。 こういった変形物を作るとき、土は全国的に信楽のがベストです。 なまず のべ皿
大皿ですので、力強い存在感があります。 刺身やお寿司などの魚料理はもちろん、いろんな種類のお料理を少しずつ盛っていくのもおすすめです。

◆商品番号 727 なまず のべ皿
■食器洗浄機 電子レンジ OK
寸法 縦13cm×横43cm×高さ1.5cm 重さ約1100g 化粧箱付
※手作りですので形や色、大きさは1つ1つ異なります。
なまず のべ皿 9,800円  購入数
包装  
■3000円以上お買上で送料無料・代引手数料無料■
■午後2時までのご注文で翌日到着可能です。■
※北海道・沖縄・秋田・青森・離島など一部地域を除きます。
お支払い方法について
ラッピングについて
送料について


林奈緒子
1971年 伊丹市生まれ
1993年 京都精華大学陶芸科卒業
1994年 同大学研究科卒業
1995年 伊丹市在住 馬川晴美先生に師事
1997年 京都府陶工学校図案科卒業

視覚で楽しみ、感覚で温かさを感じるような器つくりを目指しています。

商品のお問い合せはこちらへありがとうございます。



   


Facebookはじめました。良かったらいいねボタン。押して下さい。

創業安政2年(1855年)
これからも時を重ねて育まれた京焼・清水焼ならではの雅な意匠と、職人の手技を次の世代に伝えて行きたいと思います。

松韻堂
京都市東山区清水3−319
TEL
075-561-8520


営業時間 9:00〜17:00

定休日 無休

松韻堂の商品買うなら、
松韻堂本店サイトへ。
こちらもよろしくおねがいします。

松韻堂 Yahoo!店

松韻堂 楽天市場店

●松韻堂の地図


新着トラックバック/コメント

清水焼のメルマガ

メルマガ登録はこちらから

登録だけでプレゼント

毎月自動エントリー♪♪


※関連サイト※

京焼清水焼用語集

松韻堂お客様の声

松韻堂店長日記

三年坂窯 作陶日誌

新着・再入荷情報

京都人による東山案内

カレンダ
2008年1月
   
7
   

アーカイブ
2005年 (162)
10月 (18)
11月 (64)
12月 (80)
2006年 (959)
1月 (77)
2月 (56)
3月 (61)
4月 (68)
5月 (94)
6月 (40)
7月 (90)
8月 (74)
9月 (91)
10月 (114)
11月 (97)
12月 (97)
2007年 (1115)
1月 (90)
2月 (46)
3月 (77)
4月 (68)
5月 (62)
6月 (96)
7月 (86)
8月 (126)
9月 (95)
10月 (102)
11月 (162)
12月 (105)
2008年 (389)
1月 (212)
2月 (155)
3月 (2)
4月 (3)
6月 (2)
7月 (1)
8月 (5)
9月 (7)
10月 (2)
2009年 (5)
5月 (3)
9月 (2)
2010年 (1)
5月 (1)
2012年 (78)
8月 (20)
9月 (35)
10月 (23)

アクセスカウンタ
今日:822
昨日:851
累計:8,565,000